自分勝手な想像世界 The selfish imagination world

ここに見えられた皆さま。我がブログへようこそ。自分勝手に物語を書いたりしてます。アクションやサスペンス。恋愛、そして官能系とさまざまです。「私事」では日々思った事を日記形式で書いています。小説の他にも自分の趣味である映画やサッカーの事についても書いてます。リンクフリーですが、ご一報頂けると嬉しいです。

古都(みやこ)の女-9

古都(みやこ)の女

古木に近づき、京香は声をかける。
「すいません。貴方も登山者ですか?」
「そうですが・・」
「ああ良かった。女二人やし、何分登山なんてあんま経験ないし、いざ来てみたら、あんま人おらへんから、登ってる人がいて助かりましたわ」
「そうか。女の子二人で登山か。君達は登山経験ないのか?」
古木の問いに淡々と返答する京香。

「ああ良かった。女二人やし、何分登山なんてあんま経験ないし、いざ来てみたら、あんま人おらへんから、登ってる人がいて助かりましたわ」
「そうか。女の子二人で登山か。君達は登山経験ないのか?」
「ええ全然ないです」
京香は陽気に返答する。

「どうして雪山も登山なんてやろうと思ったんだい?君達は登山部かなんかかい?」
「いいえ。雪山と言うのに興味があって、登ってみたいなって思ってて、ネットで色々と勉強しましたけど、いざやってみると、大変ですね」
「そうかい。そっちにいるお嬢さんも登山の未経験かな?」
古木は樹里の方に顔を向ける。
「は、はいそうです」
樹里は古木の質問に、登山と寒さから疲れた表情で答える。

そんな樹里に古木が近づく。
「登山は結構体力いるんだ。後少し歩けば休める場所があるから、そこで休もう」
古木は笑顔で樹里の肩を叩いた。

樹里は標的である古木がパワハラで一人の女性社員を自殺に追いやった人間かと頭の中で思った。
人は悪い面もあれば良き面もある。古木は趣味の登山をしている時だけ社会の縛りから逃れ、心が平穏でいられるのかなとも考えた。
でも過ちを犯した人間は何らかの報いを受けなければならない。しかし樹里は殺人ができれば、そういった事はどうでもいいのだ。

樹里は古木と京香と供に更に進み、祠にたどり着く。祠にたどり着いた三人はその場で腰を下ろす。
古木が口を開く。
「君達は大学生?」
「はい。そうです」
「何処の大学?」
「Rit大です」
「へえ結構いいとこだね。うちの会社にもRit大の卒業生が何人かいるよ」
「ええほんまでっか!その会社どないなとこですのん?」
「外資系の金融関係の会社だ。株取引を外国と取引する会社なんだ」
「うわっ!結構ええですやん。給料とか高いんでっしゃろ?」
「ははは。たいした事ないよ。それに外資系だし、結果出さないとすぐクビになるからね。たとえ高い給料もらったって、すぐクビになるようじゃ意味ないよ」
「でもその会社で長く勤めてらっしゃるんでしょ?たいしたものですやん」
「そんな事ないよ。別れたとは言え、家族のために頑張ってるだけさ」
樹里は京香と古木との会話を楽しんでるのを見て、“よくもまあこんなに会話が弾むわ”と思いながら、苦笑した。

京香が続ける。
「今回は一人で登山をしてるんですか?」
「うん。そうだよ。下見でね」
「下見?」
「うん。恋人と雪山に登山をすると約束しててね。でも恋人は雪山の登山は初めてだから、どういうところか俺が下見に来たと言う訳さ」
「そうなんですか?」
京香は古木に別れたとは言え家族がいるのに、あえて恋人の存在は聞かなかった。

古木が立ちあがる。
「さあちょっと吹雪も強くなったし、今日は下山しようかな。君達も行くか?」
「はい。ちょっと待ってください」
京香はリュックからボールペンのようなものを取り出し、樹里にアイコンタクトをした。
それを観た樹里は古木の前に回った。
「ええと。登山はいつくらいからやってるんですか?」
「うーんと高校生くらいの時かな?登山部に入ってて、大学でも登山のサークルをやっててね」
「そうなんですか?私高校の時、何もしてなかったんで・・えへへへ」
樹里が古木とぎこちない会話をしてる最中、京香が古木の後から、素早く首にペンを刺し、プシュと音がした。
「う、な、何を」
古木は首を抑えながら地面に座り込み、落ちて行く古木に京香は冷笑を浮かべた。


古木の抹殺を行った京香。
よろしければポチっと。






スポンサーサイト

古都(みやこ)の女-8

古都(みやこ)の女

樹里は京香の姿を見て、声をかける。
「あ、貴方が仁羅京香さん・・ですか?よ、よろしくお願いします」
「そうや。前にも電話で言ったけど、気を使わんでええよ」
「あ、そっか。じゃあ貴方の事、京ちゃんと呼んでいいかしら?」
「ええよ。あたしはあんたの事、樹里と呼ぶで」
「うん。ええよ。それで・・」
「じゃあ行こか。仕事の詳細は車の中で話すわ」
樹里はその場を立って、京香と供にその場を離れた。

しばらく歩いて地下駐車場に入り、シエンタの近くで京香はキーレスでロックを解除する。
「うわあ結構いい車じゃん」
「リースやリース。仕事の時はリースの方がやりやすい」
「そうだね。じゃあ荷物後に置いていい?」
「ええで」
樹里は自分の荷物を後部座席に置き、助手席に乗った。

京香はエンジンボタンを押し、エンジンを起動させ、シエンタを発進させた。
「樹里。仕事の事はメールで読んだな?」
「うん。読んだ。古木は事故死。葛沢麻里は行方不明者にする事でしょ?」
「そうや。まずは古木の方を殺る」
「殺るって。具体的にどうやって?」
「これから雪山に行く。雪山に行って遭難した事故死に見せかける」
「雪山に行くの?私、登山道具とか用意してないよ!」
「あんたの分はこっちで用意してある」
「用意してるって。私山登りとかした事ないよ。しかも雪山なんて」
「あたしもこの前下見に行ったきりや。初心者と変わらんで」
樹里は予想外の事に驚きの表情を浮かべる。

「古木の方は全然乗り気じゃなかったけど、雪山に登ると聞いてもっと乗り気じゃないよ」
「そんなん言わんでええやん。葛沢麻里はあんたの好きにしてええから。古木の方を殺るのを手伝ってくれや」
「う、うん。わかった。それでどう殺るつもりなの?」
しぶしぶ了承した樹里は古木の殺害方法を問う。

京香が説明を始める。
「古木は登山が趣味やと言うのはわかってるな。特に雪山に登るのが好きみたいなんや。だから吹雪く場所で、遭難したようにして見せかけて殺るんや」
「どうやって?」
「あんたよく注射型の睡眠薬使わへんか?」
「使うけど・・」
「それを使うんや」
「ああなるほどね」
樹里は手をポンと叩いて納得した。

しばらく車を走ると降雪が舞い、辺り一面雪景色となる。
「わあ雪化粧だ。綺麗だね」
「京都北部は降雪が多くてな。雪山の登山ができるところも多いんや」
「そうなんだ。スノボーとかやってみたいな」
「アホ!遊びに行くんとちゃうぞ!」
「わかってるわよ」
京香に注意され、樹里は頬を膨らませた。

「さあもう着くで」
京香はシエンタを駐車場に停車した。離れたところに一台の車が停まってる。
「標的ももう来てるみたいやな」
京香は標的の古木が乗って来たプリウスに顔を向けた。
「じゃあもう行こうよ」
樹里がドアを開けると冷気が一気に襲ってきた。
「うわあ。寒い!」
樹里はドアを閉めた。

「アホ!雪山やぞ!そんな格好やったら寒いに決まってるやろ!後に雪山登山用の防寒服があるからそれ着いや」
「わ、わかったわ・・」
樹里はブルブルと震えながら、後部座席に移動し、雪山登山用のウエアを着用する。
京香も運転席でウエアを着用した。

京香はタブレットを取り出して画像を観る。
「よし!標的は登山中や。行くで!」
「うん。でも標的の居場所よくわかったわね」
「このタブレットには標的の携帯のGPSを追ったんや。それでわかるんや」
京香は樹里に説明した後、荷物を背負って、車から出た。

樹里も荷物を背負って車から出た。ウエアを着てるためか、寒さは感じられなかった。
駐車場から離れ、雪山を登る二人。樹里は慣れない事に窮屈そうな表情を浮かべる。

やがて一人の男の後姿が見えてくる。
「あれやな」
京香はタブレットをリュックから取り出し、GPSの位置を確認した。自分の位置と男の位置が一致し、京香は笑みを浮かべ、樹里と二人で標的である古木の元へゆっくり歩いて行った。



標的の一人古木に近づく樹里と京香。
よろしければポチっと。

W杯南米予選 第14節

2018 FIFAワールドカップ 南米予選

チリ 3-1 ベネズエラ
エクアドル 0-2 コロンビア
ボリビア 2-0 アルゼンチン
ペルー 2-1 ウルグアイ
ブラジル 3-0 パラグアイ
 
1. ブラジル(33)+25
2. コロンビア(24)+3
3. ウルグアイ(23)+9
4. チリ(23)+5
5. アルゼンチン(22)+1
6. エクアドル(20)+3
7. ペルー(18)-1
8. パラグアイ(18)-8
9. ボリビア(10)-20
10.ベネズエラ(6)-17

南米予選14節。まずはチリ対ベネズエラから。ホームの利を生かしてチリがベネズエラに順当勝ち。
ベネズエラは最近の予選ではいいとこまで行くんだが、今回はいい流れに乗れなかったね。勝ち点10も超えてないんだからこりゃいかんよ。
チリはこれで4位浮上!チリはコパを連覇した事で各国からマークされ、いつもよりきつい状況だね。6月にはコンフェデがあるし、8月の再開まで、一応この順位で溜飲が下がったと言えよう。

試合の動画はこちら↓
チリ対ベネズエラ(動画)

エクアドル対コロンビアは結果観てびっくり。エクアドルのホームだし、高地だし、エクアドルが最低でも引き分けるかと思いきや、コロンビアが勝った事に非常に驚いた。コロンビアはこれで2位浮上!前回と同じく2位でフィニッシュか!だが後4節まだわからない。
エクアドルは序盤は4連勝で首位だったが、勢いを失ったようだね。今予選、ホームで負けたのはブラジル戦に続いて2度目らしい。

ボリビア対アルゼンチンはメッシが前節チリ戦の終了後に副審に暴言を吐いたとの事で、FIFAから4試合出場停止になった。ボリビア戦開始の6時間前の事らしい。メッシが暴言吐いたニュースはボリビア戦の3日くらい前に知り、これはまたまたアルゼンチンにとってまずいかと思ったが、ボリビア戦には適用されないと思ってた。しかしボリビア戦からカウントされる事となり、メッシは結局試合に出れなかった。
出場停止を適用するならもっと早く通達しなければいかんよ。案の定アルゼンチンはボリビアに2-0で敗れた。
ボリビアに意気消沈のアルゼンチンの選手達。
アルゼンチン代表

ボリビアは高地だし、ここで試合して勝つのはどの国だって難しい。例えメッシがいたとしても勝つのは相当難しいだろう。良くて引き分けだったかもしれない。それに今回は出場停止の事が頭によぎってプレーにムラが出たかもしれないからね。

アルゼンチンは今回駄目のような気がする。強豪国の予選敗退は最近珍しい事ではないし、地域が違えど、EURO2016予選でオランダが敗退したのは記憶に新しい。なんかアルゼンチンがオランダと被って見えるからね。

試合の動画はこちら↓
ボリビア対アルゼンチン(動画)

そしてペルー対ウルグアイ。2-1でペルーの勝利!この結果にも驚いた。ウルグアイ勝って、勝ち点伸ばすと思ったからね。しかも先制してるしね。
しかしペルーがお得意のカウンターで同点ゴール。そして逆転弾!ペルーがウルグアイに勝って、選手達が喜んでいる姿を見たら、まるでW杯出場が決まったような喜び方だったよ。でもまだ早いよ。でもペルーって結構ツキが来てるかもしれないね。
今7位で勝ち点18だが、もしかしたらもしかするとしれない。ペルー頑張れ!

そしてウルグアイはこの二節は二連敗になってしまったね。チリ戦から三連敗だ。順位も3位に下がってしまった。今度こそストレートインでW杯決めてほしいと願ってるから、8月のホームで行われるアルゼンチン戦は是非頑張ってほしい。そしていい結果が出る事を願っているよ。

試合の動画はこちら↓
ペルー対ウルグアイ(動画)

そして最後はブラジル対パラグアイ。ブラジルはここまで7連勝中。ブラジルは今節勝利すると他試合の成績しだいで出場権が得られる可能性が出てくる。
開催地は前回W杯で開幕戦の舞台となったサンパウロのコリンチャンスアレーナである。
前半にコウチーニョが先制弾!前半は1-0で折り返す。

そして後半にPKのチャンスを得るも、相手GKに防がれてしまう。ネイマールがPKを防がれたとこなんて初めてみたよ。
でも60mのドリブルからゴールはしびれたよ。ネイマールのこの試合、PKを外した以外にも、ゴールしたけど、オフサイドで取り消しになったのが二回あった。ネイマールはこの試合全てゴールが決まっていれば4得点となっていた。試合結果も6-0となっていた事になる。パラグアイは3失点で良かったというべきなのか?って思う。

後半終了間際にマルセロが3点目を決める。本人も言ってたが、前回W杯開幕戦でこのスタジアムで試合したときはオウンゴールしてしまったが、今回はちゃんと決めて良かったと語っていた。

結果3-0の勝利となり、ブラジルはこれで8連勝となった。この8連勝はブラジル代表の歴史上初の事らしい。
この8連勝が功を称し、ウルグアイがペルーに敗れた事でブラジルのW杯出場が決まった。
ブラジル代表

W杯出場は開催国以外の一番乗りは06年大会から三大会連続、時差の関係もあり、日本だった。
でも今回はブラジルが一番乗りだ。ブラジルは元々サッカーの強豪国だが、前回自国開催のW杯の準決勝で優勝したドイツに大敗を喫し、優勝できないどころか、3位決定戦のオランダにも3-0の完敗!その後は低迷の一途を辿ってしまう。

一年後のコパアメリカ2015はベスト8敗退!その年に始まったW杯南米予選もその年のコパアメリカを初制覇したチリに完敗!
一年後のコパアメリカの100周年記念大会、コパアメリカセンテナリオはまさかのグループリーグ敗退!
この時点でもW杯予選も6位で出場圏内も入れず低迷してた。W杯後にあとを継いだドゥンガ監督も解任となった。

そんなブラジルに光明となるきっかけが訪れる。それは自国開催のリオ五輪である。ネイマールもOAで参加し、決勝でカテゴリこそ違うが、因縁のドイツにPK戦の末下し、初の金メダルを獲得した。
自国開催のW杯の悲劇はこの歓喜によって和らげ始めた。

そしてドゥンガ監督に代わって就任した国内最高と呼び声の高い、チッチ監督を招聘。
チッチ監督はコリンチャンスを率いて、クラブW杯2012でチェルシーを破って、世界一になった実績がある。
チッチに変わって、ブラジルは見違えるほどに強くなり、ここまで8連勝を記録。
チッチとネイマール

これからの4試合はネイマール抜きでやってみるのもいいと思う。でも首位で終えたいだろうし、負けたりするとFIFAランク下がって、本大会の組み分けのシードに影響するから、難しいところだな。
ブラジルの本戦出場を心から祝います。日本も厳しい戦いが続きますが、本戦出場を手にすると信じてます。

ブラジルが決まった今、自動出場できる国は残り3カ国。プレーオフは一カ国。現在8位までが出場獲得できる可能性があり。
私見だが、最後には思わぬ国が出場権を得る事になるかもしれないと思ってる。
残り4試合、目が離せない!

試合の動画はこちら↓
ブラジル対パラグアイ(動画)

ブラジルがW杯出場権を獲得!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

4月になりました。

日常(自分のブログや趣味など)

4月になり、暖かくなるかと思いきや、朝晩は気温が低いままですね。
さて更新の方ですが、最近忙しくて手がつけられない状態。他のブログにもほとんど訪問していない状態です。
コメント来ても返信するのは2、3日遅れたりとコメしてくれた方に申し訳なく思ってます。

小説はともかく、サッカーの記事も遅れてる状態であり、先月末に行われた南米予選の結果の記事も遅れてしまってます。
今回の南米予選は書くことが色々とあるので、次の記事で書く事にします。

今年は従来にとらわれず、書きたいものは書くと言うスタンスを取ってますが、忙しいと言うのもあり、なかなか進まない状態ですね。
今月からはなんとか再開できればと思ってます。

アジア最終予選第7節。

2018 FIFAワールドカップ アジア予選

第7節
3月28日(火)
韓国 1-0 シリア [ソウル]
イラン 1-0 中国 [テヘラン]
ウズベキスタン 1-0 カタール [タシケント]

【順位表】
1.イラン(17)+6
2.韓国(13)+2
3.ウズベキスタン(12)+2
4.シリア(8)-1
5.中国(5)-4
6.カタール(4)-5

最終予選第7節。今回は全ての国がホームで勝ち、なおかつ1-0の勝利!これはできすぎか?
韓国対シリアは1-0で韓国だが、1点しか取れなかったのが問題のようだ。シリアは前節、ウズベクに勝った事で勢いに乗ったと思ったが、1点を抑えるのみで終わったと言う事か?
シリアは三次予選で日本と対戦し、ホーム&アウェーで日本が3点以上獲って勝利した相手である。

イラン対中国は1-0でイランの勝利!名将リッピに少しは良くなった感じだが、イランのホームで勝つのは難しかっただろうね。
イランはこれで5連勝!しかも予選7試合無失点!イランは次勝てばW杯出場決定となる。

試合の動画はこちら
   ↓↓↓
イラン対中国(動画)

ウズベク対カタールは1-0でウズベクの勝利!カタールは次回大会史上初のW杯開催国で初出場になる可能性が高まった。

試合の動画はこちら↓
ウズベキスタン対カタール(動画)

第7節
日本 4-0 タイ [埼玉]
オーストラリア 2-0 UAE [シドニー]
サウジアラビア 1-0 イラク [ジッダ]

【順位表】
1.日本(16)+9
2.サウジアラビア(16)+8
3.オーストラリア(13)+5
4.UAE(9)-3
5.イラク(4)-3
6.タイ(1)-16

日本対タイの記事はこちらをクリック↓
W杯アジア最終予選 タイ戦(ホーム)



豪州はUAEにホームで2-0の完勝!UAEはこれでW杯出場の望みが断たれた。豪州はここ4試合勝利がなかったが、負けてもいなkった。今回の勝利でチームを上昇に乗ってほしいと願う。負けてないと言う事がプラスになるように。

サウジ対イラクはホームのサウジが1-0の勝利!動画観たけど、イラクのGKも良かったが、サウジの先制弾はすごかった。
次は豪州とのアウェー戦。今予選サウジは頑張ってる方だ。久々のW杯に届くか!

試合のハイライトはこちら↓
サウジアラビア対イラク(動画)

日本二連勝!イランがW杯出場王手!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

Menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
218位
アクセスランキングを見る>>

来てくれた事に感謝してます。

よろしければお願いします

ブロとも申請フォーム

お気軽にどうぞ