「サッカー」
その他のサッカー関連記事

U20ワールドカップ2017終幕。

 ←第6節 2017年6月10日(土) →第6節 2017年6月11日(日)
11日。U20W杯の三位決定戦と決勝が行われた。

まずはウルグアイ対イタリア。グループリーグ初戦の再戦となった。前半は互いにスローテンポの展開になったが、後半に入るとウルグアイがギアを上げてくるも、イタリアが要所要所のところで防いでいく。イタリアが一瞬の隙をついて先制かと思われたが、オフサイドの判定だった。そして90分の試合が終了し、延長戦もせずPK戦ともつれ込んだ。
PK戦は本来は交互に蹴るものだが、今回からABBA方式となり、先行が蹴って、その次は後攻のチームが蹴って、その後も後攻のチームの二人目が蹴ると言う形になる。
この方式が仇となったのか?ウルグアイが先行だったが、二人目が失敗し、それが続いてウルグアイの三人目も失敗。イタリアがきっちり4人目が決め、イタリアがこのカテゴリーの大会で初めて3位入賞となった。この試合でイタリアのGKは17歳で、PK二つ止める大仕事をやってのけた。
ウルグアイはPK戦と言えども、イタリアにリベンジされた形となった。


そして決勝はA代表が一度もW杯に出た事がないベネズエラとこのカテゴリでは優勝経験のないイングランドとの対戦となった。
このカテゴリの大会は観客に空席が目立っていたが、決勝はさすがに観客が入っていた。

決勝に来た国同士であって、さすがに互いの力は互角だった。特にベネズエラのGKの好セーブは目に見張るものがあった。
そして前半35分イングランドが一瞬の隙を突き、ベネズエラのGKが弾くも、それを拾い先制弾!
それからはベネズエラが攻めまくるもイングランドが要所要所に防ぐ。

後半に入って、選手交代し、ベネズエラに流れが来るも、ゴールまではなかなか行けない。そして75分にベネズエラにPKのチャンスもGKが見事に防ぐ。
PK失敗に天を仰ぐペニャランダ。
ペニャランダ
このペニャランダと言う選手はネイマールを彷彿させられるプレイで驚かされた。

そしてタイムアップ。イングランドがこのカテゴリ初の優勝。そしてW杯の名のつく大会では66年W杯以来の優勝となった。
イングランドが同時期に行われたトゥーロン国際大会でも優勝している。イングランドの若手が世界大会で活躍していて、将来が楽しみになってくる。
U20イングランド


敗れたベネズエラも主要国際大会で初の決勝進出。今後に楽しみな国となった。今ベネズエラは政情不安でガタガタだが、この世代の活躍は国に希望を灯す事になるだろう。ロシアは無理でも次のW杯には出てくるかもしれないと言う期待も出て来た。

そしてベスト4に残った3カ国。ウルグアイ、イタリア、ベネズエラは今大会日本と対戦したチームなので。日本は強豪とやれた事が東京五輪へと繋がってほしい。
イングランド初優勝おめでとう。ベネズエラにも未来に希望が見えた戦いぶりだった。
U20を制したイングランド代表


イングランドが初優勝!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【第6節 2017年6月10日(土)】へ
  • 【第6節 2017年6月11日(日)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第6節 2017年6月10日(土)】へ
  • 【第6節 2017年6月11日(日)】へ