FC2ブログ

「短編、SS、読み切り」
彼と彼女

「遥か彼方にいた貴方 礼美×七恵」

 ←日本、NZに4-2の勝利も課題。後半は得点なく劣勢に。 →あとがき
今回のSSはある事情でR要素が入ってます。苦手な方は閲覧にご注意ください。らくがき妄想

髪の長い女性・礼美とショートカットの女性・七恵は京都のどこかのマンションの一室にいた。七恵はマンションに着くなりあちこちに行った疲れから横になって寝てしまった。
「ねえねえ七恵。何寝てんのよ。起きてえな」
礼美は寝てしまった七恵を揺らしながら起こす。

「う、うーん」
七恵は反応したのか、体の向きを変えた。変えたと同時に左手を大きく振るってしまい、礼美の左胸に左手が触れてしまう。
「キャッ!」
礼美は恥ずかしそうな顔を浮かべるが、すぐに顔が笑顔になり、七恵の左手を両手で優しく包む。

「七恵ありがとうな。こんなおばさん好きになってくれて。あたしの胸に触れててええよ」
礼美は感謝の言葉を述べ、礼美に触れているからか?感謝の言葉からか?七恵は笑顔を浮かべながら眠っていた。

礼美は昔から女の子が好きだった。でも自分の思春期の時期はそういうのは許されない事だったし、世間に受け入れてもらえなかった。そして時が流れ、携帯やネットの流通。時代の流れで変化していくそういった世界での考え方が寛容となり、自分に少しでも正直に生きたいと思い、相手を探し続け、七恵に出会って今に至る。

「ううう、うん」
七恵は寝声を上げながら、左手がわずかに動き始め、礼美の左胸を揉みだす。礼美は一瞬驚くが、愛情を感じ、笑みを浮かべた。
「七恵は寝とっても、あたしの事考えてるんやな。ん?」
礼美は七恵の寝顔を観ようとしたら、微かに官能的な笑みを浮かべてた。

「七恵。あんた本当は起きてんのとちゃうの?」
礼美は呆れ顔で、右手で七恵の頬を軽くはたいた。
「うーん。ばれてた」
七恵はゆっくりと目を覚ましながら、礼美に軽く笑みを浮かべた。

「あんた寝ててもあたしの事、思ってくれてるんやな。嬉しいわあ」
「ごめんね礼美さん。寝てしまって」
「ええよ。寝ててもあたしの事思ってくれてるのわかったから。無理せえへんでもええけど、目覚めた状態であたしの事抱いてくれへん」
「ええよ。礼美さんを抱きたくて、目を覚ましたんやから」
七恵は体を起して、美礼を抱きしめ、唇を交わした。

“長い時間を要して探してた自分の本当の恋人。ずっと遥か彼方にいたけど、今は自分の目の前にいる”
礼美は七恵と唇を交わしながら、その思いに浸り、幸せを感じてた。


(今回のSSについて)
この話は私が現在交流しているブロガーさんのブログを見て、それを自分的にSSにしました。
このSSは最初からこちらのブログに載せてもいいとの事で、こちらに載せる事になりました。

この方のブログを読んで、ずっと思いを抱いていたけど、なかなか実行する事ができなかった。でも年月を重ね、守るべきもの、居場所はあるけれど、自分に正直に生きたいと言う気持ちに、私は感心を抱きました。

今回はこのSSシリーズで初めて京都と言う場所を記載し、台詞は関西弁になりました。この話を書いていて、去年の11月に書いた「京に咲く二つの華」を思い出しました。

この話を持ち込んで、先方様から前向きな返答を頂きましたが、こちらの忙しさでなかなか書く事ができず、先方様に申し訳なかったと思ってます。
そして今やっと形にする事ができました。

今回のSSになったブログ「遥か彼方への君へ2」はこちらへ
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【日本、NZに4-2の勝利も課題。後半は得点なく劣勢に。】へ
  • 【あとがき】へ

~ Comment ~

ありがとうございますm(_ _)m

私事でゴタゴタしており、きっちりとお礼を述べるのが遅くなり、申し訳ありません。

カノさんと読ませていただき、素敵なSSを書いていただけて、幸せやね♡と話しておりました。

ちょっと揉めていた私達ですが、礼美×七恵みたいに仲良く過ごしていきたいです!

私達を使って戴いて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

朝霧彌黎さんへ

返信遅くなって申し訳ありません。

彌黎さんのブログ読んでカノさんとそんな事があったんだと驚きました。人間生きていれば色々あるものです。でもそれを乗り越え、愛を深めていくものだと思います。

このSSがお二人の愛を更に高めていく手助けになれればと思ってます。

ご協力ありがとうございました。

鍵コメNさんへ

こちらこそ返信遅くなって申し訳ありませんでした。

こちらこそはじめまして。こんな拙いブログに来ていただき、コメントも書いてくれるなんて本当に嬉しいです。

以前のお話を読まれたんですね。その方のブログを読んで自分的に「これは?」と思った瞬間、自分的に脳内がぐるぐる回り、自分の作品に出しました。

理解されないかもしれない?この世は理解のできない事だらけ。私なんてもっと理解できない人間かもです(笑)。
この縁を私も大切にしたいと思ってます。

サッカー好きなんですね?私もサッカーそんなにわかる方ではありませんよ。どちらかと言えば娯楽として楽しんでる方です。サッカーとかスポーツは脚本のないエンターテインメントだと思ってます。W杯は楽しみです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日本、NZに4-2の勝利も課題。後半は得点なく劣勢に。】へ
  • 【あとがき】へ