FC2ブログ

「短編、SS、読み切り」
性友(せいゆう)の契り

性友(せいゆう)の契り⑥

 ←性友(せいゆう)の契り⑤ →性友(せいゆう)の契り⑦
私は彼の事を話し、妻は興味津々になる。
「彼ってどういう感じの人?若い人?」
「いいや。僕より二つ上の人かな。でも端正な顔つきで、ダンディーだし、体格も精悍な体つきで清潔感もある。それに優しくて包み込んでくれるような感じだ。色気のある男性が好みだと言ってた」
「そりゃ貴方のような綺麗な体だったら、その彼にピッタリの相手でしょうね」
「どうしてそう思うんだ。君とセックスしたのはもう10年以上前だし」
妻は私の女性的のような感じだと言っていたが、自分の裸を見たのはもう10年以上も前だ。

「まあ確かにあの時も貴方は色白な体だったわね。セックスしたけど、違和感しかなかった」
「ああそれはすまない。だって自分は・・まあぎこちなかったし」
「そういう事じゃないわよ。私も同性を好むから異性とするのに違和感感じただけよ。でも子供もできたし、良かったわ。私が言ってるのはつい最近よ」
「え?最近ってどういう事?」
妻の言葉に私は驚いた。私の裸はもう彼しか見せてないのに。

「さっき。ドアが少し開いてて、貴方が入ってきたでしょ?あれと同じようにだいぶ前に洗面所のドアが少し開いてたのよ。それで閉めようと思って、ドアに手をかけようとしたら貴方が、鏡の前で全裸で立っているのが見えてさ。その場から立ち去ろうとしたら、後ろ姿だったけど、綺麗だなって思った。特にお尻が整ってすごく綺麗だった。私もそんな体になりたくて悔しかったな」
「迂闊だったな。見られたくなかったんだけどな」
本来ならそういった事は言わないが、妻が私の裸を見て悔しがってる表情を見て、なんか悪い気持ちにさせたと思った。

「さっき僕も迂闊だったけど、君の肌を見たけど、透き通ってて綺麗だと思ったよ。自信持ったらどうだと言いたいが、あれは自分の体に不備がないか見てるんだけなんだ。彼と会った時に、心も体もきちんとしておかないと思ってね。だから自分の体に100点満点はあげられないよ」
「そっかそこまで徹底してるんだね。彼の出会いはそこまで貴方を変えたんだね。なんかイキイキしてるよ。本当に彼の事好きなんだね」
「本来の自分に気付かされただけさ。でも彼のおかげで自分を見つめなおす事ができた」
彼との話題に妻は少しばかりうらやましそうな表情を浮かべてた。

「彼と付き合ってどれくらいなの?」
「もう一年くらいかな」
「一年かあ。じゃあセックスはしてるんでしょ?」
「してるよ」
妻が込み入った事まで聞いてきた。本来なら彼との事もあるし、答えにくい質問だが、妻が自分を見つめなおし、幸せになってほしいと言う願いもあり、できる限り返答しようと思う。

「彼と一緒になりたいと思ってる?」
「若い時ならそう思っていただろうが、彼は縛られず自由に生きたいと思ってる人でな。はたから見ればセフレのような関係だと思う。あいつも遠くに住んでるし、互いに適度な距離で付き合うのがいいと思う。あいつは自由恋愛派だから、他にもいるかもしれないが、それでもいい。僕と会ってる時だけは、僕だけを見て僕だけを愛してくれればそれでいいと思う」
「最近そういう付き合い方する人いるよね。結婚しても子育てとか落ち着いたら、恋人作りたいとかいたりするよね。でも家庭も大事にしたい。ムシが良すぎるって事もあるかもしれないけど、付き合い方も多様化してるって事なのかもね。私達は相手が同性ってだけなのかもね」
「そう言われればそうかもな」
確かに今の時代、異性間でも結婚して子育てに落ち着いたりしたら、家庭を維持しつつ、恋人を求めたいと言う人間も多いと聞く。性欲が溜まって、それを発散したいと言う事なんだろう。
一見すれば不倫だが、これも見方や捉え方によっては、そういう生き方だってあってもいいと思う。
妻の言う通り、私達夫婦はそれが同性に向かっただけの事だ。

「彼氏は結婚してるの?」
「いいや。独身だよ。さっきも言ったが、あいつは縛られる関係は好まないんだ。昔恋人と一緒に暮らした事あるらしいが、色々あったみたいでな。それで特定の恋人は作らない主義らしい。あいつなりにちゃんと考えてて、相手の家庭に影響があるんだったら付き合わないし、セックスもしないと言ってるしな」
割りきった付き合いのようだが、人を好きになる事、愛する事はパワーがいるものだと思ってる。常に一緒に近くにいる関係だったら、長くは持たないだろう。恋人と言ってもいつも供にいる事は大事ではないとお互いに思ってる。

「お互いちゃんと考えてるから、貴方が好きになったんだね」
「何度か会って、こういう関係がいいと思うようになっただけだがね」
私は彼と幾度と会うようになって、体を重ね、互いに距離が保つような付き合い方になった。まあこれも互いに40年以上生きて、色々と経験してきたからだと思ってる。

「貴方はセックスの時はネコなんでしょ?」
「そうネコだと言う事を自覚している。タチになろうなんて一切考えてないし。自分は受ける側だと最初から思ってた」
「やっぱりネコだったんだね。こういう性格だからタチです。ネコですなんて事はないけど、貴方はネコっぽいと思ってた」
「そういう君はどっちなんだ?」
「私はネコよ」
妻は普段は内気な性格だ。互いの性を告白した事で、妻が色々と聞いてくる。
妻もまた誰かに抱かれたいと言う思いがあるのだろう。


妻のために自分の性や生き方を説く男。
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【性友(せいゆう)の契り⑤】へ
  • 【性友(せいゆう)の契り⑦】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【性友(せいゆう)の契り⑤】へ
  • 【性友(せいゆう)の契り⑦】へ