FC2ブログ

「サッカー」
その他のサッカー関連記事

マンUのモイーズ前監督 10カ月で解任も“高額退職金”ゲット

 ←香川 今季3アシスト目!マンU ギグス暫定監督、白星発進  →バイエルン ホームでまさかの大敗…
(yahoo記事より抜粋)

成績不振で22日に解任されたマンチェスターUのデビッド・モイーズ前監督(51)が“高額退職金”をゲットした。

 イングランド監督協会が25日、両者が退任の補償金で合意したと発表。英紙デーリー・メールによると、5年残る契約の“解約金”は450万ポンド(約7億7400万円)。モイーズ前監督は名門で今季無冠に終わりながら、就任10カ月で給与を含めて700万ポンド(約12億円)を得たという。なおモイーズ前監督は、トットナムの来季監督候補と報じられている。


この記事を観て、私はファンは「あれだけの事をしておいて、金もらうなんて納得できない!」って思う人間もいる事だと思った。
でもこれは仕方ない事なのだ。契約は6年。契約期間中になんらかの形で辞めさせるにしても、雇用元は違約金を払わなければならない。

例えばスマホ購入の時や、パソコンのプロバイダー契約に関しても2年以内の解約は違約金が発生するのと同じようなもんなのだ。特に金が大きく動く世界ではよくある事なのである。

モイーズが解任された時に私は記事にするかどうか迷ったが、私も私的多忙だったし、そうこうしてる内に時間が過ぎてしまった。でもこの記事を観て、モイーズの事を私的に書きたいと思い、記事にする事にした。

私はこの監督の事はよく知らないが、エバートンで10年以上監督をやってた人なのだ。その間に三度も”最優秀監督賞”を授与してるのだ。
確かにそれなりの実績を残してなければマンUと言うビッククラブの監督に選ばれる訳ないだろう。

しかしこの監督がマンUの監督になった時、懸念が生じていた。モイーズはエバートンでは縦ポンサッカーを好み、このやり方でエバートンを中位、あるいは上位近くまで押し上げていたのだ。
そしてこの戦術が香川に合わないとまでも言われるようになった。
シーズン始まるとそれが悪い形で出始めた。

モイーズがユナイテッドで達成してきた「記録」(yahoo記事より抜粋)

ユナイテッドはプレミアリーグでの最小勝ち点を更新することが決定。

チャンピオンズリーグ出場権を獲得できなかったのは1995年以来となる。

ホームでの成績は過去10年間で最悪。

2001年以来となるリーグ3連敗。

FAカップ3回戦での敗戦は、ファーガソン時代には一度しかなかったこと。

スウォンジー・シティにホームで史上初の敗戦。

ニューカッスルにホームで1972年以来の敗戦。

ウェスト・ブロムウィッチにホームで1978年以来の敗戦。

ストーク・シティにリーグ戦で1984年以来の敗戦。

マンチェスター・シティ戦でのエディン・ゼコのゴールは、ユナイテッドにとってプレミアリーグで初の前半1分の失点。

マンチェスター・シティとリヴァプールがともにユナイテッドに2勝したのはプレミアリーグ初。

エヴァートン、マンチェスター・シティ、リヴァプールが揃ってユナイテッドに2勝したのはプレミアリーグ初。

エヴァートンがユナイテッドにリーグ戦で2勝したのは1969-70シーズン以来。

エヴァートンとリヴァプールがともにユナイテッドに2勝したのはプレミアリーグ以前も含めて初。


ビッククラブでこんな記録作ったらクビも当然やわなって思う。マンUは今季は5位以内も入れなかった。これがエバートンなら許されるだろう。でもマンUでは許されないのだ。

私はファーガソンがいた26年の後を継ぐのは並大抵ではないと思ってる。今季優勝は無理でも攻めてCL出場権の4位以内に入らなければいけないだろうと思う。

私はマンUのファンではない。でも今は香川が所属してるから応援している。私はマンUが負け続ける事よりも香川を使わない事に怒りがあった。しかし最近は香川が試合に出てたから、しびれは少しずつ引いていったが(笑)。

あんだけ結果が悪いのによくクビにしないなって思った。先週解任が発表された時は「やった」と思う反面、おせーよ!とも思った。

マンUの負の遺産が一気に出てきたとも言えるだろう。モイーズだけでなく、首脳陣にも責任はある。

現在首位を走ってるリバプールもここ何年かは低迷していた。マンUも今や変革期なのだ。それをうまくやらないと来季も低迷してしまうだろう。

モイーズがトットナムの監督になる可能性があると言うが、あのクラブもトップ5に入る力のあるクラブなのだ。大丈夫かって思う。
能力がない訳ではないが、ビッククラブでの監督は荷が重すぎたんだと私は思ってる。


モイーズはマンUに来て
悩み続けてるような感じに見える。
デビット・モイーズ




スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【香川 今季3アシスト目!マンU ギグス暫定監督、白星発進 】へ
  • 【バイエルン ホームでまさかの大敗…】へ

~ Comment ~

濡れ手に粟

 こんにちは。
 うーむ。この高額退職金を見ると、さっさと首になって次に渡り鳥した方がよほど儲かりますな。
 マンUは契約の際にこの条文を付け加えるべきでしたね。
「記録的成績不振の歳には違約金なしに解雇できるものとする。」
 しかし経営陣はこの大損失の責任を取らんのだろうか。

miss.keyさんへ

コメントありがとうございます。
ビッククラブとなると大金が動くし、致し方ない事ですが、モイーズはクラブをあそこまで低迷させた。すなわち損害を与えた事になりますからね。でもモイーズの責任だけでなく、経営陣の責任でもありますからね。選手の獲得もうまくいかなかったみたいですからね。

詳細はわかりませんが、クラブの監督だと途中で解雇の場合は違約金を支払う事になってるそうです。途中で辞めさせたら、高い金が動いてるし、金で納得させるんじゃないですかね。

経営陣はどうなんでしょうね。なんらかのバッシングは行くでしょうけどね。

インテルやミランの経営陣は変わるみたいですが・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【香川 今季3アシスト目!マンU ギグス暫定監督、白星発進 】へ
  • 【バイエルン ホームでまさかの大敗…】へ