FC2ブログ

「私事」
日常(自分のブログや趣味など)

11月の終わりから12月の始まり。

 ←「Music of Life」の今と過去4 カルメン・美紅・チャン。敵側について一部。 →遂にiphone(スマホ)購入しました。
11月も後少しで終わりです。そして12月に入り、今年も残すところ後一カ月となりました。

11月は短編書いてた事もあって肝心の長編が進みませんでしたね。って言っても長編に行き詰り、短編でも書いて気晴らそうと思いました。

同じものをずっと書いてると、なんかそれが当然となってしまうんですよね。と言っても「Music of Life」は好きな作品だし、ずっと自分の頭で思い描いた作品ですからね。

短編を書きましたが、物語は短くていいし、書くのに結構はかどりましたね。短編であるが故に話を短くまとめるのは大変でしたけど(笑)。

短編を書き終えて、長編を再開しますが、ここでまた新たなキャラクターを入れようと思ってます。

キャラクター紹介にも書いてませんが、そのキャラはあるキャラがモデルになっています。

ここで皆さんは「シバトラ」と言う漫画を知ってますか?

とあるネットの記事から抜粋。

2006年から2009年46号まで講談社『週刊少年マガジン』で連載されていた漫画作品。『サイコメトラーEIJI』、『クニミツの政』などを手がけた、安童夕馬(原作)・朝基まさし(作画)タッグの作品。2008年7月にはフジテレビ系列でテレビドラマ化された。

交番勤務の警官・柴田竹虎。超童顔で中坊にしか見えないが、誰よりも正義に厚い! 少年係刑事になることを目標に、街で日々巻き起こる問題に竹虎が立ち向かう!! 様々な事件渦巻くストリートへ少年係刑事・タケトラ出動!!


私は『サイコメトラーEIJI』、『クニミツの政』が好きでした。とある漫画喫茶でこの二人の作品だとわかり、読んでみたらはまっていきましたね。主人公の竹虎は超童顔で中坊しか見えないけど、果敢に少年犯罪に立ち向かい、被害者だけでなく、加害者の心のケアまでする。まだ22歳と若いのに、結構しっかりしてるなあって思いましたね。そして何よりも人を信じると言うのはどうかなって思いつつも、この主人公は本当に人が好きなんだなと言う印象ですね。

竹虎は少年時代に剣道日本一となり、その剣さばきも素晴らしかったですね。長い棒を使わず、ペンのような短いもので、相手の急所を突く技術は素晴らしいです。

私は以前にも言いましたが、主人公よりも脇を観る方です。この主人公も好きなキャラですが、中学生編で出てきた武良(むら)と言うキャラが好きですね。このキャラは何を考えているのか分からない一面もあるが、常に自分の中の正義を行動原理とする強さを持つ。自分の信念で動いてる感じですね。

この武良(むら)の行動原理は「Music of Life」の主人公、楷真誠良を作る際に参考になったキャラです。彼も独特の正義と信念を持っているキャラですからね。
武良は作品内で河東学人(かとう がくと)と町田リカに「俺達三人が集まれば何かできる気がしないか?」と言う台詞はグッと来ますね。誠良の仲間達もそんな彼の呼びかけに集まったキャラ達です。

この作品は連続ドラマにもなっていて、スペシャルドラマ2回の放送があります。
ドラマでは作品内でそんなにでかい事件でない話をでかい事件として描いたりしましたからね。竹虎の同級生藤木小次郎が、ドラマでは32歳で、竹虎の頼れる兄貴分としての設定も面白いと思いました。
原作も少年漫画か?思われるくらいにシリアスに描いてますが、ドラマはもっとスケールのでかい事件が描かれたり、主要キャラがまさかと思われる展開は驚きました。

前置きが長くなってしまいましたが、今回この「シバトラ」の主人公、柴田竹虎をモデルにしたキャラを女性に設定して、この「Music of Life」に出そうと思ってます。

「Music of Life」は主にいじめや少年犯罪を描いてるし、この「シバトラ」に共通するものがあると思います。私もこの柴田竹虎のようなキャラはこの物語にぴったりと思い、出す事も考えてました。

ただこの物語はキャラも多いために、書いていくとこのキャラは必要なのか?と思い、出演を見送る事にしましたが、これから少年犯罪の傾向が高くなるにつれ、このキャラは必要だと感じました。

この女性の名前は柴松小梅(しばまつ こうめ)。竹虎と同じく童顔で、私服だと女子高生と間違われる。剣道の有段者で、少年犯罪に果敢に立ちむかい、被害者だけでなく加害者と向き合うところが一緒です。

ただ竹虎と違うのは彼女は大学を卒業していて、警察には専門職として採用され、準キャリアで階級は警部補です。

小梅と立ち位置は誠良達の担任だった優香と大学の同級生で、ナツキは先輩に当たります。寛斗、隆矢とも知り合いで、妙子の事も知っています。生活安全課に所属し、妙子の伯父、芳野の部下です。

まあこんな感じですね。このキャラも今後はこの「Music of Life」に関わってきます。どうぞお楽しみに。

この物語の主人公が女性として設定され、
 「Music of Life」に参戦。
一番右がモデルになった柴田竹虎。
シバトラ

新たなキャラをよろしくお願いします。
よろしければポチッと
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【「Music of Life」の今と過去4 カルメン・美紅・チャン。敵側について一部。】へ
  • 【遂にiphone(スマホ)購入しました。】へ

~ Comment ~

NoTitle

男性キャラを、女性に置き換えての出演ですか。
そういうキャラ設定も楽しいかもしれませんね。
自分の生み出したキャラでも、なんとなくあの漫画の、あの人のイメージ・・・というのは、ありますよね。そのほうがイメージをつかみやすいかも。

私はよく、実際の役者さんをモデルにします。
それもまた、楽しいです。

少年雑誌はあまり買わないので、この作品も知らなかったのですが、女性にも親しみやすい、可愛らしいタッチですね。
新キャラも、楽しみにしています。

limeさんへ

まあよく映画でも原作では男性だったのが、華を持たせるために、女性に変更して製作したりするのが、ありますからね。

この漫画を読んで、このキャラを女性に置き換えたらどうだろうって事で、作る事にしました。最初は見送ってたのですが、この物語の性質上、このキャラの設定を変えて出す事にしました。

やっぱり好きなキャラや役者、自分が会ってきた人物を、自分の世界で活躍させたいと言うのは誰にでもありますね。

この漫画の主人公は可愛い系で描いてるので、女性にも親しみやすいと思いますよ。

NoTitle

シバトラはなんとなくは知ってるんですが、実際に読んだ事は多分なかったかと思います。

ドラマの方はちょこっと見たような。小池徹平君でしたよね♪
かわいかった(笑)

すごいですね。なんか性別変えてとかって私には全く思いつかないですね(汗)でも確かにガリレオのドラマとかって勝手に刑事役の人の後輩の女性刑事が相棒になってたりしますもんね。

こちらでも同じく華を添える為に?(笑)
いえ、華は既にいっぱいありますね(笑)
  • #399 ぐりーんすぷらうと 
  • URL 
  • 2013.12/02 18:10 
  •  ▲EntryTop 

ぐりーんすぷらうとさんへ2

こちらの記事にもコメントありがとうございます。
しかも以前より前のコメントがあったと気付かなくて申し訳ありません。

自分もシバトラを知ったのは連載よりもだいぶ後ですね。当時放送してたドラマは観てなかったけど、後にコミックで発見して、そして作者で読み始めました。ドラマは後に再放送で観ました。ドラマは小池徹平の初主演作です。

ドラマや映画でも男性役を女性役に変更する事がたまにありますね。

ガリレオはドラマで華を持たせるために、オリジナルのキャラを作り、そのまま小説にも出ました。

今回のは自分にとって初の試みです。この漫画を読んだ時、このキャラが女性だったらな思って、今回のような形になりました。

私は男性、女性と偏らせたくないので、華はいっぱいあります。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「Music of Life」の今と過去4 カルメン・美紅・チャン。敵側について一部。】へ
  • 【遂にiphone(スマホ)購入しました。】へ