FC2ブログ

「私事」
日常(自分のブログや趣味など)

携帯と言う表現

 ←CHAPTER3「悲哀の少女・後編」11 →パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット
 この物語を読んでるみなさま。今回はこの物語に出て来る携帯と言う表現について、話しをしようと思います。

 この物語に出て来る携帯ですが、スマートフォン(以下、スマホ)なんです。お気づきになられた方はいたでしょうか?

 携帯電話とスマホは使いわけられる事が多いですね。i-phoneもそうでしょう。

 
 携帯と言う概念は人それぞれですが、私は何故、それを携帯と文面で表現してるのか?これを書いてる時は私の携帯はガラケーですが、スマホに変えてもそれを携帯と言うでしょう。

 誰かと話して、相手のスマホの着信音が鳴っても、「携帯鳴ってるよ」って言いますからね。

 小説を読んでみても、文面でスマホ、あるいはスマートフォンと書かれてますね。
正直、最初は私もスマートフォンあるいはスマホと書こうとしましたが、「スマホを取り出した」とか「スマートフォンの画面を観た」ってなんかしっくりこなかったし、私がスマホの事を携帯と言ってるので、携帯と表現する事にしました。

 ただ携帯電話とスマートフォンは分けられてるので、携帯と書いてます。

 スマホとわかるようにするために、「携帯の液晶画面を親指で弾いた」とか「携帯の液晶画面にマップを表記した」と書いてます。

 この物語に出て来る携帯はスマホなんです。スマホとわかりにくければ、今後はスマホと表現しようかと考えてます。

 楷真誠良達、多野冴、あるいは世間一般からかけ離れてる職業に就くキャラ(神里グループの人間、張一族の関係者)の使ってる携帯は特殊携帯、あるいは特殊なスマートフォンです。機種は通常ですが、携帯に普段では手に入りにくいアプリとかが備わってます。そんなの使うとなるとお金がすごくかかってしまいますね(笑)。

 スマホと表現しようか迷ってる最中ですが、しばらくは携帯と書いていこうと思います。
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【CHAPTER3「悲哀の少女・後編」11】へ
  • 【パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット】へ

~ Comment ~

No title

こんばんは。
私も、この携帯の表現の仕方には、とても迷いました。
今ではもう、iPhoneとスマホ人口の方が、多いような気もしますしね。
私はまだガラ携なんですが。

どうもスマホ、スマートホンでは感じが出ないので、私はもうしばらく携帯で行こうと思っています。
携帯する電話、という意味では、間違っていませんもんね。

楓さん(とお呼びしていいのでしょうか)は、とても長編を書かれているのですね。
遅読なもので、なかなか追いつけないとは思いますが、また寄らせていただきますね^^

limeさんへ

コメントありがとうございます。

もしかしてここまでもう読まれたんですか?それとも私のブログに入って、この記事に入られたのがここだったとか?

携帯と言っても携帯電話とは書きませんね。スマホは携帯の一種とも言えますが、その辺は分けて考えています。

書く時から長編ものになる予定ですが、2話目はこんなに長く書くことになるとは思ってませんでした(笑)。

楓さんで結構ですよ。いつでもいいのでまたいらしてください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【CHAPTER3「悲哀の少女・後編」11】へ
  • 【パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット】へ