FC2ブログ

「サッカー」
その他のサッカー関連記事

マンUの”名勝”アレックス・ファーガソン勇退

 ←CHAPTER3「悲哀の少女・後編」5 →CHAPTER3「悲哀の少女・後編」6
 先日、マンUことマンチェスター・ユナイテッドの監督。アレックス・ファーガソンが退任する事が発表されました。

 この人はマンUで27年間も指揮してた人だから、すごいと思う。

 マンUはイングランド、いや欧州、世界に誇るビッククラブの一つだし、サッカーファンなら誰もが知ってるクラブだからです。

 ビッククラブは一流選手の集まりだし、勿論そういった選手はエゴも強い。こういった連中をまとめるのは並大抵の事ではない。

 しかもこういうビッククラブは少しでも負けが続くと、クビになるし、クラブの方針にもよるが、勝ち続けて優勝したとしても、観客を魅了できないサッカーならば、クビにもなってしまうのだ。

 プレミアリーグは長期政権の監督は何人かいるが、このようなビッククラブで27年間の長期を維持してたのはすごい事なのだ。この監督の次に長期政権を維持してるのは同じプレミアリーグのアーセナルのベンゲル監督の17年だろう。サッカーの監督は一つのクラブあるいはナショナルチームにいれるのは平均で3.4年くらいではないだろうか?こんなに長く一つのクラブにいた人なんて聞いた事ないからね。

 この監督がマンUで指揮してた頃はかの有名なベッカム、そしてギグス。イングランドが誇るストライカーウェイン・ルーニー。私の好きな選手の一人、クリスティアーノ・ロナウドもこの監督の下で育った選手の一人だ。

 ファーガソン監督がマンUに在籍してた頃のタイトルは27年間でリーグ優勝13回、欧州CL制覇は2回。他のカップ戦を含め、今年リーグ最多記録を更新する20回目のプレミア制覇で自身38個目のタイトルを獲得した人なのだ。

 この人はもう72歳。最後にプレミア制覇をして、クラブに置き土産をして去るのは渋いなって思います。

 この人は去年、日本を代表する選手、香川真司をオフ返上で自ら口説き、主力として起用させてくれた事は私自身嬉しく思いました。香川にとっては他の選手に比べ、一年間でしたけど、貴重な経験だっと思います。

 後任はエバートンを率いてるモイーズ監督だそうです。この人の事をよく知りませんが、2002年からエバートンを率いて、安定したチーム作りに定評があるらしいです。監督が変わって、香川の立ち位置がどうなるかわかりませんが、昨季と変わらず活躍してほしいと思ってます。

 ファーガソン監督。お疲れ様でした。

この写真は去年7月に入団記者会見で
笑顔を見せる香川真司(左)とアレックス・ファーガソン監督。
アレックス・ファーガソン


 
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【CHAPTER3「悲哀の少女・後編」5】へ
  • 【CHAPTER3「悲哀の少女・後編」6】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【CHAPTER3「悲哀の少女・後編」5】へ
  • 【CHAPTER3「悲哀の少女・後編」6】へ