「サッカー」
サッカー日本代表

[アジア大会]U-21代表はイラクに3失点完敗、リベンジ果たせず

 ←第2話「突然の出会いにて」 →日本、ネパールに4-0快勝で決勝T進出!25日にパレスチナ戦/アジア大会
ゲキサカより抜粋。

[9.17 アジア大会GL第2戦 日本1-3イラク 高陽]

 U-21日本代表(勝ち点3)は17日、アジア大会グループリーグ第2戦となるイラク(勝ち点3)戦を迎えた。イラクに勝てばGL首位通過が決まる状況だったU-21代表は、先制を許しながらもMF中島翔哉の得点で1-1として前半を折り返す。しかし、後半にイラクに2点を奪われて1-3で敗れた。

 12年のAFC U-19選手権準々決勝、そして今年1月のAFC U-22選手権準々決勝で敗れている因縁の相手に対し、U-21代表は初戦クウェート戦の5-4-1から4-3-3にシステムを変更。メンバーもFW野津田岳人からMF矢島慎也、DF西野貴治からDF遠藤航に代えて、この一戦を迎えた。[スタメン&布陣はコチラ]

 U-21代表でアジア大会に挑んでいる日本に対し、イラクはU-23代表、さらにオーバーエイジ3選手を起用。そして、そのイラクに前半12分、先制を許してしまう。右サイドから送られた相手のクロスボールにDF室屋成が反応するも、クリア小さくなってしまい、セカンドボールをMFフマーム・タリク・ナウーシュに蹴り込まれてゴールネットを揺らされた。

同点に追い付きたいU-21代表は前半18分にCKの流れからDF植田直通が狙うもジャストミートできず、シュートは枠外に飛んだ。その後も最終ラインまで圧力をかけてくるイラクの素早いプレスに苦しみ攻撃の形を作れず、逆にテンポの速いパスワークに後手に回り押し込まれる時間帯が続いた。

 しかし前半37分、U-21代表の背番号10が同点ゴールを叩き込む。最終ラインのDF岩波拓也から打ち込まれた縦パスを、右サイドのMF矢島慎也がワンタッチでゴール前に流す。すると相手DFと競り合いながらもボールに反応したMF中島翔哉が冷静に右足で流し込んで、スコアを振り出しに戻した。

 後半を迎えて勝ち越し点を奪いたいU-21代表だったが、後半立ち上がり失点を喫してしまう。後半4分、ゴール前でパスを回されると、右サイドのMFアムジャド・カラフのクロスからDFアリ・アドナンに決められて、1-2と再びリードを奪われた。

 反撃に出るU-21代表は、後半14分にMF原川力のパスから抜け出した遠藤が強烈なシュートを放つも相手GKの好セーブに遭い、直後のプレーでは右サイドからのクロスを植田がヘッドで合わせるも枠を捉え切ることができない。すると、手倉森誠監督が動く。同16分、MF原川力に代えてFW野津田岳人を投入し、システムを4-2-3-1に変更した。

 攻勢を掛けるU-21代表は、後半17分に交代出場した野津田がミドルシュートでゴールを脅かすもGK正面に飛んでしまう。同18分には右サイドを突破した中島のグラウンダーのクロスを、ゴール前でフリーになった矢島が右足で狙うもボールは枠上に。さらに同23分には野津田のパスに反応した中島が決定機を迎えたが、シュートはGKにセーブされた。

 猛攻を見せたU-21代表だったが、後半27分にアリ・アドナンに直接FKを決められてリードを2点差に広げられてしまう。その後、最後までゴールを狙うも、スコアを動かすことができず。1-3のまま逃げ切れられ、イラクへのリベンジを果たせなかった。

イラクに破れて沈むU21代表。
敗戦のU21代表

ここからは自分の感想。
イラクとはU19アジア選手権。U22アジアカップのベスト8で敗れている因縁の相手。
グループリーグで同居する事になり、いきなりの対戦となった。

今度こそ勝ってくれるかと思いきや、いきなりの失点!前半の内に1点返すも、後半に2点獲られ、敗戦となった。
今回のイラクはOA枠を使ってない日本に対し、思いっきりOA枠を使ってきている。
あのイラクの英雄、ユニス・マハムードもOA枠で出てるのだ。マハムードはアジアカップ2007で優勝の立役者となった選手だ。もう31歳だが、彼がいる事で選手達は精神的支柱となるのだろう。

日本は初戦の3-4-3から4-3-3にシフトして挑んだ。システム変更で思うように行かず負けてしまったのか?どうかわkらないが、この時のイラクは強かった。ワールドユース2013でベスト4に輝いている実績も生きてきてるのだろう。

でも日本はこういった国にも勝たなければ世界にいっても弾き返されるだけだ。
私は優勝は期待してない。今大会はリオ五輪に向けての強化だと思ってる。この経験を活かし、最終戦ネパール戦に挑んでほしいと思ってる。
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【第2話「突然の出会いにて」】へ
  • 【日本、ネパールに4-0快勝で決勝T進出!25日にパレスチナ戦/アジア大会】へ

~ Comment ~

残念

 こんにちは。苦手チームを作るのは良くないですなぁ。相手は生きるか死ぬかの地で頑張っているチーム。サッカー取り組む姿勢が違うのかもしれません。総合的な環境を考えれば、最終的には日本代表の方が強くなれるのかもしれませんが、この年頃の選手はまだ甘いのかもしれませんね。
 マラソンなど見ても、社会人はゴールの際に倒れませんが、大学生はほぼ必ず倒れ込みます。日本人は成熟するのが他の国の人々に比べて遅いのかもしれません。ですがサッカーではそれでは峠を過ぎてしまう可能性が有ります。悲しいかな。

miss.keyさんへ

日本は他国に比べると恵まれてるし、設備、環境も整ってる。最終的に伸びていくのは日本でしょうが、それ故にどこか甘くなっていくところがあるのかもしれませんね。
サッカーの環境が整ってるチームはこの世代でもフル代表に名があるし、ビッククラブでもレギュラーだったりします。日本は育成部分でまだまだかもしれませんね。

マラソンは確かにそうですね。社会人は倒れない。大学生は倒れる。人生経験の差とも言いましょうかね。最近では日本人は世界に活躍してないのもそういったのもあるんでしょうね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第2話「突然の出会いにて」】へ
  • 【日本、ネパールに4-0快勝で決勝T進出!25日にパレスチナ戦/アジア大会】へ