FC2ブログ

「Music of Life」
CHAPTER4「各々が奏でるソナタ」

CHAPTER4「各々が奏でるソナタ」2

 ←キャラからの挨拶(楷真誠良、河奈真岼、カルメン・美紅・チャン) →市議会議員補欠選挙結果発表
寛斗と隆矢が隣の生徒指導室で芳野から事情聴取兼説教を受けてるのに対し、花蓮と一美のいる生徒指導室では、数人の教師から花蓮と一美に、舞子に対しての嫌がらせに問い詰められていた。

教師達は花蓮が首謀者だとはわかってるが、Dこと冴がネットを通して判明した手段が普段では考えられない方法だったので、教師達はその点が疑問に思い、質問に時々言葉に詰まっていた。
「ほ、本当に君が首謀者なのか?」
「ええ、そうですよ」
教師の問いに花蓮は素直に答えるが、時折不敵な笑みを軽く教師達に浮かべていた。

「自分のやった事をわかってるのか?」
「ええ、わかってます」
花蓮はあっさり答えた。

一美は教師達の質問に対し、時々悪態をついていた。
「あたしがやったと言う証拠があるとか?」
一美は花蓮が淡々と答える事に対しても、少々焦りも感じていた。

やがて私服警官数人が生徒指導室の中に入ってきた。この警官達は冴から送られてきた動画をパソコンや携帯で観ており、花蓮が首謀者だとは知っていた。花蓮と一美は私服警官達に舞子への嫌がらせを問われ、事情を聞くため私服警官達に夢富警察署に連行される事になり、花蓮は表情を変えず、私服警官達に連行される事に同意した。

「触るなよ!」
一美は私服警官達に悪態を付くが、花蓮の無言の圧力を受け、抵抗するのを辞めた。
警察は学校側への配慮のため、花蓮と一美は別々のパトカーに乗せ、そしてサイレンを鳴らさず、学校を出て行った。

花蓮と一美と供に舞子や香奈に嫌がらせをしていた安恵は教室に戻るも、花蓮に利用された事で絶望感に打ちひしがれ、鞄を持って学校から姿を消したため、教師、警察は安恵の行方を追う事になった。

美波、武美、水穂、竹森は4組の教室にいたが、花蓮達の密会の動画に映っていたため、花蓮達が警察署に連行された後、生徒指導室に連れてこられ、警官立ち会いの下、屋上の事で聴取を受けていた。

美波達は花蓮の計画については詳しく知らないと言い張るが、動画が決定的な証拠となって、舞子に対する嫌がらせは知っていたと話さざるを得なかった。しかし舞子が屋上から落下した事については想定外だと言う事を主張し続けていた。
聞き取りの過程で美波が理代も仲間であると話し、理代が生徒指導室に呼び出されたが、理代は途中で花蓮のグループから抜けていたため、密会に参加もせず、内容も詳しく知らないとの事で、すぐに教室に戻った。

そして被害者でもある香奈は和世に花蓮達に受けた嫌がらせを全て話した。
自分の母親が出て行った事に関しては躊躇したが、美紅の笑顔を思い出した香奈はその事も話した。和世はその事に浮かない表情を浮かべ、警察もその事を知り、香奈の母親を保護責任者遺棄等の容疑で捜索される事になった。

香奈はその事で複雑な表情を浮かべるも、学校にも家に居場所がなく、絶望感に至っていたが、美紅と出会った事で、香奈の心に少々の希望が湧いていた。香奈のブレザーのポケットに使い捨て型の小型の盗聴器を入れていた美紅は香奈と和世のやり取りを聞き、安堵の表情を浮かべていた。

廊下を一緒に歩いてる麻岼が美紅の表情を観て問う。
「グッピーどうしたの?」
「ん、ううん。何でもないよ」
美紅は携帯をイヤホンで繋ぎ、香奈と和世のやりとりを聞いていたのだ。
「香奈の事は心配なのはわかるけど、そろそろ誠良と合流しないと」
「そうだね。カイ達どこにいるんだろ?」
美紅はこれ以上香奈の事を盗み聞きしてはいけないと思い、通信を切り、誠良達は探すため、携帯で誠良の位置をディスプレイに表示させた。

そして4組の面々は舞子に対して、花蓮達がやった事で自分達は関係ないと下條と松生に言い張った。勿論、舞子の嫌がらせについては積極的に参加してなかった人間もいるが、大部分は舞子に爆竹やゴミなどを投げた人間達だ。その事に問われると、花蓮達が怖いし、クラスで居場所がなくなるのが嫌だからと言い訳していた。その様子を観ていた音葉は呆れ顔を浮かべ、自分の携帯を盗聴モードにしていた。

担任の玉野は今だに4組に姿を見せていない。玉野は自分のクラスで起きた事に責任がとれないと思い、違うクラスの授業を行っていた。そのクラスとは誠良達のクラスの5組だった。そこに優花がやってくる。
「玉野先生。授業を切り上げて、今すぐ4組に来てくれませんか?」
「何で私が行かなきゃ行けないのよ!」
「自分のクラスで何が起こったのかご存じなんですか?貴方のクラスの女子生徒が怪我したんですよ!」
「どうせふざけてて怪我したんでしょ?高校生なんだから、それくらい自分でなんとかできるでしょ?」
優花は舞子の名前を出さず、4組の現状を語ったが、玉野は責任を回避する言葉を言った。

「もうそういうレベルの話じゃないんですよ!貴方のクラスで起きた事ですから、4組に戻ってください!」
「私は今忙しいのよ。わかるでしょ?あんた暇なんだから、あんたが行きなさいよ。その事だってあんたが去年担任してたクラスの人間がほとんど関わってるんでしょ?」
玉野の言動に優花は歯ぎしりをし、そしてそのクラスにいる生徒達は玉野の言動に呆れて物が言えない表情を浮かべてた。

「私だって暇じゃないんです!だからこうして来てるんじゃないですか?」
「何が起きたって言うの?たいした事ではないんでしょ?」
玉野の言葉に、優花は今の現状をそのクラスの人間に言う訳にはいかず、口を閉じてしまった。

「わかりました。もう結構です」
優花が怒って教室から出て行こうとしたその時、教室中で携帯の着信音があちこちで鳴り響いた。教室中がざわめき出し、生徒達が携帯を取り出し、メールを開封すると玉野の淫らな動画が添付されていた。その事で更に教室中がざわめき始めた。


玉野の淫らな出来事が、クラス中に知られる事に!


スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【キャラからの挨拶(楷真誠良、河奈真岼、カルメン・美紅・チャン)】へ
  • 【市議会議員補欠選挙結果発表】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【キャラからの挨拶(楷真誠良、河奈真岼、カルメン・美紅・チャン)】へ
  • 【市議会議員補欠選挙結果発表】へ