FC2ブログ

「短編、SS、読み切り」
京に咲く二つの華

第三話「縮む距離」

 ←2014年W杯組み合わせ抽選シュミレーター →キャラからの挨拶(久杉武流、高階統哉、仁崎里実、蒲生音葉)
その日の夜、京都の北山の高級住宅街にそびえたつ中にオートロック式の高級マンションがあり、カルメンはそこの最上階に住んでいる。

カルメンはMSM(マイルドセブン・メンソール)を吸いながら、お笑い番組を見ていた。関西弁のお笑い番組だ。日本語をそれなりに理解できても、地方言語までは把握してなく、この番組で理解しようとしていた。今日の昼に会った未怜の事が印象にのこり、名刺を渡したが、かけてくるかわからないので、不安になりつつも関西弁を理解しようと観ているのである。

「是什么京都的语言难懂。为了有笑甚至感到好像强烈的感觉。(なんか京都の言葉ってわかりにくいわね。きついような感じでも笑いがあるように感じるし。)」
番組を観ながら、中国語でぼやいていた。

カルメンがテレビを観てる最中、テーブルに置いてある携帯の着信音が鳴った。カルメンは「まさか」と思いつつ、携帯のディスプレイの表示を観ると、見慣れない番号だ。
期待と不安が交錯しながら、ディスプレイの指でタッチして、通話をONにして携帯を右耳に当てた。
「Hello(もしもし)」
カルメンは英語で応答するが、相手からの反応がない。

「カル?カルメン?」
その言葉を聞いたカルメンは笑みを浮かべた。
「未怜?未怜さん?」
「そうや。未怜やで。未怜でええって言ったやん」
「ええって何ですか?」
「いいって意味や!未怜さんとか言わんでいいよ」
「ああそうでした。でも貴方は私より年上だし、この国では年齢主義の国だし」
カルメンは舌を出して照れながら、未怜に伺った。
「そやけど、そんな堅い事言わんでええやん。あたしらまだ知りあったばかりやけど、あんたとはそんなん関係なく話せるような気がしてんねん。だからカルもあたしと気兼ねなく話して」
「OK」
カルは未怜の頼みに快く答えた。

「それでさカル。あんたいつまでこの国におるつもりや?」
「おる?この国をどうやって折るの?」
「そんな意味ちゃうわ!いるって意味や!」
カルメンの純粋な問いに、未怜は笑いながらつっこんで来た。
「Oh!そう言う意味ね。ソーリー。まだこの地方の言語理解してなくて」
カルメンは申し訳ない表情で答える。

「まあええわ。でもそんなに日本語上手に話せるのに、なんで関西弁がわからんの?関西弁って全国的に有名やで」
「友達ならわかるだろうけど、私はどの国も標準語くらいしか理解してないんだ。まあ中国では香港と北京では全く違うし、発音だけでも全然違う意味になるしね」
「そうみたいやな。あ、話それた。カルはいつまでこの国にいるんや?」
「二か月くらいかな?」
「京都にはいつまでいるつもりや?」
「今回は私、京都に来るつもりでいたから、二か月全部滞在にするつもりでいるけど・・」
「ホンマか?」
未怜のはち切れんばかりの大きな声に、カルメンは一瞬携帯を耳から話した。

「あ、ごめんごめん。本当か?って意味や」
カルメンは問おうとしたが、未怜が先に意味を教えた。
「ええ本当よ」
「よっしゃ。・・ところでカル。京都には何しに来たん?」
「京都には数回来た事あるけど、全部二日か三日くらいなんだ。来てみていいなあって思ってね。京都って香港でもカナダでも有名だから、以前からゆっくり来てみたいと思ったんだ。だから学校の休みが長いから、それを利用して来たと言う訳」
「そう言えば、カナダとかの学校って夏休みとか長いって聞くけど、って今夏休みの季節ちゃうやん。いや・・違うやん」
「わざわざどうも・・」
未怜の訂正にカルメンは苦笑した。

「前期のセメスターでだいぶ単位とって、後期はそんなに単位とる講義がなかったし、それに学校行きながら色々やってたから、突っ走ってたって感じなんだ。だからしばらく立ち止まりたくなって、誰にも知り合いとか会わずに一人で過ごしたくてね。だから以前から気にいってた京都に滞在する事にしたんだ」
カルメンは未怜にそう説明した。カルメンの未怜の電話での会話は始まって一時間経ってた。
「そうなんや。ああもうこんな時間や。長くなってごめんな。明日も仕事あるし、早起きして旦那や子供の弁当作らなあかんから、もう切るわ。メールとかしてな」
「OK。それじゃSee you」
カルメンはそうやって通話をOFFにした。数分後未怜からメルアドを添えて、メールがカルメンの携帯に受信した。

それ以後、カルメンと未怜は毎夜、メールや電話で対話を楽しんだ。カルメンは相変わらず関西弁で理解できない言語を純粋に問い、未怜がお笑いのようにつっこんだ。
そしてカルメンと未怜が会う事が決まった。

距離が縮んでいく二人の会話。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【2014年W杯組み合わせ抽選シュミレーター】へ
  • 【キャラからの挨拶(久杉武流、高階統哉、仁崎里実、蒲生音葉)】へ

~ Comment ~

NoTitle

そういえば、私の友達でも中国から来た人で、英語と日本語と中国語がペラペラの人がいますね。考えてみると、すごいことですよね。。。。私は日本語しか話せないからなあ。。。

LandMさんへ

私も日本語しか話せませんよ(笑)。何カ国も話せればすごいですよね。私もカルメンみたいに何か国語を話せればいいなあって思って、作ったキャラです。

このようなバイリンガルな人っているようで、なかなかいませんよね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2014年W杯組み合わせ抽選シュミレーター】へ
  • 【キャラからの挨拶(久杉武流、高階統哉、仁崎里実、蒲生音葉)】へ