FC2ブログ

「サッカー」
サッカー日本代表

ハリルジャパン、シンガポールから得点奪えず。W杯予選はドロー発進

 ←EURO2016 第6節 6/14の結果 →[W杯アジア2次予選]豪州、韓国は白星発進…北朝鮮はウズベク撃破
yahoo記事より抜粋。

相手GKの牙城を崩せず
 日本代表は16日、2018年ロシアW杯アジア2次予選の初戦でシンガポール代表と対戦した。

――――――

【日本 0-0 シンガポール 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 イラクとの親善試合を4-0で勝利していた日本代表だが、この日のシンガポール戦は苦しんだ。

長友佑都がベンチスタートとなり、太田宏介が左サイドバックに入った。その他の10人はイラク戦と同じメンバーが名を連ねた。

 キックオフ直後から積極的にゴールを目指した日本は4分、縦パスを受けた本田圭佑が左足で狙う。12分には柴崎岳のパスから香川真司がシュートを放つもGKのセーブに阻まれた。

 日本は縦への意識を強く持ち、チャンスを作る。しかし、パスが相手に引っかかるシーンも散見される。

 23分、右サイドをオーバーラップした酒井宏樹の折り返しを香川が狙うも、クロスバーの上を越えた。30分にはPA内で岡崎慎司がシュートも決められない。

 決定機を作る日本だが、一方で縦パスに固執するあまりシンガポールに対応されてしまう。前半は無得点で終えることになった。

 52分、カウンターから最後は宇佐美がシュートを狙うも枠を捉えられない。55分には太田の完璧なクロスに岡崎が頭で合わせるも、GKのファインセーブに阻まれゴールならず。

 日本は61分、香川に代えて大迫勇也を投入。岡崎との2トップを組んだ。

 68分、CKに本田が頭で合わせるも、これもGKにセーブされてしまう。70分、柴崎に代えて原口元気を投入する。

 72分には本田がFKを直接狙うもクロスバーに嫌われた。本田は75分にも渾身のミドルを放つも枠を外れた。

 日本は78分、宇佐美に代えて武藤嘉紀を投入する。次々と攻撃的な選手をピッチに送り出したものの、最後までゴールは奪えず。日本はW杯予選の初戦を引き分けで終えることになった。

好セーブを見せたイズワン。
イズワン

ここからは自分の感想。
日本はまさかの引き分けとか言うけど、試合展開観てるとありえると思った。
チームに連動性がなさすぎる。パスミスが多いし、ゴールへのシュートは枠をとらえなさすぎ!
アウェーならまだしも、シンガポールの都合でせっかく初戦がホームになってるのに、これは相当なもんだと思うよ。

先発メンバー観た時、長友に変わって大田が入ったが、後はイラク戦と同じメンバー。やはり最初だから堅実に行くと言う事なのか?出ていたメンバーもW杯予選経験者ばかりだったからね。メンバーはほぼ同じでもシステムは若干変わってた。
イラク戦とは違う戦い方となるだろうと思ってた。
公式戦だから堅さもあったけど、序盤でなんとかなると思ってた。しかし結局最後まで選手の動きが悪く、相手の方が断然良かった。
確かに親善試合と違い公式戦は別物だ。シンガポールは格下と言ってもW杯への目標があるから、なんとか相手をギャフンとさせるためにあの手この手を使ってくる。
W杯予選には魔物が住んでいると言うがまさにこの事だ。

シンガポールは4日前にカンボジアとアウェーで4-0の勝利で自信がつき、そのまま日本に持ってきた感じだった。
特にGKは良かったね。

ハリルは「こんなシチュエーションは初めて」と言ってた。来日して三カ月で、献心的に日本サッカーのために動いてる。しかし全て3試合供、ホームの試合であって、アウェーでの試合経験がない。
「これだけチャンスがあって点が取れなかったのは人生で初めて見た。ちょっとのみ込めない」と言っていたが、日本サッカーを観て長いが、アジアとの戦いはああいった事は多い。映像で観るのと実際やるのとはまるで違う。
ハリルは欧州やアフリカで指揮を執り、厳しい戦いも経験している。アジアは世界的に観てレベルが下がるが、アジアにはアジア特有の難しさがある。ハリルも頭でわかっていただろうが、実際肌で経験するのとは全く違うのだ。
ハリルになってまだ3試合しかしてないし、それに事前のアジアの厳しさを計るアジアカップを経験してない。
ハリルは稀代な戦術家と言う事は承知してるが、3試合ではまだまだ経験不足と言うものだ。
だから監督も今回は未知なる世界だったのかな?って思う。

吉田も以前言ってたが「自分たちは9カ月も遅れてる」と言ってた。それがこういう形にして現れた。

監督がどうこうより、今回は選手に泥臭さがなかった。私はこういった公式戦では内容よりも泥臭く勝つ事だと思う。
この結果を糧にして次に繋げてほしい。遠藤呼ばれるかもしれないなって思う。

今世界中でサッカーの試合が行われてるけど、予想だにしなかった結果って結構ある。欧州や南米も勿論だが、アジアでもありえない国が勝ち続けたりしたりしてるしね。

日本がドロー発進!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【EURO2016 第6節 6/14の結果】へ
  • 【[W杯アジア2次予選]豪州、韓国は白星発進…北朝鮮はウズベク撃破】へ

~ Comment ~

NoTitle

 残念でしたね。がっかりしました。
 攻め方が単調のように思えました。正面からずっと同じ攻め方をしてました。パスミスも多かった。相手は格下。ずっと自分たちが一方的に攻めている。
 ということは油断があったのでしょうか。集中度が足りないような気もしました。
 あんなにシュートを放ったのに1本も入らず。キーパーがうまく止めたのもありましたが、相変わらず精度が良くない。日本人はうまいはずなんですが。
 野球で言えば日本人ピッチャーは球は速くないですが、コントロールがいいので大リーグに通用しているのです。もっとシュートの練習に気合を入れたほうがいいのじゃないでしょうか。

 「こんなシチュエーションは初めて」の発言。意外だった残念だったというより、あまりに運がなさすぎなのと下手なので驚いたというように聞こえました。
 これもいい反省材料。いい勉強なのでしょう。

バーソさんへ

記事を少しばかり訂正しました。
こういう結果になったのは選手がふがいないと言うのもあります。こういう戦いは何度も経験しました。
でも最後になんとか勝っていきました。そういった過去の経験の負の部分が今回チームに染みつき、チャンスを逃した結果でしょう。

ハリルはこのために色んな策を練ったのでしょうが、アジア特有の戦いを経験してなかったと言うのがあります。
過去にジーコやザッケローニもアジアカップを経験して、アジアの難しさを肌に染みて、戦い方を理解し、アジア予選を突破してます。
日本は今回は予想外の事が起こり、ハリルが就任しましたが、W杯予選まで三カ月しか時間がなかった事もありました。

今回ハリル、そしてチームも最悪のスタートを切りましたが、きっと立て直してくれると思います。

NoTitle

これも結果。
受け止めて、進むことが突破するコツです。
格下にドローなんて良くあることです。

・・・何て言いながら、残念な自分もいる。
( 一一)

LandMさんへ

確かに世界中見回しても、こういう結果はあちこちでみかけます。
この結果でハリルジャパンが前進すると思ってます。
でも自分もこの結果は残念です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【EURO2016 第6節 6/14の結果】へ
  • 【[W杯アジア2次予選]豪州、韓国は白星発進…北朝鮮はウズベク撃破】へ