FC2ブログ

「私事」
日常(自分のブログや趣味など)

香港民主化デモ

 ←日本代表に香川やハーフナーらが復帰…ジャマイカ、ブラジルと対戦 →シンガポールナショナルスタジアム
香港では28日、民主化を求める抗議参加者たちが街頭に殺到して幹線道路を封鎖し、普段人々で賑わう主要な地区をマヒ状態にした。当局による催涙弾などの実力行使に対し、抗議参加者たちはゴーグルを着用したり、差した傘を自衛の道具にしたりして抵抗した。抗議行動への参加者は翌29日にさらに増え、中国政府にとっては1997年に香港が英国から返還されて以来、最大の政治的な難題になっている。以下は、香港で何が起きているのか、なぜそうなったかを説明する5つの事情だ。

1.人々はなぜ抗議しているのか
 大ざっぱに言えば、抗議運動は香港の完全な民主化への要求だ。具体的には、中国政府が8月、香港のトップである行政長官を選ぶ2017年の選挙候補者の選択を制限する決定を下した。これに対し香港の民主派は、この決定を撤回するよう要求している。

2.香港の現行政治制度はどうなっているのか?
 「1国2制度」という原則と、「基本法」と呼ばれるミニ憲法の下で、香港は、外交関係と国防を除き「高度の自治」を与えられている。実際には、行政長官は、北京派議員と財界指導者で構成される委員会によって指名されており、中国政府に恩義を受けている。一方、基本法では、次回選挙では「直接(普通)選挙」を認めるとしてきた。

3.選挙投票が認められているなら、人々はなぜ不満なのか?
 中国政府は、行政長官に出馬する候補者は誰でも「愛国的」で「香港とこの国(中国)を愛していなければならない、と述べている。それが、行政長官を現在指名しているのと同じ1200人の委員会に対し、候補者を指名する力を与えている。民主化活動家は、この取り決めは、どの候補者も指名されて中国政府に恩義を感じることになるだろうと述べ、香港が享受している相対的自由を一段と損なうと主張している。活動家たちは、2017年の選挙で「純粋な選択」を望んでいる。つまり、直接投票による指名だ。

4.誰が抗議運動を組織しているのか?
 それは必ずしもすべて明確ではない。先週、大学生と中高生が民主化支援のため授業をボイコットした。行政府庁舎周辺での学生と警官隊の衝突のあと、金融街・中環(セントラル)を封鎖して民主化を求めようという急進的民主派団体「中環占拠」が参加した。しかし、自然発生的に至るところで抗議行動が起きているようで、香港市内の多くの地区を占拠している。

5.抗議行動が成功する公算はあるのか?
 中国政府は、たとえ譲歩するとしても、それほど大きく譲歩する公算はほとんどない、と多くのアナリストはみている。抗議運動参加者の人数は何万人にも上っているが、世論調査では香港市民700万人の大半は、経済界の多くの有力者たちを含めて、中国本土と公然と対立することには反対している。米国や英国など他の諸国もまた関与に消極姿勢だ。ある種の妥協は依然として可能だ。だがそれがどのようなものになるかについてコンセンサスはほとんどない。

民主化を求め相当数の香港市民。
香港デモ

ここからは自分の感想。
この香港デモをこのブログに出したのは、別に私は政治にそれほど関心がある訳ではない。
私は昔からこの香港に関心を持っていた。香港映画もジャッキーを中心に色んな作品を観た。
私の書いてる小説に美紅ことカルメン・美紅・チャンと言うキャラがいる。美少女で令嬢、でも破天荒で明るい性格。私も驚くくらい人気のあるキャラだ。

この美紅は香港が故郷と言う設定なのだ。だから香港デモと言うニュースを聞いて、いてもたってもいられなくなった。デモが起きて日数が経つが、この事を是非記事に挙げたいと思った。

このデモの原因は香港の完全民主化への訴えだ。デモの参加者は学生が多いと聞く。
香港は97年に英国から返還された。それで「一国二制度」の元に政治が進められてる。
香港は行った事ないし、知り合いもいないが、私から見て英国に統治されてた頃は民主的なところであり、中国の一部だが、自由な雰囲気があった。
英国の良さを吸収し、カンフー映画と言う世界にアピールできる作品も世に送り出した。

そういった世界で生きてきた若者は、香港の良き未来を願い、デモを起こしたものだろう。この若者のパワーに圧倒されるよ。
だが中国本土と真正面からぶつかるのは簡単ではないと思う。

美紅はこれを観たらデモに参加するかと言えば、私はわからないと聞く。美紅は民主主義で生きてきた人間だし、日本が好きだが、一番は香港の事を思ってる。
だが美紅は令嬢なので、立場的に難しいのではないかと思う。

私も美紅もそうだが、このデモで香港の政治が大きく変わる訳ではないが、中国、そして世界に向けていい方向に変わるきっかけになればいいと願ってる。

美紅の設定についてはこちらをクリック↓
「Music of Life」の今と過去4 カルメン・美紅・チャン。敵側について一部。

スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【日本代表に香川やハーフナーらが復帰…ジャマイカ、ブラジルと対戦】へ
  • 【シンガポールナショナルスタジアム】へ

~ Comment ~

期待している

 こんにちは。
 私はこの運動に特別な期待をもって関心を寄せています。この運動がきっかけとなり、かの国の人々が目覚めてくれる事を願っています。無論、その過程には色々と想像もつかないような大変な事があると思います。ですが乗り越えなければ決して前には進まないのが「それ」なのです。そして「それ」は外国の力によってなされるものでなければ、なされて良い事でもありません。
 がんばってください。「それ」がなされれぱかの国にとっても世界にとってもノーベル賞などでは賞しきれないほどの偉業となります。

miss.keyさんへ

この運動でかの国が目覚めればと私も思ってます。
今回は天安門のような悲劇は起こらないと思います。政府が裏を隠したって、今はネットがあるし、隠す事はほぼ不可能でしょうね。
今回のデモがその国によってどう変わるのか?じっくり見ていきたいと思います。頑張れ香港の若者達よ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日本代表に香川やハーフナーらが復帰…ジャマイカ、ブラジルと対戦】へ
  • 【シンガポールナショナルスタジアム】へ