FC2ブログ

自分勝手な想像世界 The selfish imagination world

ここに見えられた皆さま。我がブログへようこそ。自分勝手に物語を書いたりしてます。アクションやサスペンス。恋愛、そして官能系とさまざまです。「私事」では日々思った事を日記形式で書いています。小説の他にも自分の趣味である映画やサッカーの事についても書いてます。リンクフリーですが、ご一報頂けると嬉しいです。

EURO・GS第1節

UEFA EURO 2020

▼グループA
トルコ 0-3 イタリア
ウェールズ 1-1 スイス

▼グループB
デンマーク 0-1 フィンランド
ベルギー 3-0 ロシア

▼グループC
オーストリア 3-1 北マケドニア
オランダ 3-2 ウクライナ

▼グループD
イングランド 1-0 クロアチア
スコットランド 0-2 チェコ

▼グループE
ポーランド 1-2 スロヴァキア
スペイン 0-0 スウェーデン

▼グループF
ハンガリー 0-3 ポルトガル
フランス 1-0 ドイツ
スポンサーサイト



一年遅れでEURO2020が遂に開幕!

UEFA EURO 2020

待ちに待った欧州最高峰のサッカーの大会UEFA EURO 2020が遂に開幕した。
本当なら昨年開幕の予定だったが、未だ世界中に猛威を振るう新型コロナの影響で一年遅れの開幕となったのであった。

今回は分散開催故に10カ国11都市での開催となる。
そして開幕戦の舞台はイタリア、ローマ。そこで開催国の一つイタリア対トルコの試合から始まる。

今回のEUROは前回の記事で記したように、地上波の放送はなく、WOWOWのみの独占中継となる。だがWOWOWは良質な作品を提供する故に月額も高いのだ。だから自分は手を出せない。
だがこの開幕戦だけは無料で放送してくれるので、それだけは観る事にした。

試合開始前から見て、観客は空席もそこそこ目立つも、コロナの関係で入場者数に制限されており、今まで無観客だった事から観客の声援は本当に新鮮だった。
開幕セレモニーもバーチャル映像なのも、コロナで人の制限もある事からバーチャルは見事なものだと思った。

そして試合が始まり、イタリアがボールを持つ時間が多く、トルコが自陣にゴールを固めると言う構図だった。
そのような攻防の中、前半終了!

そして後半も同じような展開ながらも後半10分くらいにトルコ側がイタリアのクロスが体に当たり、ゴールに吸い込まれ、EURO史上オウンゴールで開幕ゴールとなり、イタリア先制となった。
オウンゴール

ただ自分的にはオウンゴールでの先制は納得いかなったので、ちゃんとしたゴールが欲しかった。
そして後半20分くらいにインモービレがGKが弾いたところから2点目!
インモービレ
ちゃんとしたゴールが見れて安心した。
そして後半40分くらいに3点目が入り、3-0でイタリアが開幕戦を制した。

トルコは過去の主要国際大会において、開催国が相手の場合勝利してる事が多い。EURO、W杯と4連勝しているのだ。
それにトルコは08年EUROで奇跡の勝ちあがりでベスト4に輝いた事がある。それにEURO2016の予選でも確率4%の勝ちあがりをしてるため、なんらかの奇跡を起こしている。
しかもEURO予選ではフランスを1勝1分で首位通過!W杯予選ではオランダを4-2で下しているため、自分的にはこのデータから不気味さがあった。
しかしイタリアも過去、開催地の試合では負けなしと言うデータがある。開催国キラーと言われるトルコでもそうはいかないと思ったが、この結果に驚いてもいる。トルコのオウンゴールで何かが崩れてしまったと言うのもあるだろうね。
イタリアがEUROで3点獲ったと言うのも過去初めての事だし、守るだけでなく、攻めるのも良かった。
前回W杯で約60年ぶりの予選敗退と言う屈辱から、這い上がるための今大会と言えよう。
26戦負けなし、そしてこの試合でクリーンシート9試合となった。
過去のネームバリューから優勝候補と言われてるが、この戦い、記録は強豪相手にどこまで通用するだろうか?
次のスイスも手ごわい相手だ。このまま連勝してグループリーグ突破をしてほしい。

トルコも負けはしたものの、次のウェールズ戦で持ち直してほしい。
同じグループのスイス対ウェールズは1-1のドローに終わった。ウェールズはベイルしだいだが、ベイルにとってウェールズは居心地が良さそうだった。
スイスは移動距離が長いからここは勝っておきたかっただろうな。

イタリアが開幕戦快勝!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

今回の地上波放送はない模様です。

UEFA EURO 2020

今月、欧州最高のサッカーの祭典、EURO2020が開幕します。ただ本当なら昨年開催される事になっており、コロナの世界的感染により延期せざるを得なくなり、今年になりました。ただ今回は欧州11カ国の分散開催となり、人の行きかいが激しいです。
試合も無観客ではないですが、入場制限する事になります。

EUROは2004年のポルトガル大会から地上波で放送するようになり観ています。
地上波は全試合放送する事はなく、全試合の4分の1程度です。
それでも強豪国が集う大会ですし、好カードも沢山あって観ていてたのしいです。

EUROの全試合放送はWOWOWが独占しており、全て見れるのはWOWOWのみです。自分もBSやCSは地元のケーブルテレビで観ていますが、WOWOWは月の視聴料が格段に高いです。まあそれだけ良質な作品を提供しているからでしょうね。

今回、コロナの影響で延期となり、地上波放送もどこの局が放送するのか?未だに発表がないので、今回の地上波放送はないという事でしょう。全試合観れなくてもわずかながらもレベルの高い試合が地上波で観れるので、毎回楽しみにしてるのですが、観れないのは本当に残念ですが、こういう世情なので仕方ありません。
ただ開幕戦のトルコ対イタリアは無料放送なので、それは絶対に観ようと思ってます。
6/11深夜未明の放送となります。

今回のEUROの記事ですが、全試合を書くつもりはありません。印象に残った試合を書こうと思います。
優勝するのは何処かと言われますと、フランスと言う人が多いですが、この大会は強豪揃いの大会なので、何処が来てもおかしくないです。だから何処とは言いません。
個人的に応援してる国は初出場のフィンランド、24年ぶりの国際大会出場のスコットランドです。スコットランドのグループは強豪揃いですが、二試合はホームで戦えますので、地の利を生かしてグループリーグ突破を果たしてほしいですね。

いよいよEUROが開幕。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

6月になりました。2021年。

日常(自分のブログや趣味など)

6月になり、暑くなってきました。今月はサッカーイベントと目白押しですが、昨年から続くコロナの影響で、観客や入国などの制限が設けられていますね。なんか盛り上がりに欠けますね。

日本代表はモンゴル戦に続き、ミャンマー戦もまた大勝でした。ただ今後の参考になるかな?って思いますね。
久保が出ない時点で観るの止めました。
ミャンマーの場合は軍事政権で代表選手も大変で、在日のサポーターも抗議してましたね。


今週6/3予定のジャマイカ戦は対戦相手の選手の一部が来日できず中止になりました。
U24もジャマイカと対戦予定だったので、残念に思ったのですが、なんとA代表とU24のトレーニングマッチが開催される事になりました。無観客ですが、これ以上ない組み合わせカードに興奮するし、五輪代表にとってはまたとない強化となるでしょう。久保ゴールしてほしいですね。

コパアメリカですが、共同開催予定だったコロンビアがコロナと政情不安で離脱、そしてアルゼンチンも離脱。ブラジルの代替が決まりましたが、ブラジルも感染者が多いのに大丈夫かって思いますよ。

EUROですが、地上波の放送はないようです。
WOWOWは全試合放送ですが、お金高いですからね。しかし開幕戦は無料放送なので、それはみようと思ってます。

名優 田村正和 逝去。

日常(自分のブログや趣味など)

昭和を代表する俳優、田村正和が今年の4月3日に亡くなっている事がわかった。
この報を聞いた自分はここ何年も目立った活動は聞いてないし、半ば引退状態と言うのもあり、体調も良くなかったとネットとかのニュースで知っていたので、とうとうかと思い、それほど驚かなかった。77歳と言うのはまだ早いなと思ったけどね。

田村正和は名優阪東妻三郎の息子であり、兄や弟も俳優と言う芸能一家である。
皆の前では常にダンディさを表すも、私生活は謎のままだった。

田村正和と言えば「眠狂四郎」でブレイク、その後は「パパはニュースキャスター」「うちの子に限って」「ニューヨーク恋物語」「オヤジィ」松本清張作品の数々そして「古畑任三郎」と代表作がある。
「古畑任三郎」は国民的ヒットとなり、94年から06年までシリーズ3作。スペシャル、スピンオフと続いた12年続いた作品だ。
古畑の時は既に国民的スターだった田村正和だったが、この作品で更に人気を不動の元にしたと言えよう。
当時は古畑の真似をしている人も多数観られた。キムタクは自身の番組「スマスマ」で古畑拓三郎をコントでやったり、以前から「それいけマサカズ」で田村正和の真似をしていたとんねるずの石橋は「とんねるず」のコント内で「新畑任三郎」のコントをやったりした。

古畑は田村正和の独特のセンスと毎回犯人役を演じる豪華な俳優陣、三谷幸喜の天才的の話作りがヒットの要因と言えよう。

古畑のエピソードで好きなのはたくさんあるけど、特に挙げる5つは鶴瓶の「殺しのファックス」。さんまの「しゃべりすぎた男」。キムタクの「赤か青か」。真田広之の「忙しすぎた殺人者」。SMAPの「VS SMAP」。
特に「VS SMAP」はSMAPの一人のキムタクが犯人役として出ていたので、他のメンバーもいつか出るだろうと思っていたのだが、まさかこういう形で全員出る事になるとは思ってもいなかった。
前述した「スマスマ」で古畑拓三郎をコントでやり、最後は三谷幸喜も脚本を書いたと言うから、今度は本家と言う形になったんだろうね。

2006年にファイナルを迎えたが、古畑も空白期間があったりした。自分としては「相棒」のように毎年シーズンとして作らなくてもいいから、年に一、二回スペシャルドラマとして作って欲しかったと言うのはある。
2006年でファイナルを迎える前にシーズン4が作られる事になったら、フジの看板枠「月9」で放送しても良かったのではないかと思う。
自分的に犯人役は片平なぎさ、船越栄一郎、名取裕子、役所広司、浜崎あゆみ、妻夫木聡、常盤貴子、米倉涼子、泉谷しげる、ビートたけし、タモリと言う形がいいかな。

もう田村正和の古畑は見る事はないけど、古畑はこれからも皆の心に残っていくだろう。
最初から最後まで自分を貫きとおした田村正和さん。お疲れ様でした。
田村正和


Menu

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
166位
アクセスランキングを見る>>

来てくれた事に感謝してます。

よろしければお願いします

ブロとも申請フォーム

お気軽にどうぞ