「Music of Life」
CHAPTER1「青春のプロローグ」

CHAPTER1「青春のプロローグ」4

 ←CHAPTER1「青春のプロローグ」3 →CHAPTER1「青春のプロローグ」5
コンクールの出場者は6人で、下は中学生から上は大学生で、学生限定となる。
各一人ずつ観客の前で持ち前の演奏を披露し、今は音梨琴美が演奏を披露している。純白のドレスに身を包んだ彼女の演奏技術は他の出場者とは一線を隠してた。
演奏が終わり、拍手喝さいの嵐の中、琴美は観客にゆっくり深く頭を下げる。顔をあげた琴美の顔は自信にあふれている表情である。

「音梨琴美さん。ヨアヒム・ラフ ピアノ協奏曲でした。さて次は県立夢ヶ丘高校2年。堀本舞子さん。クララ・シューマンのロマンティック・ワルツです」
拍手の中、堀本舞子は夢ヶ丘高校の制服に身を包み、下を向き、緊張した面持ちで、入場してくる。
観客に頭を下げた後、ピアノの前に座る。その姿を観た妙子達も緊張した表情で見守る。

舞子が席に着き、静まり返った瞬間、舞子は両手の指が手足のように鍵盤を弾き出した。会場には舞子の演奏が包む。演奏を聴いてるシノと妙子の表情がしだいに笑顔になっていく。すぐそこの控室で聞いている琴美も驚きの表情だ。
舞子の表情も和やかだ。舞子が奏でる演奏に観客は魅了される。
そして約4分間の演奏が終わり、拍手が起こり、舞子が頭を下げて、顔を下に向き、舞台から退いていく。

「ええ、これでコンクールは終了します。10分間の休憩の後、審査発表を行い、今回の優勝者を発表を行います」
司会者が演説が終わり、周囲がざわざわとしだす。
「まりりんが絶対優勝ばい!あんな綺麗な演奏をして、優勝しないなんてありえんばい!」
妙子が両拳を込める。

「うん。本当にいい演奏だった」
シノも笑顔で答える。
「あたし、みんなうまいと思うけど」
優香はあっけからんと言う。
「これだから音楽を知らない人は」
妙子はあきれた表情を優香に向ける。

「まあまあ芳野さん。音楽をやってない人には難しいかな」
「そうっすね」
シノの言葉に妙子は苦笑する。

そして10分間の休憩が終わった。いよいよ発表の時が来た。
「それでは本年度春の県内ピアノコンクール優勝者も発表します」
司会者の演説が聞こえて、周囲はじょじょに静まりかえり、舞子も琴美と他の出場者も舞台に出てくる。
全員緊張した面持ちで立っている。それを観ている妙子達も緊張した表情になる。

「それでは本年度春の県内ピアノコンクールの優勝者は」
出場者、妙子達、会場のいる皆も息をのむ。
「県立夢ヶ丘高校の堀本舞子さん」
舞子はその瞬間、両手で口を塞ぎ、驚いた表情を浮かべ、会場には拍手が響き始める。
「やったあ!」
妙子が両拳をあげて叫ぶ。恵美とシノは目に涙を浮かべ、ナツキと優香も喜んでいた。

「それでは堀本さん。前に出てきてください」
舞子はゆっくりした足とりで、前に出てくる。

司会者が舞子にマイクを向ける。
「堀本さん。優勝おめでとうございます。今のお気持ちは?」
舞子は眼鏡を右手でとって、左手で目に浮かべてる涙を拭きとる。
「い、今でも信じられません。ま、まさか優勝できると思ってなかったので」
舞子は涙声で答えた。

この後、審査委員長からブロンズトロフィーと賞状を受け取った。
ホールにいた観客達は帰途につこうと会場を後にする。
妙子達は舞子のいる控室に向かった。

優勝したのは舞子の思いを込めた演奏がみんなに届いたから。
よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【CHAPTER1「青春のプロローグ」3】へ
  • 【CHAPTER1「青春のプロローグ」5】へ

~ Comment ~

NoTitle

青春と音楽とで、自分のところのお話との共通点を感じます。
いきなりの乱闘から、この格調あるクラッシック。
次はどこへ。。。

けいさんへ

コメントありがとうございます。

この話はけいさんのところと共通点があるみたいですね。けいさんのブログを読むのが楽しみになりました。

乱闘からクラシック。次は・・どこでしょうかね?
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【CHAPTER1「青春のプロローグ」3】へ
  • 【CHAPTER1「青春のプロローグ」5】へ