「サッカー」
サッカー日本代表

サッカーオランダ戦×欧州PO

 ←第七話「咲き開く華」(R18) →サッカー日本代表年内最終戦。W杯予選最終戦。
昨夜、日本時間21時より、日本はオランダとの試合があった。

この試合は来年のW杯で戦う新ユニフォームのお披露目となる試合。その試合が世界でもトップ10のオランダが相手とある試合だ。

ユニフォーム観てもいいなあって思うけど、肩に横切ってるラインがあちこちに破れてるじゃないか!って思ったよ。ちゃんとプリントしてユニフォームを製造しろよって思いました。

オランダとは今回で三戦目、過去二戦は2009年に積極的な攻めも、後半疲労したところを突かれ、3-0の敗戦。そして2010年W杯で1-0の敗戦。今回は三度目の正直とは言え、勝利とは言わず、たとえ負けても点は獲ってくれと思ってた。

ここ最近の日本代表の試合はふがいなく停滞感があり、この試合でもそれが出てしまうかが不安だった。メンバーも固定だったしね。

しかしスタメン観ると、GKに西川、ボランチに山口、MFに清武、1トップに大迫が入っていた。いつもの香川、遠藤、川島、柿谷はベンチだった。オランダ相手に思いきった事するなあって思った。しかし肝心のDF陣はいつものまんま。吉田や今野は変えたらどうだって思った。

対するオランダもファン・ペルシが怪我で離脱。でもそれでも代表メンバーは若手ながらも実力派揃い。

試合は前半から日本ペースも一瞬に隙をつかれて、ファン・デル・ファールトのゴールで失点。そしてまたもロッベンのスーパーゴールで失点。

オランダは過去二戦で相手の出方を伺いながら、隙あれば攻めて来ると言う感じだった。今回はそれが後半に出てたけど、それが前半早々に出てしまった訳だ。

しかし前半終了間際に長谷部の飛び出しから、大迫が綺麗に決めて1点返す。そして前半終了!

大迫のゴールシーン。
大迫

解説の松木さんも「さっきのロッベンのスーパーゴールより、こっちが綺麗じゃないの」って言ってた。自分的には日本が食らいつくきっかけとなったゴールと言えよう。

後半も日本ペース。そして綺麗なパスワークで本田が二得点目。後半は日本がオランダを慌てさせ、何度も日本のチャンスが出て来る。そして後半、大迫と交代で入った柿谷が決定的シーンも外してしまう。あのシーンは自分も「来たー」と思って、人差し指を天に上げたが、外れてたのを観て、がっくりした。

同点ゴールを上げた本田
G20131116007026310_thum.jpg


そして試合終了!強豪オランダ相手に2-2のドローです。ただオランダがほぼ若手主体で臨んでた事、調子が良くなかった事もあり、日本はチャンスがオランダよりもあったにも関わらず、決め切れないかった事により、勝利を逃したのは良くなかったと思います。

ザッケローニもいい表情してなかったし、選手達も満足してなかったですからね。

ただキャプテン長谷部からチャンスが生まれたのは良かったし、香川もマンUの試合に出れるようになったおかげでコンディションが戻ってたのは良かった。そして遠藤の重要性がわかった事ですね。

今回はメンバーを有効に使ったのも良かったです。

ここずっと点も獲れずに負けていて、停滞感が漂ってましたが、これで立ち直るきっかけになったと思います。

次戦は近年延びてきたベルギー。W杯でもシード入りしている国だ。しかし親善試合で同じくシード入りしているコロンビアにホームで2-0と破れている。付けいる隙はある筈だ!年内最後の試合をいい形で終わってほしいと願う。

ベルギー戦は日本時間20日早朝5時キックオフ!

さて15日に行われた欧州プレーオフ!

まずはギリシャ対ルーマニアは3-1でギリシャの勝利!ミトログルが2得点!この選手聞いた事あるような気がします。

そしてアイスランド対クロアチアは0-0のドロー!ホームでの試合とは言え、クロアチア相手に健闘したと言えよう。

ポルトガル対スウェーデンは注目のクリロナ対イブラは後半37分にクリスティアーノ・ロナウドのヘッドで1-0の勝利!

先制点を決め、
ガッツポーズをするC・ロナウド(一番左)。
G20131116007022200_thum.jpg

そしてウクライナ対フランスはなんと2-0でウクライナが勝利し、フランスが敗れると言う波乱!EURO2012の時は相手のホームで2-0で勝ったと言うのに、これを同じ形でやられたってと言う印象を受けた。

フランスは94年W杯予選で出場権を逃して以来の黄信号が出てきた。

しかしまだわからない。第二戦は11/19にキックオフとなる。

アフリカ最終決戦もどうなるか楽しみだ。



スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【第七話「咲き開く華」(R18)】へ
  • 【サッカー日本代表年内最終戦。W杯予選最終戦。】へ

~ Comment ~

小国希望の星

 アイスランド凄いですね。ホームとはいえ、クロアチア相手にドローですか。もしかしたらもしかしますね。是非がんばって欲しい。人口僅か20万人・・・と思ってたら今は32万人居たんですね。でも、それでも32万人!驚愕の数字です。日本で一番人口の少ない鳥取県ですら60万人近く居るのです。つまり、アイスランドがワールドカップに出場するということは、鳥取県東半分の代表がワールドカップに出るようなもの。これは勇気が湧きますな。がんばれー。
 でも、相手のクロアチアの人口も僅か420万人の立派な小国。先日日本と戦った強豪オランダにしても人口1,660万人、ウルグアイに至っては人口たったの330万人と茨城県よりチョイ多い程度。やはりサッカーの強さは人口とは関係ないのですね。
 ところで、フランス崖っぷちカフェーですな。予想していたとは言え、このまま消えてしまうのも残念です。是非がんばって欲しい。いあ、ウクライナも嫌いじゃないので消えて欲しい訳じゃないんですがね。やっぱりあの国の美人さんは捨てがたい。(オイ、オイ)
 そして我が一押しウルグアイ。南米予選で大陸間プレーオフに回るという、シード候補としては屈辱の順位に甘んじたウルグアイですが、ヨルダン相手にアウェーで5-0だって。圧倒的じゃないですか。もう決まりだ決まり。やはり他大陸に行ったらレベルがぜんぜん違います。まあ、それだけ南米が魔窟だって事なんでしょう。日本はアジアで本当に良かった。

miss.keyさんへ

アイスランドは場所の関係で、それくらいの人口でしょうね。以前にも言いましたが、アイスランドにはグジョンセンと言うバルサで活躍した選手がいます。クロアチアは調子が良くないとは言え、強いのは変わりませんが、そこをつけるかもしれません。スイスと同組でしたが、ノルウェーとかのW杯出場国を蹴散らしてのプレーオフ進出ですからね。監督は母国スウェーデンを10年くらい率いてたラガーベックですから、経験豊富な方です。是非頑張って出場権を得てほしいです。

そうですね。確かにサッカーの強さと人口は関係ないと思います。育成がしっかりしてるんですね。日本でも静岡がサッカー県と言われるように。

フランスの強さは両極端だと思います。強い時はベスト4に入ったりしますが、弱い時は予選すら突破できませんからね。今回敗退すると主要国際大会での敗退は20年ぶりだそうです。

ウクライナはシェフチェンコいなくても何気に強いですね。ウクライナの美人さんはEURO2012を観た時に観ましたが、本当に美人さんでしたね。

ウルグアイは毎回プレーオフですが、南米予選は長いので、短期決戦には強くても、長期的な戦いには合ってないのかもしれませんね。スタートは良かったですが、途中で駄目になった感じです。戦術も研究されたんでしょうね。
私としては今回は南米で唯一出場経験のないベネズエラに頑張ってほしかったですね。ウルグアイはほぼ決まりだと思いますよ。そしてシード国になるでしょうね。

アジアも厳しいですが、他大陸に比べると緩いほうですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第七話「咲き開く華」(R18)】へ
  • 【サッカー日本代表年内最終戦。W杯予選最終戦。】へ