「私事」
日常(自分のブログや趣味など)

サッカーアメリカ女子代表FWワンバックがチームメイトと結婚

 ←市議会議員補欠選挙結果発表 →CHAPTER4「各々が奏でるソナタ」3
yahoo記事より抜粋。
アメリカ女子代表のFWアビー・ワンバックがチームメイトのサラ・ホフマンと結婚したことを自身のツイッターで明かした。現地報道によれば、今月6日にハワイで挙式したという。2人はかつてアメリカ女子プロリーグ(WPS)やアメリカ女子サッカーリーグ(WUSA)で同じチームに所属していた。今年7月には、アメリカ最大のスポーツ専門チャンネルESPNが主催するESPYアワードで2ショットを披露するなど交際が伝えられていた。

 ワンバックは自身のTwitterで「サラとともにみんなからの愛と支えに感謝します。これ以上の幸せはありません。素晴らしい1週間を過ごしました」とつぶやいた。ワンバックは2012年のロンドン五輪で5試合連続ゴールを決めるなど、アメリカ女子代表の金メダル獲得に貢献。同年にはFIFA年間女子最優秀選手賞を受賞した。

左がサラ・ホフマン。
右がワンバック。
サラ・ホフマンとワンバック

今回この記事を観た時、別段驚きはなかった。最近では欧米各国では有名人がカミングアウトして結婚に至った人もいるし、この選手がカミングアウトして結婚しても、「ああ、そうなの」って感じだ。

では何故記事にしたのか?それは自分の作品に、そういったキャラがいる事。そのキャラが大喜びしそうな記事だからと言うのと、私はサッカーが好きなのは承知の通り、この選手はゴールによる決定力が高く、好きな選手だからである。

この選手は男子顔負けに決定力がすごい選手である。現在女子代表で元米国女子代表のミア・ハムの得点158を超え、160に伸ばし、歴代最多となっている。

自分はサッカー選手は男子の方が圧倒的に知ってる選手が多いが、女子はなでしこ以外はあまり知らない。しかし私はこの選手は知ってる。いちサッカーファンも女子代表ではこの選手は知っている者も多いだろう。

この選手は男子に例えると、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのような世界的な選手だ。

女子サッカーも男子のようにマーケットが確立したら、この選手は今頃何億も稼ぐ人だろうなって思ってしまったりする。

ワンバックは現在33歳だが、現役だ。お相手のサラ・ホフマンは29歳だ。相手の人は知らない人なんだけどね(笑)。米国代表にいたかな?って思うよ。二人には幸せになってほしいな。

ゴールを決めて喜ぶワンバック。
image.jpg


さてサッカー日本代表は日本時間12日の午前0時半よりセルビアと対戦する。セルビアは今回はW杯予選は敗退したけど、2010年4月にホームで対戦した時は0-3の完敗だったし、2010年W杯でもグループリーグ敗退したとは言え、ドイツを破ってるチームだから侮れない。

しかし今回は向こうのホーム。ここで引き分け以上の結果を出さないと、W杯でも勝ちには行けない。だからこそ日本代表は是非頑張ってほしい。


自分の好きな日本代表。
そしてワンバックにエールを!
よろしければポチッと
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村



ワンバックとホフマンは
いつまでも幸せでありますように。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【市議会議員補欠選挙結果発表】へ
  • 【CHAPTER4「各々が奏でるソナタ」3】へ

~ Comment ~

NoTitle

こういうところ、アメリカは自由でいいですよね。
同性愛って、まだまだ偏見を持たれていますが、心がどうしても求めてしまうのなら、一緒にさせてあげればいいじゃん、って、私は思います。
否定して罵倒して、不幸が生まれるより、祝福して幸せエネルギーが生まれる方が、よっぽどいい。
きっとこの選手も、いいプレイをしますよね、今後。

limeさんへ

欧米諸国は同性愛を寛容にしてるところが多いです。だから有名人がカミングアウトしやすいんですね。最近の映画でも同性同士の恋愛とか描いたりしてますからね。

私は異性に心が傾きますが、心が傾くのはそういうのとは変わらんと思ってます。

ご存じの通り、私の作品でもそういうキャラを描いてます。こういうのは賛成派です。

この記事を載せたのは、記事でも書いてあったように、自分の作品のキャラ、サッカーと言う共通性があったからなんです。

私は今後もこの選手に期待してます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【市議会議員補欠選挙結果発表】へ
  • 【CHAPTER4「各々が奏でるソナタ」3】へ