「私事」
日常(自分のブログや趣味など)

9月最後の日

 ←キャラクターからの挨拶(本山寛斗、畑鏡隆矢、芳野妙子、堀本舞子)     →CHAPTER4「各々が奏でるソナタ」1
 9月も最後になりましたね。涼しくなったり、暑くなったりしたりしてますが、これからだんだん寒くなっていくって感じですね。

 昨日は自分の住んでる市で市議会議員の補欠選挙の告示日がありました。僕の住んでる村から立候補者が出ましたので、自分の住んでる集落のみんなは応援に出てます。

 立候補者は30代後半で、今回が初立候補。掲げるスローガンは「若者がチャレンジできる○○市へ」です。

 僕は近所のおいちゃん(おじさん)から「良新君、時間がある時に選挙事務所に顔を出しよ」と言われたので、休みの日は選挙事務所に顔を出して、お茶飲んだりして顔を出してました。

 昨日、告示日になって、村民が集まって、まず区長ならびに後援会長が挨拶して、みんなで掛け声を出して、僕は運動員となって、選挙カーの後についてくる車に乗って、窓を開けて手を振って、町行く人々に「よろしくお願いしまーす」とか言ってました。

 自分の住んでる市は2005年くらいに二つの町と合併して、範囲が広くなり、初日だからと言うのもあって全部回ったのだ。朝の9時から回って、終わったのは夜の8時だった。夜の8時以降は選挙運動ができないと言うのもあるけどね。

 普段は俺は選挙には投票には行くが、まあ適当に誰か行くと言うものだから、選挙には無縁の存在だ。選挙運動で車が回ってるのは観るが、自分にとっては関係ないと言う感じだ。

 ところが今回身近な人間が選挙に立候補して、自分にとって、今回初めて選挙にわずかながらも選挙に携わる感じとなったのだ。自分は前述した通り、選挙事務所に顔を出す程度だったのだが、今回は選挙カーの後についていく運動員といなったのだ。

 運動員となって、選挙活動して思ったのだが、あちこち回って、声をかけるのだが、選挙ってこんなに大変だったんだなって思ったよ。

 でも嬉しかったのは町行く人に手を振ったりすると、返してくる人がほとんどだったのだ。いつも外にいた自分だが、実際携わって、返されると嬉しかったのだ。いつも自分は選挙カー見てもどこ吹く風だった自分を恥じた。

 終わってみて、体がかなり疲れてたのだが、もっと大変だったのはウグイス嬢だったと思う。ウグイス嬢は三人いたのだが、選挙カーを走らせてる最中、ずっと立候補者の事をしゃべっているのだから、自分の何倍を大変だったと思う。

 ウグイス嬢の中に41歳なのに、20代か30代くらいに見えた女性がいた。美紅が気にいりそうな女性だと思った(笑)。

 初めて本格的に関わった選挙活動だったが、候補者の目線で見れたのは良かった。候補者は自分の何倍も大変だなんだろうね。

 僕は都合上今回だけだったが、投票日にはちゃんと行くつもりだ。投票日は10/6(日)だ。この日に村民が笑える日だといいね。

作者の住む地域の方が
当選致しますように。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【キャラクターからの挨拶(本山寛斗、畑鏡隆矢、芳野妙子、堀本舞子)    】へ
  • 【CHAPTER4「各々が奏でるソナタ」1】へ

~ Comment ~

NoTitle

若者か。年寄りか。
どちらを選ぶかが風土が分かるものですよね。
今まで良いと思えば、
年寄りを選び、変えて欲しいと望めば若者を選ぶ。
保守か革新か。その辺の選択肢がありますよね。

LandMさんへ

結果が出ました。どのような結果になったかは次の記事で書くつもりです。

選挙と言うものは自分に縁がなかったものだけど、自分の身近の人間が出馬する時は、やっぱ人ごとじゃすみませんね。私も微力ながら手伝った甲斐がありました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【キャラクターからの挨拶(本山寛斗、畑鏡隆矢、芳野妙子、堀本舞子)    】へ
  • 【CHAPTER4「各々が奏でるソナタ」1】へ