更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2013年06月  】 

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」20(R18)

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」

2013.06.01 (Sat)

 美紅は更にリモコンで強弱を繰り返しながら、尋問をした。「他に気にいらない人間はいるの?フラワーさんの同僚とか?」「い、いるわあ。生徒はほ、他にもいるけど、同僚ではね。下條とかと言う奴。冷たい目でいつも上目使いで話すし、それと雪重と言う奴で、女の癖に少年みたいな顔立ちで、馬鹿みたいにはしゃぐし、ユッキーなんて言われて調子に乗ってるし、教師より言うよりガキよ。それと羽島と言う外部から来た奴で音楽かなん...全文を読む

悪の教典

映画、海外ドラマ

2013.06.03 (Mon)

  私は映画を観る事が好きです。観るとしても主に洋画が8割方です。 でもこの記事で紹介する映画は邦画です。私は邦画は観ない方です。映画館、DVDでもほとんど観ません。 観るとしてもTVの地上波放送が主です。私は邦画を観た作品は「踊る大捜査線」シリーズ。「バトル・ロワイヤル」くらいですね。 この映画の事を知ったのは「踊る大捜査線」の完結編を映画館で観た時に、予告編で観た時でした。 さわやか系や熱血漢で通って...全文を読む

サッカー日本代表。W杯出場をかける大一番。

サッカー日本代表

2013.06.04 (Tue)

  前からサッカーに関する記事を書いているのだが、今回は初めて日本代表について書く事になる。 今夜、日本は来年ブラジルで行われるワールドカップ出場をかけて、豪州と戦う事になる。日本は今までW杯には4回出場している。時差の関係でいつも開催国を除き、最速の出場なのだ。しかし今まではW杯出場は全てアウェーの地で決めてきたのだ。 日本の最終予選で対戦するグループは豪州、ヨルダン、イラク、オマーン。現在の成績は8...全文を読む

サッカー日本代表。5大会連続5度目のW杯出場決定!

サッカー日本代表

2013.06.04 (Tue)

  決めました。やってくれました史上初のホームで 相手は豪州(オーストラリア)。日本とは常に凌ぎを削る相手である。 豪州は世代交代がうまくいかず、予選でも苦戦している状態。だからかなり前がかりで来ると思ってました。 しかし日本がペースを掴み、豪州ゴールに迫るも、GKシュワルツァーが見事なセーブ。そして前半終了。 後半は豪州側に足が止まり始め、日本にチャンスが生まれるも、またもシュワルツァーが見事なセー...全文を読む

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」21(R18)

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」

2013.06.07 (Fri)

 美紅は四つん這いになっている玉野の腰あたりに座った。「もっといい気分で天国に行かない?」美紅は玉野に誘惑をする。「いいわよ。やって。やって」玉野の呼びかけに、美紅は玉野の性器に入ったままになっているゴム状の性器を掴み、スイッチを入れて、前後に動かした。途端に玉野の淫らな声が部屋中に響く。「ああ、ああん。はあ。ああん。もっと。ああん。もっとおおん」美紅が掴んでるゴム状の性器が玉野の中で動き、その動き...全文を読む

久々の更新

日常(自分のブログや趣味など)

2013.06.11 (Tue)

  ここ四日くらい更新しませんでしたね。私の書いてる物語、日記形式で綴ってる「私事」にも手をつけてない状態でしたね。楽しみにしている方々、申し訳ありません。 私も自分の生活がありますけど、このブログは趣味でやっています。でも何もしたくないって、思う事あります。いくら自分の好きな事をやっているとしても、手を休めたくなるものです。早く続きが書きたいって思ったとしてもね。 気分転換にネットの記事を観たり、...全文を読む

サッカー日本代表。W杯最終予選を有終の美で終える

サッカー日本代表

2013.06.12 (Wed)

  W杯出場が決まった日本だが、最終戦のイラク戦の開催地はあのドーハの悲劇が起こった場所。カタールの首都・ドーハであり、その相手は皮肉にもイラクなのである。 イラクが何故、国内で試合が行われないかは、皆さんのご存じの通り、戦争の影響で、今も爆弾テロとか起きていて、練習場とか、試合会場がままならない状態なのだ。イラクのホームでの試合は事実上、第三国で行われるのである。 イラクは2004年にアテネ五輪ベスト4...全文を読む

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.14 (Fri)

  W杯出場を決めた日本が参加する、ブラジルで来年行われるW杯のプレ大会。コンフェデレーションズカップがいよいよ開幕します。 現地時間6/15の午後4時。日本時間6/16の午前4時から開幕戦ブラジル戦まで後少しです。 思えば日本が大きな国際大会の開幕戦を戦うのは、私自身の記憶では初めての事です。しかもサッカー王国と言われるブラジルでアウェーで戦えるんですからね。W杯の前にこの経験は貴重な事です。 さてコンフェデ...全文を読む

FIFAコンフェデレーションズカップ2013 出場国 日時

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.15 (Sat)

 今回はコンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会に出場する国、試合日時を掲載します。参加国、日時はとあるネット記事から抜粋します。◆参加国ブラジル:開催国 ウルグアイ:2011年コパ・アメリカ優勝 イタリア:欧州選手権準優勝 スペイン:2010年ワールドカップ優勝、2012年欧州選手権優勝 ナイジェリア:2013年アフリカネイションズカップ優勝 メキシコ:2011年ゴールドカップ優勝 日本:2011年アジアカップ優勝タヒチ:2...全文を読む

日本、ブラジルに完敗

サッカー日本代表

2013.06.16 (Sun)

  日本時間未明に、サッカー日本代表はコンフェデレーションズカップの開幕戦でブラジルと戦い、3-0と敗戦でした。 前半3分にDFのマルセロから鋭いクロスをフレッジが胸で落としてワンバウンドしたボールをネイマールが右足ボレーでゴール右隅に叩きこみ、早々にブラジルに先制弾を叩きこんだ。 私はこれを観た瞬間、「いきなりかよ!」と驚愕した。ネイマールは好きなサッカー選手の一人だし、彼のゴールは素晴らしいと思ったが...全文を読む

コンフェデレーションズカップ 二日目

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.17 (Mon)

  日本時間深夜4時からメキシコ対イタリア。朝7時からのスペイン対ウルグアイの試合が行われた。 私は両者の試合は録画して観た。勿論平日だったからね。 まずは日本と同じグループAに属するメキシコ対イタリアから。イタリアは守備のイメージが強いが、2010年W杯で自慢の守備が崩壊し、グループリーグ敗退。このコンフェデも前回大会でグループリーグ敗退と言う屈辱を味わっている。 そういう事もあってか、2010年W杯以降に就...全文を読む

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」22

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」

2013.06.18 (Tue)

 誠良達は頭にヘッドセットを頭にかけて、玉野の会話を聞く。「もしもし。ん?幸治?どうしたの?」玉野は寝起きから覚めた声だ。幸治は玉野の彼の声である。「花代。おまえ、浮気とかしてないか?」「な、何よ!突然!私がどうしてそんな事するのよ!」幸治の問いに玉野は慌てふためいた声だ。「おまえが浮気した写真や動画が入ってるDVDが俺のところに送られてきたんだよ!」幸治が怒声を上げる。「ちょ、ちょっと待ってよ。本当...全文を読む

タヒチの勇気、果敢さを観て。

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.19 (Wed)

  連日熱い戦いが続いてるコンフェデだが、各国順当な勝利を収めつつ、特に印象に残った試合がある。それはタヒチ対ナイジェリア。タヒチはオセアニアでも目立たず、国際大会初参戦。オセアニアは豪州が抜けてから、ずっとニュージーランドが主役だった。しかしこのたびオセアニアネージョンズカップで初優勝。 このカードは人気がないのか?空席が目立っていた。結果は6-1。前半に26分までに立て続けに3点も失点した。初のビック...全文を読む

コンフェデ杯。 グループA第2戦。

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.20 (Thu)

  日本時間今朝未明から早朝にかけて、2試合が行われた。 まずは日本時間午前4時から行われた「ブラジル対メキシコ」の試合。ブラジルは近年、メキシコを苦手としており、去年のロンドン五輪決勝でもメキシコの敗れ、金メダルを逃している。しかし今回はブラジルのホーム。負ける訳にはいかない。ブラジルはホームでは負けないのだ。 前半早々にネイマールがボレーで先制!日本戦と同じように早い時間での先制点。ブラジルが優位...全文を読む

コンフェデ杯。グループB第2戦。

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.21 (Fri)

  日本時間の今朝未明から早朝にかけて、グループBの2試合が行われた。 まずは日本時間午前4時からのスペイン対タヒチの試合。最新のFIFAランクではスペインは1位。タヒチは138位。この試合のスコアは10-0とスペインの圧勝だった。だがこの試合は結果ではなく、内容につきると私は思ってる。 スペインはこの試合、初戦から10人入れ替えて臨んだ。しかしこのメンバーも豪華な顔触れだ。トーレス、ビジャ、シルバ、マタと一流のリ...全文を読む

コンフェデ杯。メキシコ戦の前に。

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.22 (Sat)

 明日、深夜4時からコンフェデレーションズカップ最終戦。日本対メキシコの試合が行われる。残念ながら日本はブラジル、イタリアと連敗し、グループリーグ敗退を喫してしまった。私にとっては既定路線ではあるが、進出か否かは最終戦までもつれこんでほしかったと思っている。ブラジル、イタリアもW杯優勝国だった事があるし、勝つのは難しい相手だった。ブラジル戦の完敗から立ち直り、イタリア戦では敗戦するも、勇気を持って立ち...全文を読む

コンフェデ杯。日本三戦全敗で終える。

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.23 (Sun)

 メキシコ戦も残念な結果に終わったそしてこの結果、日本はグループ最下位で終わってしまった前半はいい感じで入って、先制点が入ったと思ったらオフサイドの判定!あれのどこがオフサイドかは疑問だった。後半になるとメキシコのパス回しに翻弄され、日本が足が止まったような感じになり、それで香川の所属するマンチェスター・ユナイテッドの同僚エルナンデスに2失点決められてしまった後半に2得点決めたエルナンデス(左)。もう...全文を読む

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」23

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」

2013.06.24 (Mon)

 週末明けの月曜日。舞子はいつも通りに自転車を置いて、下駄箱に向かった。近くの掲示板で生徒達が集まり、騒がしくなっていた。舞子がそこに行ってみたら、その掲示板の内容に驚愕の表情を浮かべる。“2年4組はある問題が横行している。その問題に担任教師も間接的に加担している”と言う文面が貼られていた。それを観て沈んだ気持ちになった舞子がその場を去ろうとすると、安恵と一美が目の前に姿を現し、無言で舞子を連れ去り、舞...全文を読む

コンフェデ杯。ベスト4決まる。

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.25 (Tue)

  日本代表が3戦全敗で大会を終えた翌日、もう一つのグループBのナイジェリア対スペイン。ウルグアイ対タヒチのグループリーグ最終戦が行われた。 ナイジェリア対スペインは98年W杯グループリーグで対戦し、3-2でスペインを破った事がある。この両国の対戦はそれ以来なく、今回が二度目だ。あれから10年以上の月日が経ち、ナイジェリアは協会の揉め事等で2000年代から低迷。スペインはここ何年かで劇的に力を上げ、08EURO、10W杯...全文を読む

コンフェデ杯。南米対決!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.27 (Thu)

  今朝未明に行われたコンフェデレーションズカップ準決勝の第1試合は開催国ブラジルと南米王者ウルグアイの対決! 試合開始はブラジルは中3日で主力で戦ってたのに対し、ウルグアイはタヒチ戦で主力を総とっかえをしたため、主力組は事実上の中5日で臨んだ。そして同じ南米のライバル。調子の出ないブラジルに対し、ブラジルがペースを掴めず、ウルグアイペースに。前半にいきなりウルグアイにPKが与えられ、ウルグアイ先制のチ...全文を読む

コンフェデ杯。欧州対決。

FIFAコンフェデレーションズカップ2013

2013.06.28 (Fri)

  今朝未明に行われたコンフェデレーションズカップの準決勝第2試合はスペインとイタリアの欧州勢の対戦となった。  前の記事でも書いたが、この両国は去年行われたEURO2012の決勝カードであった。この試合ではイタリアのアクシデントもあり、4-0でスペインが勝利し、スペインが優勝となった。 この両者の関係はスペインが現世界王者。イタリアは2006W杯に優勝しており、元世界王者だ。いわゆる最近の世界王者同士の対戦とも言...全文を読む

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」24

CHAPTER3「悲哀の少女・後編」

2013.06.30 (Sun)

 4組の教室では玉野が教壇に立って、朝礼を行おうとしたが、クラスの人間が誰もいない事に目を大きく見開いていた。「どいつもこいつも私を馬鹿にしやがって!」玉野は歯ぎしりしながら、教室を出る。その時、誠良、真岼、美紅が廊下を走って、玉野に向かってた。「こらっ。廊下を走るんじゃない」玉野が誠良達に叫ぶも、誠良は玉野の方を一瞬向いただけで、無言で走り去った。玉野は走り去っていく誠良達を睨みながらも、職員室に...全文を読む

前月     2013年06月       翌月

Menu

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
333位
アクセスランキングを見る>>

来てくれた事に感謝してます。

よろしければお願いします

ブロとも申請フォーム

お気軽にどうぞ