「私事」
映画、海外ドラマ

ワイルド・スピード SKY MISSION

 ←5月になりました。 →ドラゴンボールZ 復活の「F」
映画.comより抜粋。

解説
人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第7作。オーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を倒し平穏な毎日を送っていたドミニクたちの前に、オーウェンの兄デッカード・ショウが弟の仇を討つべく現われる。元特殊部隊の暗殺者で一国の軍隊に匹敵するほどの力を誇るデッカードは、東京にいるドミニクたちの仲間を襲撃。大切な仲間を奪われたドミニクたちは、圧倒的な強さを誇るデッカードに決死の戦いを挑む。ドミニク役のビン・ディーゼルや本作の撮影期間中に急逝したポール・ウォーカーらおなじみのキャストに加え、人気アクションスターのジェイソン・ステイサムがシリーズ最強の敵デッカード・ショウ役で登場。「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンが監督を務め、空中からのダイブや超高級車を使用したジャンプなど、ド派手なカーアクションが連続する。

日本宣伝用のポスター。
ワイルドスピード7

予告動画はこちらをクリック↓
ワイルド・スピード7 予告動画

ここからは自分の感想。
ワイルド・スピードシリーズ第7弾。このシリーズを映画館で観たのは「2」以来だ。
このシリーズは車がメインだが、その車を使って様々な悪党と戦う作品だ。
このシリーズは今作まで7作だが、メインのビン・ディーゼルとポール・ウォーカーが揃ったのは最初は「1」だけで、再び揃ったのは「4」からだった。

このシリーズは「1」からはそれなりのヒットを飛ばしてたが、「3」は全くの番外編になり、ヒットもせず、このシリーズは自然と終わりになるかと思いきや、その三年後の「4」でメインの2人が復帰し、再び大ヒットを飛ばすようになる。
普通シリーズものは後に出るほど、収益が下がるものだが、この作品は作品が出るごとに数字が上がっていく稀有な作品なのだ。この7作目も現在北米で史上初の3億ドルを突破し、全世界興行成績でも10億ドルを超えている。

「3」まではメンバーが固定してなかったが、「4」からは原点に戻り、メンバーもほぼ安定し始めたのがヒットの要因の一つと言えよう。

この作品はサブタイトル通り、車がある意味空を飛ぶ。仲間達の掛け合いも本当におもしろいし笑える。

この作品の今回の敵はジェイソン・ステイサムだ。
ジェイソン・ステイサムはアクションスターで主役級だ。ワイルド・スピードにこのような大物が出てくるとは本当に驚きだ。
やはり主役級と言う事もあり、主人公達にとってかなりの脅威の役だった。
ステイサムジェイソン・

そして90年代作品で主役が多かったカート・ラッセルも政府の役人として出演している。
ラッセルカート・

タイ映画「マッハ」でブレイクしたトニー・ジャーも敵役として出演。軽快な動きは今作でも健在だ。
ジャートニー・

他に番外編的作品だった「3」のメンバーも数分ながらも出演している。

宣伝用ポスターを観ると。自分の作品の「Music of Life」のメンバーに置き換えたらどういう風になるんだろうって思うよ。
左から誠良、真岼、美紅、武流、統哉、里実、音葉の順かなって思う。

この作品は今までのメンバー総出演で、一つのシリーズを終えるような感じだった。
それも2013年11月にポール・ウォーカーが交通事故で亡くなり、彼へのメッセージ性を込めた作品になっている。
いつもは次回作の続編を匂わせるものが、ラストで描かれるのだが、今回はそれがなかった。
次回作はあるみたいだが、おそらくこれがこのシリーズの完結となるのだろう。

この作品が最後の出演となったポール・ウォーカー。
ポールウォーカー

今後も製作されるようだが、もうビン・ディーゼルとポール・ウォーカーのコンビは観れないが、この二人のシリーズはこれで終わりであり、一つの時代、一つのシリーズが終えた事を観終わってそのように感じた。


スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【5月になりました。】へ
  • 【ドラゴンボールZ 復活の「F」】へ

~ Comment ~

NoTitle

原点回帰すると人気が伸びる作品もあるのですね~~。
確かにシリーズで人気が伸びていくのも珍しいですね。
それだけ国民から愛される作品になっていったという話でしょうね。

LandMさんへ

確かにこの作品はシリーズごとに収益を延ばしてる稀有な部類に入りますが、ここ数年で言えばクリストファー・ノーランシリーズのバットマンも原点回帰して収益を延ばしましたからね。
バットマンは作品の通り暗さを感じますが、「ワイルド・スピード」シリーズは観てて楽しいですからね。
だから米国だけでなく世界中で愛されるんだと思います。

NoTitle

こんばんは、少し前になりますが私も見てきました。今までのシリーズ6作を一度も見なかったことを後悔するほど面白かったです(__*)

やはりなんでも食わず嫌いはよくありませんね・・・

※TB打たせていただきました。

しろくろshowさんへ

今までこのシリーズ観た事なかったんですか?驚きました。
確かに今までのシリーズの中で自分的に一番おもしろかったです。
今までの集大成を言える作品と言えるでしょうね。

TBありがとうございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飛べない車はただのクルマだ

と、ナニヲバカナコトヲイッテイルノカ??と言われそうな「ワイルド・スピード/ SKY MISSION」を見てきたはなし。 これはもう連休前の出来事になるがちょい前のエントリーで書いた京都みなみ会館に行ったとき、現地入りしたのが少し早かったので時間調整をする必要があったのである。その気になれば伏見稲荷あたりの散策にも行けたはずだが歩いて疲れたら後の上映中眠くなるかもという(-.-)心配...
  • 【5月になりました。】へ
  • 【ドラゴンボールZ 復活の「F」】へ