自分勝手な想像世界 The selfish imagination world

ここに見えられた皆さま。我がブログへようこそ。自分勝手に物語を書いたりしてます。アクションやサスペンス。恋愛、そして官能系とさまざまです。「私事」では日々思った事を日記形式で書いています。小説の他にも自分の趣味である映画やサッカーの事についても書いてます。リンクフリーですが、ご一報頂けると嬉しいです。

コンフェデ ベスト4が揃う。

その他のサッカー関連記事

グループB
ドイツ 3-1 カメルーン
チリ 1-1 オーストラリア


【準決勝】
(6月28日)
ポルトガル 27:00 チリ [カザン]

(6月29日)
ドイツ 27:00 メキシコ [ソチ]

【3位決定戦】
(7月2日)
未定 21:00 未定 [モスクワ]

【決勝】
(7月2日)
未定 27:00 未定 [サンクトペテルブルク]

よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ロシア、コンフェデ杯準決勝進出ならず。開催国GS敗退は2001年韓国以来

その他のサッカー関連記事

yahoo記事より抜粋。

コンフェデレーションズカップ2017・グループステージ第3節の試合が現地時間24日に行われ、グループAからはポルトガル代表とメキシコ代表が準決勝進出を果たした。開催国のロシア代表はグループステージ敗退に終わっている。

メキシコに勝てば準決勝へ進める状況だったロシアだが、先制しながらも逆転での敗戦。守護神イゴール・アキンフェエフの対応ミスから決勝点を許して1-2で敗れ、グループ3位での敗退となった。

 コンフェデ杯で開催国がグループステージ敗退に終わるのは、1997年の第1回大会のサウジアラビアと、2001年大会の韓国に次いで3例目。2001年大会は日本と韓国の共催であり、もう一方の開催国である日本は準優勝の成績を残した。

 ワールドカップ(W杯)の前哨戦として大会前年に開催されたコンフェデ杯では、開催国の代表チームが1チームも準決勝へ進めないのは初めてのこと。ロシアはEURO2012、2014年W杯、EURO2016と近年の主要国際大会でいずれもグループステージ敗退に終わっており、来年のW杯に向けて不安を残す結果となった。

 だが2001年のコンフェデ杯でグループステージ敗退に終わった韓国代表は、翌年のW杯では準決勝に進んでいる。メキシコ戦後の会見で記者にそのことを指摘されたスタニスラフ・チェルチェソフ監督は、「韓国のその結果は覚えているが、比較すべきではないと思う。これから落ち着いて分析していきたい」と返答している。

ここからは自分の感想。
コンフェデが始まり一週間が経とうとしている。来年W杯が開催されるロシアでその前哨戦としてコンフェデが開催され、つい先日、準決勝に進出する四カ国の内、二カ国が決まった。グループAのポルトガルとメキシコだ。そして開催国ロシアは初戦勝つも、二戦目ポルトガル、最終戦メキシコに敗れ、グループリーグ敗退を喫した。

初戦のニュージーランドは苦戦しながらも2-0で勝利!二戦目のポルトガル戦はクリロナの1点目が響き、1-0の敗戦!そして最終戦は先制した時はこりゃいけるかなって思いきや、前半の内にメキシコが同点弾!そして後半にアキンフェエフの対応ミスから逆転される。後半15分にもメキシコが3点目が入るが、ここはAVR(アシスタントビデオレフェリー)でオフサイド判定となり、ノーゴールとなり、ロシアは助かるが、その直後に累積で退場者が出てしまい万事休す。

ロシアは勝たなければグループリーグ突破はできないので、果敢に攻めるも、ゴールが割れない!そしてタイムアップ!ロシアは敗れ、メキシコがグループリーグ突破となった。
グループリーグ突破を果たしたメキシコ。
メキシコ代表

コンフェデの開催国でGS突破できなかったのは01年の韓国以来である。開催国は普通は突破しやすいようにグループが組まれるが、ロシアのグループを見て、ニュージーランド以外は厳しいと思った。クリロナ擁するポルトガルに、コンフェデ最多出場でこの大会場慣れしているメキシコだしね。

ロシアは今回主力が欠場しているとも聞いていたけど、何より全員国内組で、四大リーグで経験を積んでる選手が皆無だ。かつて08EUROでベスト4になった時はアルシャビーンやパブリチェンコのような選手がいないのが痛い。
近年国際大会の開催国がGS敗退は珍しい事ではないが、来年のW杯に大きな不安を残す事になった。
来年のW杯では大きく望まないが、ベスト16くらいには行ってほしいと思ってる。

裏の試合でのニュージーランド対ポルトガルは4-0でポルトガルの勝利に終わった。
クリスティアーノ・ロナウドがPKだったけど二戦連続ゴール!
クリロナ

こいつ温存するんじゃなかったっけ?自分はメキシコ対ロシアを見ていたから、同時キックオフのポルトガル戦はちょこちょこチャンネル変えて観てたけど、クリロナが出ている事に驚いた。
そのクリロナは後半20分くらいに交代になったけどね。

ニュージーランドはすでに敗退決定していても、ここ二戦は粘りを見せていた。メキシコには負けはしたものの先制をしたからね。でも初出場とは言え、百戦錬磨のポルトガルには叶わなかったね。
この日は新エース候補アンドレ・シウバに3点目を決められる。
アンドレ・シウバ

これでポルトガル、メキシコが勝ち点7ずつも得失点差でポルトガルが首位!メキシコが2位となった。
残る二カ国は今夜のチリ対豪州、ドイツ対カメルーンの四カ国の内、どれかだ。ドイツは今回若手主体でも強い。
最終戦が始まるまでは8カ国の内、7カ国に準決勝進出の可能性があったようだが、グループAは順当に来たって感じだ。
そしてグループBはどうなるか?いよいよ準決勝の組み合わせが決まる。


ポルトガル、メキシコが突破!
開催国ロシアは敗退!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

アジア最終予選 第8節。

2018 FIFAワールドカップ アジア予選

■W杯アジア最終予選A組第8節結果
イラン 2-0 ウズベキスタン
シリア 2-2 中国
カタール 3-2 韓国

■グループA順位表
1位 イラン(20)
2位 韓国(13)
3位 ウズベキスタン(12)
4位 シリア(9)
5位 カタール(7)
6位 中国(6)
※()内は勝ち点

まずはグループAから。イランはホームでウズベクを下し、W杯出場を決めた。最終予選はここまで8試合無失点。イランは本当に守備が堅い。FIFAランクが40位以内なのもこういうところがあるのかな?
イランはブラジルに続いて、二カ国目の出場。そしてアジアでは一番乗り。しかも二大会連続出場は初の記録を残した。
本大会でもその堅守が生かせればいいね。
W杯出場を喜ぶイランの選手達。
イラン代表

シリア対中国は2-2のドロー。シリアはプレーオフ行きの可能性も出て来た。中国もわずかながら可能性を残す形となった。中国はリッピになってから少しながら良くなった印象がある。巻き返せばすごいけど、今回は難しいかな。

カタール対韓国は3-2でカタールの勝利!なんかカタールが勝つんじゃないかな?って思っていたけど、本当に勝ったから驚嘆した。カタールは二点先取した後、韓国も二点返して同点にしたが、その直後にカタールに勝ちこされたらしい。
カタールはサウジやUAEから国交断絶をされたが、それを糧に今回の勝利を手にしたと言う事か?断絶されて国も苦しくなろうかと言う事に希望をもたらしたいと言う事なのだろう。

韓国は敗北を喫した事で監督のシュティーリケが更迭された。この監督は三月の予選二連戦でも中国に敗れ、シリアにも辛勝で更迭論が浮上し、以前から囁かれてたが、今回カタールに敗れた事で漸くそれが実現したと言う事だ。
解任されたシュティーリケ監督。
元韓国代表監督

しかし監督のせいだけだろうか?この国の監督は長続きした事がない、シュティーリケは2年半以上なのだが、これが最長と言われているからね。ここまでよく変わるのは代表監督を務める割には強化が安定しない証拠だろうね。国民性も関係してるんだろうね。ACLで行われた浦和対済州の試合では負けた済州の選手が浦和の選手に暴行を働いたり、選手を追いかけまわしたりして、処分も甘かったような感じがした。それにつけあがって、それがマイナスの形でこのような事になるんだろうね。
監督の失言もあったが、このような発言をする事はこのような環境に身を置いて嫌になったんじゃないのかなって思うよ。
韓国にはなかなか外国人監督が来なくて、しばらくは自国人だったけど、久々に外国から招聘できてアジアカップ2015で準優勝だし、この監督の手腕もたいしたものだと思うよ。こういう事がいつかこの国が裏目に出そうな感じがしたから、W杯もやばくなりそうな感じがするね。

試合の動画はこちら↓
カタール対韓国(動画)


■第8戦結果
オーストラリア 3-2 サウジアラビア
タイ 1-1 UAE
イラク 1-1 日本

■グループB順位表
1位 日本(勝ち点17/得失点差9/得点15)
2位 サウジアラビア(勝ち点16/得失点差7/得点15)
==========W杯出場権獲得==========
3位 オーストラリア(勝ち点16/得失点差6/得点14)
========アジアプレーオフ進出=========
4位 UAE(勝ち点10/得失点差-3/得点8)
5位 イラク(勝ち点5/得失点差-3/得点8)
6位 タイ(勝ち点2/得失点差-16/得点4)

豪州対サウジは3-2で豪州の勝利!豪州は辛勝だったようね。しかし豪州はこの後、ブラジルと親善試合やって4-0の敗戦!この後のコンフェデにも参加するし、いい強化になったのではないかと思うよ。8/31の日本戦には驚異になっただろうけどね。

タイ対UAEはタイがホームの意地を出して引き分けに持ち込んだ。UAEは監督が前アルゼンチン監督のバウザだったし、初戦はドロー発進と言う訳ね。UAEはアジアカップ2019の開催国だし、今後は先を見据える形にした方がいいね。

イラク対日本はこの記事をクリック↓
W杯アジア最終予選 イラク戦(アウェー)



イランがW杯出場を決める。
韓国がカタールに敗れ、監督解任!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

W杯アジア最終予選 イラク戦(アウェー)

サッカー日本代表

W杯最終予選の後3試合。相手は既にW杯出場が消滅したイラク。イラクは国内では試合できないため、中立地イランでの試合となった。イラクとの対戦成績はいい方だが、イラクはここイランでの対戦成績は滅法強い方なのだ。
そのデータを見た時、今日、初めてイラクが負ける日だと思った。

この試合は吉田ではなく、5試合ぶりにスタメン復帰した本田がキャプテンマークを巻いた。
井手口、遠藤がスタメンに名を連ねた。

試合開始から9分後、セットプレーから大迫が先制弾!
大迫

先制して嬉しかったものの、まだ早い時間帯だったので安心できない。追加点がほしいところだ。しかし追加点が生まれる気配がない。前半は1点リードで終了!

後半開始後も日本ペースになるも、追加点が決まらない。標高が高く気温も高いので、選手のコンディションも落ちてき始めた。
井手口が脳震盪を起こし、今野と交代。ここ最近調子のいい今野が来たから、良くなるかなって思いきや、久保が足に痙攣が来たり、酒井宏樹も怪我をした。原口の交代よりも久保の交代の方が良かったのではないかと思う。久保も足が痙攣して走力が落ちて来たからね。

案の定後半28分に守備のもつれでイラクに同点弾!川島よく守っていたけど、あれが守備の乱れが原因だよ。
そして1-1のドローとなった。イラクは何も失うものがないし、そりゃ手負いは手ごわいと思ったよ。

確かに試合時間も現地時間は午後3時くらいだし、まだ気温が高い時だったし、選手のコンディションもよくないと思ったよ。
ニュースではW杯出場に王手と書かれていた。確かにドローであっても勝利しても、豪州に勝たなければW杯出場はないんだからね。
ドローになった事で残り二試合は豪州、サウジと強豪との試合となった。この二カ国とは勝ち点1差しかないし、手ごわい相手だ。

8月に豪州とはホームで試合するが、3位とは言え、最終予選無敗だと言う事も手ごわい。
試合の二日前にUAEとサウジの試合があるが、UAEを全力で応援したいと思ってる。
そして日本は予選では一度も勝った事のない豪州に勝ってW杯出場を果たしてほしいと願っている。

イラクとドロー。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

第6節 6月11日(日)

2018 FIFAワールドカップ 欧州予選

▼グループD
モルドバ 2-2 ジョージア
アイルランド 1-1 オーストリア
セルビア 1-1 ウェールズ
【順位】
1位 セルビア(勝ち点12/得失点差6)
2位 アイルランド(勝ち点12/得失点差4)
3位 ウェールズ(勝ち点8/得失点差4)
4位 オーストリア(勝ち点8/得失点差1)
5位 ジョージア(勝ち点3/得失点差-4)
6位 モルドバ(勝ち点2/得失点差-11)
第6節三日目。まずはグループD。この節は三試合ともドローに終わった。ウェールズはセルビアとドローとなったが、無敗継続も1勝しかしてない。そろそろ勝たないと厳しいかな。今のところセルビアとアイルランドの争いかな。セルビアはワールドユース2013で優勝をしてるから、その時の選手が伸びてきているかもしれないね。
でもセルビアはまたも騒ぎを起こしてしまったね。こういう事して足を引っ張るから、国際大会出場が遠のくんだよな。

▼グループG
マケドニア 1-2 スペイン
イスラエル 0-3 アルバニア
イタリア 5-0 リヒテンシュタイン
【順位】
1位 スペイン(勝ち点16/得失点差18)
2位 イタリア(勝ち点16/得失点差14)
3位 アルバニア(勝ち点9/得失点差-1)
3位 イスラエル(勝ち点9/得失点差-3)
5位 マケドニア(勝ち点3/得失点差-5)
6位 リヒテンシュタイン(勝ち点0/得失点差-23)
そしてグループG。スペイン、イタリアと供に勝利、同じ勝ち点で並び、8月に直接対決を迎えると言う形になった。どちらかが勝てばW杯出場確定と言う訳かな。
イタリアは初めて10番を背負ったインシーニェが1G2Aの活躍。
インシーニェ

アルバニアがアウェーでイスラエルの勝った事が驚きだね。しかも3-0とは驚いたよ。でも今大会はプレーオフすら行くのは難しいだろうね。


▼グループI
フィンランド 1-2 ウクライナ
コソボ 1-4 トルコ
アイスランド 1-0 クロアチア
【順位】
1位 クロアチア(勝ち点13/得失点差10)
2位 アイスランド(勝ち点13/得失点差3)
3位 トルコ(勝ち点11/得失点差5)
4位 ウクライナ(勝ち点11/得失点差4)
5位 フィンランド(勝ち点1/得失点差-6)
6位 コソボ(勝ち点1/得失点差-15)
そしてグループI。ウクライナ、トルコが勝利。そしてアイスランドがホームで終盤にゴールを決めて、クロアチアに勝利!クロアチアと得失点差で二位のままだけど、勝ち点で並ぶ事になった。
このグループはウクライナ、トルコと勝ち点2差で迫ってる事になり、大混戦となっている。残り二試合どうなるかわからない。

氷の国がクロアチアを破る!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1081位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
201位
アクセスランキングを見る>>

来てくれた事に感謝してます。

よろしければお願いします

ブロとも申請フォーム

お気軽にどうぞ