FC2ブログ

「サッカー」
2018 FIFAワールドカップ アジア予選

2018W杯二次予選最終戦。

 ←4月になりました。 →W杯南米予選 第6節。
yahoo記事より抜粋。

2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が29日に各地で行われた。

 E組首位の日本代表は、ホームで1位突破を懸けてシリア代表と直接対決。17分にオウンゴールで先制点を得て、前半を折り返す。後半に入ると、66分のMF香川真司の追加点を皮切りに、本田圭佑、香川の2点目、原口元気と得点を重ね、2試合連続となる5-0で勝利。同予選全8試合を無失点で終え、E組を首位で突破した。

 その他の組では、B組のオーストラリア、D組のイランなどが白星を挙げた。その他、シリア、中国などが2次予選を突破。一方で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が2-3でフィリピンに敗れたため、2位中成績上位4チームに残ることができず、2次予選での敗退が決定した。

 この結果、アジア3次予選(最終予選)に進出する12カ国はサウジアラビア、UAE、オーストラリア、カタール、中国、イラン、日本、シリア、タイ、イラク、韓国、ウズベキスタンに決定した。なお、最終予選の抽選会は4月12日にクアラルンプール(マレーシア)で行われる。ポッド分けはFIFAランキングに基づいて振り分けられる予定で、日本は韓国とともに第2シードになることが予想されている。これにより、日本と韓国が同組に入る可能性は低くなった。

 各グループの結果と順位は以下のとおり。

■グループA
▼試合結果
・パレスチナ 7-0 東ティモール
・UAE 1-1 サウジアラビア

▼順位
1位 サウジアラビア(勝ち点20/得失点差+24)
2位 UAE(勝ち点17/得失点差+21)
3位 パレスチナ(勝ち点12/得失点差+16)
4位 マレーシア(勝ち点4/得失点差-27)
5位 東ティモール(勝ち点2/得失点差-34)

■グループB
▼試合結果
・タジキスタン 0-1 キルギス
・オーストラリア 5-1 ヨルダン

▼順位
1位 オーストラリア(勝ち点21/得失点差+25)
2位 ヨルダン(勝ち点16/得失点差+14)
3位 キルギス(勝ち点14/得失点差+2)
4位 タジキスタン(勝ち点5/得失点差-11)
5位 バングラデシュ(勝ち点1/得失点差-30)

■グループC
▼試合結果
・モルディブ 4-2 ブータン
・中国 2-0 カタール

▼順位
1位 カタール(勝ち点21/得失点差+25)
2位 中国(勝ち点17/得失点差+26)
3位 香港(勝ち点14/得失点差+8)
4位 モルディブ(勝ち点6/得失点差-12)
5位 ブータン(勝ち点0/得失点差-47)

■グループD
▼試合結果
・インド 1-2 トルクメニスタン
・イラン 2-0 オマーン

▼順位
1位 イラン(勝ち点20/得失点差+23)
2位 オマーン(勝ち点14/得失点差+4)
3位 トルクメニスタン(勝ち点13/得失点差-1)
4位 グアム(勝ち点7/得失点差-13)
5位 インド(勝ち点3/得失点差-13)

■グループE
▼試合結果
・アフガニスタン 2-1 シンガポール
・日本 5-0 シリア

▼順位
1位 日本(勝ち点22/得失点差+27)
2位 シリア(勝ち点18/得失点差+15)
3位 シンガポール(勝ち点10/得失点差0)
4位 アフガニスタン(勝ち点9/得失点差-16)
5位 カンボジア(勝ち点0/得失点差-26)

■グループF
▼試合結果
・イラク 1-0 ベトナム

▼順位
1位 タイ(勝ち点14/得失点差+8)
2位 イラク(勝ち点12/得失点差+7)
3位 ベトナム(勝ち点7/得失点差-1)
4位 台湾(勝ち点0/得失点差-14)
※インドネシアは資格停止処分により除外

■グループG
▼試合結果
・レバノン 1-1 ミャンマー
・韓国 − クウェート (延期 or 中止)

▼順位
1位 韓国(勝ち点21/得失点差+24)※1試合未消化
2位 レバノン(勝ち点11/得失点差+6)
3位 ※クウェート(勝ち点10/得失点差+8)※2試合未消化
4位 ミャンマー(勝ち点8/得失点差-12)
5位 ラオス(勝ち点1/得失点差-26)※1試合未消化
※クウェートはFIFAから国際試合参加停止処分を受けている

■グループH
▼試合結果
・フィリピン 3-2 北朝鮮
・ウズベキスタン 1-0 バーレーン

▼順位
1位 ウズベキスタン(勝ち点21/得失点差+13)
2位 北朝鮮(勝ち点16/得失点差+6)
3位 フィリピン(勝ち点10/得失点差-4)
4位 バーレーン(勝ち点9/得失点差0)
5位 イエメン(勝ち点3/得失点差-15)

ここからは自分の感想。
まずはグループAからの進出国はサウジ、UAEに決まった。こう見れば順当だが、近年サウジは力が落ちてきてるし、昨年のアジアカップでもグループリーグ敗退。前回の予選では最終予選にすら進めなかった。だから今回の主意通過は意外と言えよう。
逆にUAEは力を上げてきているので、二位での通過は驚いた。

グループBは豪州がヨルダンに前回アウェーでの負けを見事にリベンジして、首位通過。逆にヨルダンが二位の4位以内に残れなくて敗退となった。豪州はこれで60位だったが、ランクが急上昇する事で、最終予選はポット1となった。

グループCはカタールが既に最終予選出場を決めているので、中国が最終戦でカタールに勝ってギリギリ最終予選通過を決めた。自分としては自由な地域、そして自分のキャラの美紅の故郷香港に通過してほしかったんだけどね。

グループDはイランがオマーンに勝ち、最終予選進出!オマーンも結局二位では上位4位以内に入れず敗退!

グループEは日本の事は前回の記事で書いているので割愛。シリアは最終戦日本に5-0で敗れても二位の4位以内に入れたため、最終予選進出。最終予選で日本と当たるかもしれないけど、自分としては別組に入ってほしいな。

グループFはタイが既に最終予選決めているため、イラクがベトナムに勝って滑り込んだ。しかしこの組はイラクが意外と苦戦するとは思わなかった。それにインドネシアが活動停止になるのも想定外だった。

グループGは韓国がクウェートがFIFAから活動停止に制裁を受けたため、最終二試合前に進出を決める。最終予選では日本と韓国は同じポットになるため、対戦する事はない。

グループHはウズベクがバーレーンに勝って最終予選進出!北朝鮮が敗退となった。しかしこの組はフィリピンが予想外に引っ掻き回してくれた。

二次予選が決まり自分としては、アジアカップベスト8の国々が順当に残ったという事だ。それと東アジアの国々の活躍にも目を見張るものもある。タイが首位通過!予選突破とはいかなかったが、グアム、フィリピンには驚かされた。
アジアはレベルが低いだろうが、こうやって埋もれてたところの活躍に自分は面白かった。
最終予選は更に厳しい戦いが待ち構えている。日本は無事に予選突破してほしい。


最終予選進出国が決まる。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【4月になりました。】へ
  • 【W杯南米予選 第6節。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【4月になりました。】へ
  • 【W杯南米予選 第6節。】へ