自分勝手な想像世界 The selfish imagination world

ここに見えられた皆さま。我がブログへようこそ。自分勝手に物語を書いたりしてます。アクションやサスペンス。恋愛、そして官能系とさまざまです。「私事」では日々思った事を日記形式で書いています。小説の他にも自分の趣味である映画やサッカーの事についても書いてます。リンクフリーですが、ご一報頂けると嬉しいです。

古都(みやこ)の女-15

古都(みやこ)の女

樹里は肉やホルモンを次々と鉄板に並べる。
「なあ樹里、ゆっくり入れえや。あたしや葛沢さんの入れるところが無くなるやんけ」
「だって早く食べたいんだもん」
樹里は京香が注意するも、頬を膨らせて返す。

「いいわよ。私の奢りなんだし・・」
「そうよ京ちゃん。奢りなんだから、遠慮なくよ」
樹里はそう言って生の肉を焼き始める。
そんな樹里の行動を麻里は笑顔で見るも、何処か冷めた目をしていた。

焼き具合が丁度よくなり、焼けた肉を皿に次々と乗せた。
「いっただきまーす」
樹里は肉を次々と口に入れる。そんな行為に京香は、
「もっとゆっくり食べろや」
「ん?にゃんで(何で)」
「ものを口に入れながら話すなアホ!」
樹里は食べながら返した事に、京香は呆れながら返した。
「にゃっておははがふいてるんやもん(だってお腹がすいてるんだもん)」
「だからちゃんと食べてから話せや」
止まらない樹里の行為に京香は辟易する。

そんな二人を見ている麻里は大笑いする。
「あはははは。あんた達二人とも面白いね。二人とも芸人になったら」
「ほはらいななんて(お笑いなんて)・・」
「食べてから会話せい言うてるやろ!」
麻里の言葉に樹里は愛も変わらず食べた物を口にしながら会話をし、またまた京香に注意される。

樹里は口にある肉を喉に通してから、口を開く。
「お笑いなんて、ドリフかしくじり先生しか観ないよ」
「はい?」
樹里の的外れの言動に京香と麻里は目が点になった。

「Rit大と言うから、もう少し賢いかと思ったけどね」
「え?」
樹里の反応を見た麻里の言動に京香が反応する。

「ああ気にしないで。悪気はないの。私オブラートな表現が苦手だから、言動がきついって言われるの。でも本当に悪気がないから気にしないで」
麻里は自分の言動について正当化して述べる。

麻里が更に続ける。
「でも最近の大学はピンキリ激しいしね。私も勤めていた頃ってさ。名のある大学出ても、仕事はからっきしだし、プライドだけは一丁前に高いし、こいつら大学行って何してたんだって思っちゃうよ。私も会社辞める前までは主任だったしね。下にそんなのがいると苦労してたわよ」
「はあ。大変ですね」
麻里の愚痴と自慢話の混同に京香は相槌を打った。

樹里は麻里の話より、ライスを注文して、肉を焼いて、食べる方が大事のようだ。
会話は主に肉を焼き、食しながら、京香と麻里が対話している。

麻里が口を開く。
「それでさ。私が会社辞めるちょっと前なんだけど、仕事ろくにしない癖に、妙に回りから慕われてた奴がいたのよ。慕わられるだけならまだしも、仕事できないのはちょっとね。だから色々と指導しても全く進歩しなくてさ。まあ私もきつい事言っちゃってさ。その彼も彼女の事は手を焼いていたわね」
「その人どないなったんですか?」
京香はこの話題は美里の事だと察しながらも、初めて聞くような感じで聞き返した。

それを聞いた麻里が強張った表情を浮かべる。
「そいつ?厄介な事してくれたわよ!なんか精神的な病になったとか言って、私がパワハラしたって事になったのよ。それで彼氏にも責任が来てさ。まあ彼氏は異動になっただけで、役職付きだけど、私は閑職に追いやられたのよ。それで高かった年俸も下げられたし、嫌になったのよ」
麻里は感情を露わにし、真実を捻じ曲げて、正当化して返答した。
京香は元より食べる事に夢中な樹里も動きを止めた。

「あの・・・聞いてはあかんかったですか?」
「あ、ごめん大丈夫よ。さあ食べましょう」
「ええ」
麻里は気を取り直して、焼いた肉を舌鼓し始めた。

その後も京香と麻里の会話は続き、盛り上がっていた。麻里は感情を露わにする事はなくなった。樹里はほとんど会話に参加する事なく、食べるか携帯をいじっているだけで、早くこの会食が終わって部屋に戻りたいと心の中で思ってた。

約二時間くらいの会食が終わり、麻里がカードで支払いを済ませ、店から出ようとする三人。
「どうも御馳走様でした」
京香がお礼を述べ、樹里のぎこちないながらも頭を下げた。

そして樹里と京香は部屋に戻り、麻里も自分の部屋に戻って行った。


会食が終わり部屋に戻る樹里と京香。
よろしければポチっと。
スポンサーサイト

古都(みやこ)の女-14

古都(みやこ)の女

樹里と京香は祇園亭の出入り口の前にやってきた。出入り口の前には麻里が立っている。

二人の姿を見た麻里は声をかける。
「金田京子さんね?」
「はいそうです」
「時間通りね。では中に入りましょう」
三人は中に入り、一番端のテーブルに座った。

「遠慮なく頼んで。今日は奢ってあげるから」
「いやあ。そんな」
京香は遠慮しがちな表情で返す。

しかし樹里は麻里の言葉をそのまま受け取り、 
「本当ですか?ではこのAコースでお願いします」
「おい!少しは遠慮せいや!」
遠慮のない樹里に京香は小声で注意する。

樹里も小声で京香に語る。
「いいじゃない。奢ってくれるんだし、私焼肉好きだし」
「いきなり馴れ馴れしく態度とると、相手に悪い印象与えんで」
「そうかな」
京香の注意に樹里は何も理解できないでいた。

そんな二人の様子を見た麻里は、
「二人とも何をこそこそ話してるのよ。あ、そういえば貴方名前は?」
「え?私ですか?」
麻里は樹里に名前を聞こうとする。
「えーと」
樹里は京香から与えられた偽名を度忘れして、戸惑ってた。

そんな樹里に京香は呆れるも、
「彼女は木坂樹里。私と同じ大学です」
「そうなんだ。でも何で金田さんが答えるの?」
「すいません。彼女こういうところ初めてで戸惑ってるんですわ」
京香は麻里にそう言って、樹里をフォローした。

麻里は更に続ける。
「何で貴方達がこのホテルに泊まっているの?」
「それはあたしの親がこの株を買ってて、株主優待を受けているから、安く泊まれる から利用しただけです」
「そうね。そうじゃないと貴方達のような学生がこのホテルに泊まれるなんて無理だもんね」
麻里は悪気はないだろうが、皮肉を込めて二人に言い放った。

「さあ早く注文して」
「では私も樹里と同じでAコースで」
「わかったわ。私はBコースで」
京香は樹里と同じくAコースを選び、麻里はAコースより5000円高いBコースを選んだ。
麻里は呼び鈴で従業員を呼び、注文した。

注文が終わり、京香が口を開く。
「葛沢さんはどうしてこのホテルに宿泊してるんですか?」
「本当は彼氏と泊まる筈だったのよ。でも彼氏が急な仕事で来れなくてね。でもああいった業界だから、よくある事なのよ。それで私一人で宿泊してるの。まあ料金も彼持ちだからね」
麻里の言う彼とは古木の事だ。
古木は樹里と京香で抹殺して、京香が古木が生きてるように工作している。麻里は古木が既にこの世にいない事は知らない。

京香が続ける。
「その彼氏さんは何やってる方なんですか?」
「外資系の証券会社に勤めてるわ。確か・・今は課長のはずね。私も以前、その会社に勤めていたけど、色々あって辞めて今はフリーで株投資をやってるわ」
「へえ株投資でっか?結構儲かりますの?」
「そんな簡単なものじゃないわよ。画面をいくつも観て市場を行方を見なきゃいけないし、それだけ揃えるのにもお金がかかるし、気力だっているのよ。高い儲けを出すには、それだけの機材、投資が高くなければ駄目ね。まあ私は証券会社に勤めていたし、それを生かしてるから、難しくは感じないけどね」
麻里は悪気はないが、自慢げに二人に話す。

樹里は二人の会話に入っていけなかった。樹里は普段は一人でいるため、コミュニケーションのとり方が不足で、自分本位なところもある。

京香と麻里が話して、盛り上がってる最中に従業員が料理を運んできて、樹里は表情をニタニタしながら、生肉を次々と鉄板に敷いていった。


3人の会食が始まる。
よろしければポチっと。

古都(みやこ)の女-13

古都(みやこ)の女

電話の相手は麻里からだった。
「もしもし」
『金田京子さんですか?』
「ええ、そうです」
『財布の落とし主の葛沢です』
「見つかったんですか?それは良かったです」
京香は麻里の財布が届いた事に安堵する。

『さっきぶつかった子ね。あの時は急いでたので、気が立っていたので、あんな態度をとってごめんなさい』
「いえいえ。財布が無事貴方の元に戻った事に安堵してます」
『財布の事には感謝してるわ。それにさっきの事もあるし、何かお礼させて』
「いえいえ。そんなお礼やなんて・・」
京香は遠慮がちに返す。

『これがなかったらどうしようかと思ってたし、今一人だし、何かしたいのよ。だからお礼させて』
「お礼ですか?どういったものです?」
『このホテルのラウンジの三階にレストランがあるの?晩御飯まだでしょ?だからお礼に奢ってあげようと思って』
「いやあそんな。ええんですか?」
『いいわよ。貴方一人なの?』
「いえ。連れが一人。女の子なんですが・・」
『だったらその子も連れて来なさいよ』
「では連れに聞きます。少しお待ちください」
京香は携帯の通話口を左手で塞いで、携帯でゲームをしている樹里を呼んだ。

「おーい樹里。葛沢麻里から電話が来てるで」
「え?来たんだ?」
樹里は携帯ゲームを中断して、あっけにとられた表情で、京香に顔を向ける。
「葛沢麻里がな。晩御飯奢ってくれるって」
「ええ!本当に!」
「ほんまや。あんたも来てええって言ってんで」
「じゃあ行く行く」
樹里は麻里の誘いに歓喜の表情を浮かべる。

樹里の了解を聞いた京香は再び携帯を耳に当てる。
「行く言うてます」
『決まりね。じゃあ7時に祇園亭と言う店に来て。そこの入り口で待ってるわ』
「わかりました。7時にそちらに伺います」
そう告げて通話をOFFにした。

京香は樹里の方に顔を向ける。
「よし!今から葛沢麻里と食事や」
「わあ。何をご馳走してくれるのかな?」
「祇園亭言うてたな。何の店やろ?」
京香は携帯にアクセスして祇園亭を検索し始めた。
「何か焼き肉屋みたいやで」
「私、焼き肉好き」
「まあ匂いとか気になるけど・・でもここ高いで」
京香はタブレットに記載されている料金プランを樹里に見せる。

「えー!一番安いコースで15000円!」
「ここのホテルが高級クラスのようにレストラン等も高級店ばかりや。だからそんな値段なんやろうな」
「本当にこんなに高くて奢ってくれるのかしら」
「葛沢麻里は会社を依願退職しても、その経験を生かして独自でも株で儲けてんねん。ここは彼氏の古木の予約やけど、あいつも金をそれなりに持ってるから大丈夫やろ」
樹里の不安に京香が麻里のデータを用いて不安を和らげる。

「とこでな樹里。あたしが偽名使ってるようにあんたにも使ってもらうで」
「なんて名前にするの?」
「これや」
京香は樹里に身分証を提示した。
「Rit大学文学部。木坂樹里(きさかじゅり)!変わったの名字だけじゃん」
「偽名使うにもそんなに変えん方がええ思ってな。あたしはあんたの事樹里呼んでるし、あんたはあたしの事を京ちゃんと呼んでるやん。偽名言うても頭の中でもわかっててもつい本名で言ってしまう事があんねん。だからあたしは今回は誰かと組むんやったら名前を少しだけいじる事にしてんねん」
京香は樹里に偽名の理由について説明をする。

更に京香は樹里に注意を促す。
「それとな。色目使こうたらあかんで。変に思われたら仕事がやりにくくなるからな」
「はーい」
「じゃあもう7時やで。支度して行くで」
「それはいいけど、いつまで変装しておくの?」
「ここを出て葛沢麻里を捕獲するまでや」
樹里と京香は支度をして部屋を出て祇園亭に向かった。


樹里と京香が麻里との対面に向かう。
よろしければポチっと。

8月になりました。2017年。

日常(自分のブログや趣味など)

8月になりました。相変わらず暑い日が続いてますね。

最近は忙しさのあまり、更新も訪問もあまりできない状態でした。今月は更新と訪問を少しばかり増やしていければと思ってます。

さて小説の方ですが、「BLACK PARKA-ブラックパーカー-」(古都(みやこ)の女)を少しばかり進めていくつもりです。夏の間に終われればと思っています。
秋くらいに「Music of Life」の再開を開始したいと思ってます。最終話ですが、もう2年くらいかかってる感じですね。他の話も間が空いてもこんなに長くかかる事はなかったですけどね。

実は「Music of Life」よりも「BLACK PARKA-ブラックパーカー-」書いてる方が楽な感じです。「Music of Life」は好きなんだけど、長編だし、キャラも多いし、ストーリーも複雑だし、対する「BLACK PARKA-ブラックパーカー-」はキャラも少なく、ストーリーもほぼ単純だし、楽なところもありますね。でもさぼってて物語が進まない状態です(笑)。

さて今月はサッカーでは新シーズンが開幕となります。jsportsを契約している自分ですが、今回はブンデスリーガは放送しないようです。ブンデスはバイエルンにハメスが入ったし、見たかったのにな(汗)。
プレミアリーグくらいしか見るのないですね。今季は何処が優勝するのか?注目ですね。

まだまだ暑い日が続きますが、皆さん暑さに負けず、健康に気をつけてくださいね。

古都(みやこ)の女-12

古都(みやこ)の女

樹里は喫煙室で自分と京香の荷物を持ち、煙草を吸っていた。そこに京香が入ってきた。
「誰もおらへんな」
「荷物二つ運ぶの結構きつかったんですけど・・」
「そりゃあんたが煙草吸う言うたからやろ?荷物をそのままにしておけへんやん」
「それはそうだけど、何処行ってのよ」
「それはこれが目的や」
京香は樹里に麻里から掏った財布をポケットから見せる。

「え!それ財布?掏って来たの?」
「アホ!声がでかいわ」
樹里の甲高い声に京香は慌てて注意する。

「詐欺師は掏りもやるんだ?」
「何かを奪うには、人を欺く事が必要や。掏りもある意味詐欺と一緒や」
「そうなんだ。で、財布盗ってどうすんの?カードかとのデータを盗むの?」
「いや。これ今からフロントに届けるんやけど・・」
「はあ!意味わかんないっすけど・・」
京香の行動に樹里は飲み込めずにいる。

京香は気を取り直し、口を開く。
「つまりや。さっき奴とぶつかって、その隙に財布を盗った。盗るには他のものを考えたが、最適なのは財布や。財布は金銭が入ってるし、生きていくには重要なもんや。だから財布が無くなっている事がわかれば慌てだす。そして財布を届けて、それを届けた本人がさっきぶつかった奴とわかれば、印象が変わり好意的になる筈や。そうしたら奴に近づきやすくもなる」
「近づくって?誘い出すならあいつの弱みをネタにして誘い出せばいいじゃないの?」
「それもあるけどな。投げやりで垂れ込まれる可能性がある。そうしたら仕事に支障が出るやろ。相手を嵌めるんやったら心を許した方がやりやすくてな」
「京ちゃんらしいやり方だね」
「そういうこっちゃ。ほな行くで。あたしが財布持ってる事がわかると、時間が経てば経つほど、疑心に満ちてくるからな」
「はいはい」
樹里は煙草を水の入った灰皿に捨てて、荷物を持って喫煙室を出た。

フロントに入った京香が手続きを始める。
「予約した金田京子と言いますが」
「金田様ですね。二名様の予約と伺っております」
京香は尾田京子と言う名で予約していた。

「あの・・」
「はい」
「これが落ちていたのですが」
京香が麻里の財布をフロントに差し出す。

「これを何処で?」
「あそこのエレベーターのホールでぶつかって、その際に落ちていたんです。財布を落とした事を告げようとしたらもう姿がないので、こちらに持ってきました」
「財布の中身を見ましたか?」
「いいえ。人のものだし見ていません」
「わかりました。落とし主が判明し、金田様にお礼等の連絡を差し上げたいと申されれば、貴方様のご連絡をお教え差し上げてもよろしいですか?」
「ええ。構いません」
「わかりました。ではごゆっくりとおくつろぎくださいませ」
京香はカードキーを受け取り、樹里と供に部屋に向かった。

7階でエレベーターを降り、指定の部屋のドアをカードキーで差し込み、ドアを開けた。
「へえ結構いい部屋じゃん。私こんなところに泊まった事ないよ」
「あたしもないわ」
樹里の問いにそっけない返しをした京香は煙草に火をつけた。

樹里はベットに腰掛ける。
「そんで葛沢麻里から連絡来るかな?」
「そらわからん。来なかったら別の方法考えるまでや」
「考えてるの?」
「そりゃどうやろな」
京香は煙を吐きながら、返答する。

しばらくすると京香の携帯に着信が鳴り、京香は煙草を灰皿に揉み消しながら携帯を手にする。

画面を見ると登録していない番号だったが、
「これは葛沢麻里の携帯番号や」
京香は麻里の携帯番号を以前からの調査で記憶していたため、登録外の番号でも動じる事はなく、携帯の画面のONをタップした。


麻里からの接触。
二人は標的に近づける事ができるか?
よろしければポチっと。

Menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1001位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
199位
アクセスランキングを見る>>

来てくれた事に感謝してます。

よろしければお願いします

ブロとも申請フォーム

お気軽にどうぞ