「サッカー」
その他のサッカー関連記事

2026年W杯、各大陸の出場枠が決定…現行のプレーオフ制度の見直しも

 ←開幕迫るU-20W杯…5大会ぶり出場の日本代表、グループステージの組み合わせは? →エジルやクロースら主力がいない!ドイツ、コンフェデ杯に向けて代表メンバー発表
yahoo記事より抜粋。

国際サッカー連盟(FIFA)は9日、バーレーンで行われた第67回総会にて、2026年FIFAワールドカップにおける各大陸別の出場増加案を承認した。

 現行のW杯は、32の出場枠を争っているが、2026年W杯から48チームが出場できることになっている。今回さらに、各大陸ごとの出場枠案をFIFAが承認。今回の決定に伴い、日本が戦うアジア予選では現行の4.5枠から8枠に増加。さらにプレーオフで出場権を獲得した場合、最大で9チームが参加することになる。また欧州予選も、3枠増加の16枠になっており、南米では6カ国が出場可能となった。

 また、プレーオフ制度も見直され、欧州以外の5大陸連盟から各1チームづつ、開催国が属する大陸連盟からさらに1チームを加えた、計6チームで2枠を争うプレーオフを実施するとも公表された。

 以下が各大陸別出場可能枠である。

■ アフリカ - 9カ国(現在5カ国)
■ アジア - 8カ国(現在4.5カ国)
■ ヨーロッパ - 16カ国(現在13カ国)
■ 北中米カリブ海 - 6カ国(現在3.5カ国)
■ オセアニア - 1カ国(現在0.5カ国)
■ 南米 - 6カ国(現在4.5カ国)


ここからは自分の感想。
ついに2026年W杯から32から48となり、各国の出場枠が決まった。この事はおよそ二か月前から話題になっていたが、その時は正式に決まるまでは記事にするのは止めようと思い、今に至ったのである。

さて出場枠の内訳を見てみると、出場枠が多いのはやはり欧州の16カ国だ。やはりサッカー強豪国が集う地域だけあって、16カ国は妥当だと思う。
しかし地域別に見てみると、それほど増えた訳ではない。13から16に増えただけだ。

地域別の出場可能枠を見ると、アフリカ、アジアが増えたように見える。
アフリカは約50カ国の内、9カ国。アフリカはネーションズカップを見ても次々と色んな国が出てくる。現在の5カ国では、惜しくも敗退になった国はざらにあるので、増枠により、そう言った国が出てくる可能性が出て来たのは喜ばしい事だ。

そしてアジアだが、現在の4.5から8カ国に増枠。でもアジアはお世辞にもサッカーで結果を残してるとは言い難い。なら何故、これほど増枠になったのか?アジアは広範囲で約50カ国がAFCに加盟している。その中での4.5だから、出場するのは困難だから、更に4カ国増やそうって訳ではないだろう。アジアは意外にもFIFAからしてみれば、金を生み出すところが多い。日本もそうだが、中国や中東などがそうだ。枠を増やせれば、出場しやすくなるし、出場できれば金も入ってくる。だから金絡みで増やしたのだろう。
近年FIFAはトップ、役員と汚職がらみで起訴され、スポンサー離れも顕著なり、枠を増やして、こういった国からのスポンサーを増やそうとしているのが見え見えである。中国や中東を出場させたいのだろうね。
増枠と言う事で結構批判が出てるね。欧州をもっと増やせとかね。
元アジアのカザフは戻ってくるとか、トルコがアジアに転籍するとか言うけど、実際どうなのかな?

こうなる事で、日本にとっては以前よりも突破しやすくなるが、予選は盛り上がらなくなるだろうな。だが油断大敵!こうなる事で今まで出場に縁がなかった国のモチベーションが上がってくるだろう。そうなれば足元を掬われかねない。

そしてオセアニアは1枠を確保した。ユースや五輪ではオセアニアは1枠あるのに、W杯ではプレーオフに勝たないと行けないのだから、1枠はオセアニアとってありがたい事だろう。
オセアニアは豪州がアジアに転籍したため、ニュージーランドでほぼ決まりだろうって思うが、約10くらいの国で1枠。ニュージーランドがよっぽどヘマをしなければ、ほぼニュージーランドで決まりだろうと言う意見が多いが、この事によって前述したように、国際大会に縁がなかった国のモチベーションが上がるだろう。近年ではコンフェデ2013はタヒチ。リオ五輪ではフィジーとニュージーランド以外の国が出場している。
豪州は強化のためにアジアに転籍したのだから、戻る事はないだろう。だからニュージーランド以外の国が出場する事に意義があると感じ、モチベーションを上げてくる事だろう。

北中米は3.5から6。しかしこの2026年でのW杯は北中米の開催となり、米国を中心にカナダ、メキシコとの共催となるみたいだから、開催国となった場合はその分が引かれる事になるから、この年の大会の出場枠は現状の3.5と変わらないと思う。

南米は4.5から6に増枠。強豪が群雄割拠する南米であるが故に少ないように見えるが、南米は加盟国が10しかないので、6で妥当だろう。でも10カ国の半分以上が出場できるんだからね。
現在低迷中のアルゼンチンはメッシが引退した後はおそらく更なる低迷期に入る事になるだろうが、この事が恩恵を受ける事になるかもしれないね。

そしてプレーオフだが、これは大会ごとに違っている。欧州は欧州同士の争いであり、アフリカはプレーオフ制度は皆無。基本的にアジア、オセアニア、北中米、南米と4つの大陸で大会ごとに、アジア対北中米、南米対オセアニア。またはアジア対南米、北中米対オセアニアと争っている感じだ。
これをアフリカを加え、W杯開催国を交え、6カ国で争うと言うのだ。でも6カ国と言っても2026年は3カ国での開催。6カ国だから、三カ国の内の一つになるだろうから、米国になるのかな?
どういうフォーマットになるかわからないが、開催国を除けば、5カ国での1位が出場権が獲得すると言う事になるのかな?って思う。
そうなると南米、アフリカ、北中米が有利でアジア、オセアニアはほぼノーチャンスかな?アジアは最大9カ国と言うが、こうなればおそらくないだろうね。

W杯の増枠はノーチャンスだった国にチャンスを与えるためだと言うけど、こりゃ金儲けが見え見えだね。W杯出場が意義のない事になってしまうのでないかと思ったりもするよ。32くらいが丁度いいのにね。
もうEUROや欧州CL、そしてコパアメリカが最高峰の大会になりつつなりそうだね。


2026年W杯からは48カ国の参加。
それぞれの出場枠が決まる。
アジアは8枠となる。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【開幕迫るU-20W杯…5大会ぶり出場の日本代表、グループステージの組み合わせは?】へ
  • 【エジルやクロースら主力がいない!ドイツ、コンフェデ杯に向けて代表メンバー発表】へ

~ Comment ~

いっそ全部出してしまえ

大会も思いっきり肥大させられて動くお金も天井知らず。どこぞの国家も確実に出られて文句なし?しかし数が多すぎるから大会予選ブロックは各地区ごとに会場を設けて・・・って、今とどう違うんだろうって事になりそうですな(笑

miss.keyさんへ

返信遅くなりました。
2026から48に増える事で世界の4分の1が出場できると言う事ですね。まあ全部出すのは悪くないですが、五輪だと色んな競技あるし、競技によっては全部出すのは可能ですが、サッカーは団体スポーツですし、全部出したら、開催地はパンクしますよ(笑)。それに試合数多くて一カ月で終わるのはとても不可能でしょうからね。
そのために一応予選があるのだけど、2026からだと予選の盛り上がりが低下するでしょうね。

NoTitle

まあ、大会の規模が大きくなれば、
国の数も増やさざる得ない。
盛り上げられる大会はとことん盛り上げる。
・・・という観点では正しい判断ですけどね。
今では、世界はアジアがかなり発展途上で収入の見込みがありますからね。
先行投資という意味合いもあるのかもしれませんね。

まあ、Wカップは分かりやすい国別対抗の戦いですからね。
私も大規模で見たいという感情はあります。

LandMさんへ

アジアはサッカーでは弱小だけど、お金がある国があるから出場と言う恩恵を受ければ、お金が入るし、先行投資のような気がしますけど、やっぱ金儲けしかないような気がしますね。
でも国際大会に縁がなかった国々にはチャンスですけどね。日本も枠が増えたおかげで出られるようになった訳ですからね。
でも過度に増やすのはどうかなって思いますよ。
私はクラブシーンよりも国別対抗戦の方が好きですけど、枠を広げすぎて、実力差があるような国との対戦は観るのもどうかなって思いますけどね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【開幕迫るU-20W杯…5大会ぶり出場の日本代表、グループステージの組み合わせは?】へ
  • 【エジルやクロースら主力がいない!ドイツ、コンフェデ杯に向けて代表メンバー発表】へ