FC2ブログ

「サッカー」
サッカー日本代表

4戦3得点だった日本が大量6発! W杯メンバーが存在感示し落選組もアピール/日本代表

 ←内田、遠藤らが日本代表に復帰!!年内ラスト2試合のメンバーを発表 →[EURO予選]ドイツ4発に“とどまる”…苦しむギリシャは最下位転落
yahoo記事より抜粋。

日本代表は14日、キリンチャレンジカップ2014・ホンジュラス戦(愛知・豊田スタジアム)に臨み、大量6ゴールを奪って6対0で圧勝した。

 アギーレ監督を迎えて5戦目となったこの日は、2014年W杯に参加したメンバーが数多く先発。W杯以降初めて代表に招集された遠藤保仁と内田篤人をはじめ、長谷部誠や本田圭佑、香川真司などスタメン11人中10人がW杯メンバーとなった。

日本は開始9分、CKの流れから吉田麻也がこぼれ球を押し込んで先制すると、41分にはカウンターから本田が抜け出し、GKとの一対一を制して2点目。さらに44分には遠藤がエリア外から強烈なミドルシュートを叩き込み、前半だけで3点のリードを得る。

 迎えた後半、日本は武藤に代えて乾貴士を投入。するとその乾は開始直後の47分、エリア内で本田のパスをダイレクトで合わせてネットを揺らし、チームに4点目をもたらした。しかし直後の49分、GK川島永嗣がクロスを処理できず、こぼれ球を拾われ決定機を与える。それでも、カバーに入った内田が相手のシュートを弾き出し難を逃れた。

アギーレ監督の采配はその後も的中。63分に岡崎に代えて豊田陽平を投入すると、69分に豊田がゴール。エリア内でボールを受けた香川が粘った末に倒されるも、このこぼれ球を拾った豊田が押し込みリードを5点に広げた。

 勢いの止まらない日本はさらに74分、ゴール前での細かいつなぎから再び乾が決めて6対0。その後も本田を中心にチャンスを作り続けた日本は、ホンジュラスに反撃を許さず、6対0の圧勝劇を披露した。

 新体制発足からの4試合は3得点にとどまっていた日本だが、この日だけで大量6得点。ザッケローニ前監督の下で長年ともにプレーしてきたメンバーがさすがの連携を見せたほか、乾や豊田といった惜しくもW杯メンバーに選出されなかった選手たちもアピールに成功し、来年1月に開幕するアジアカップに向けて明るい材料を得た。

=以下、日本代表出場メンバー=

GK
川島永嗣(81分:西川周作)

DF
内田篤人
酒井高徳
森重真人
吉田麻也

MF
遠藤保仁(70分:柴崎岳)
香川真司
長谷部誠(78分:田口泰士)

FW
本田圭佑
岡崎慎司(63分:豊田陽平)
武藤嘉紀(46分:乾貴士)

代表初ゴール。そして2得点あげた乾。
乾

ここからは自分の感想。
試合観てみて、あれホンジュラスってこんなに弱かったっけ?最新のFIFAランクは69位だけど、仮にもW杯出場国だぜ。
勝ったとしても2-0くらいかなって思ってたから、この点差の勝利は驚いた。なんかアジアの弱小国と戦ってるような印象を受けた。

スタメン観ると、武藤以外は全員、ザッケローニの時からいた選手達で固められてた。

前半9分にコーナーから吉田がごっつあんゴールで先制!しばらくは膠着状態が続いたが、41分にカウンターから本田。44分には遠藤が豪快なミドルで3点目!

後半開始直後にも乾が代表初ゴール!69分には豊田も代表初ゴール!そして74分には乾が再びこの試合2得点目。そしてGKも西川に代わり、失点0に抑え、6-0の大勝!

願わくば香川と岡崎のゴールが観たかったです。

遠藤、長谷部が復帰して、日本はやっぱ締まったし、良くなったな印象だ。代表歴長い人がいるとやっぱ違うのかなって思う。主将も長谷部に戻ったし、やっぱ彼がいるとぴりっとなるような感じだね。

この大勝劇はアジアの弱小国相手には観られたが、他の地域で、親善試合で、この点差で勝ったのはいつ以来だろうね。

今回は初ゴールの選手もいたりしたけど、点を獲った選手はやはり代表経験者だったね。この4試合は若手があまりアピールできなかったし、アピールできたのは武藤と柴崎くらいかなって思うね。

勝利したし、試合内容も良かったけど、新戦力があまり出てこなかったのは残念だと思う。

最終戦の豪州戦もいい内容で終わってほしい。
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【内田、遠藤らが日本代表に復帰!!年内ラスト2試合のメンバーを発表】へ
  • 【[EURO予選]ドイツ4発に“とどまる”…苦しむギリシャは最下位転落】へ

~ Comment ~

なんか違う

 此れ違う。なんか違う。これじゃない感満載でした。何がと言われれば難しいんですが、違う。
 ホンジュラスは次のチーム創りに着手しているんでしょうか。メンバーとか殆ど知らないので変っているのかどうなのかもさっぱり判りませんが、やたら弱かった気がします。一方、日本は良くも悪しくも既に出来上がっているチームでした。一定の戦いは出来るだろうけど、これは強豪に対抗できるチーム創りではない。新たなメンバーが殆ど使われない、活かされない、試されない、育ててない。
 更に言えば、これはアギーレのチームですらない。ザッケローニのチームだ。
 三点目を取った時点で観る気ヶが失せたと言うのが本当のところです。

miss.keyさんへ

確かに勝ったけど、なんか違うなあって思う試合でしたね。新たなメンバーがほとんどなく、みんなザッケローニの時からいた人達ですからね。
遠藤は確かにいいけど、W杯を見据えたらって思うと、もうアジアカップまでが限度かと思いますね。

アギーレが批判を封じるために、代表経験がある人達を集めた感があります。なんかの記事でセルジオが言ってたように、「この試合勝って、喜んでるのはザックだ」と言ってたようにね。

こういうのはアジアカップまでは許せても、その後は若手を育ててほしいと願ってます。

NoTitle

強いのは強いのでしょう。
日本も。いつものスタメンで万全で望めば。
問題はワールドカップを見据えて・・・ですからね。
その領域で勝てなければ、なかなか日本も欧州・南米の壁を越えられませんね。

LandMさんへ

コメントありがとうございます。
やり慣れてるメンバーでやればある程度の国と渡り合えるでしょうね。
でも4年後を見据えれば、このままではいかんと思いますね。
新戦力が育たなければ、強豪とも渡り合えないと思います。
今回の試合での勝利は賛否両論と言ったところでしょうね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【内田、遠藤らが日本代表に復帰!!年内ラスト2試合のメンバーを発表】へ
  • 【[EURO予選]ドイツ4発に“とどまる”…苦しむギリシャは最下位転落】へ