「サッカー」
2018 FIFAワールドカップ 欧州予選

欧州予選 第9節。

 ←W杯南米予選 第17節。 →欧州予選 最終節。
この記事を書いてる頃には最終節が終わっているところもあるが、ひとまず9節で印象に残った試合を書こうと思ってる。

まずは北アイルランド対ドイツ。ドイツはこの試合引き分け以上で、W杯出場が決まる。北アイルランドは公式戦4年間無敗のホームで戦うし、ドイツは引き分けになるかと思いきや、なんと3-1で北アイルランドを下した。北アイルランドはこれで無敗記録が途絶える形となった。でも北アイルランドはまだW杯出場の望みが残されている。とりあえず「はプレーオフを残すのみ。
ドイツはほぼ若手中心でこれだけの結果を出せるとは驚きだ。国内リーグではCL、ELでドイツ勢のクラブの不振が目立つから、代表にも影響があるかと思いきや、それは杞憂に終わった。やっぱ育成に力を入れているだけあるね。
9連勝中のドイツ。
出場を決めたドイツ



イングランド対スロベニアは後半アディショナルタイムにケインが値千金のゴールを決め、W杯出場を決めた。
ケイン

しかしこの試合はW杯出場を決める大一番なのに、9万人のキャパシティを誇るスタジアムに6万人しか入らず、なおかつ試合内容も低調なため、紙飛行機を作ってピッチに飛ばすと言う行為も見られた。W杯出場を決めたイングランドにとってはなんとも寂しい出場決定となった。

スペイン対アルバニアは前半の内に3点を決め、ホームで3-0で勝利、同組のイタリアがホームでマケドニアとドローとなってしまったため、スペインのW杯出場が決まった。カタルーニャ独立問題に言及するピケがブーイングされてたが、それに物怖じせずプレーしていた。ピケは累積で最終戦のイスラエル戦は出場できない。

アルメニア対ポーランドは6-1でポーランドが勝利!
レバンドフスキがハットトリックを決めて今予選最多ゴールとなった。
レバンドフスキ
ポーランドは最終節モンテネグロ戦で引き分け以上で出場が決定する。

アンドラ対ポルトガルは前半スコアレスで折り返すと、後半にイエローの関係で温存していたクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決め、今予選最多ゴールを決めているレバンドフスキに並んだ。
途中出場クリロナ

ポルトガルは最終節連勝中のスイスとホームで対戦する。この試合ではポルトガルが勝てばW杯出場決定。初戦でスイスに敗れた借りを返せるか!やはりポルトガルとスイスの直接対決で決まると思っていた。

ドイツ、イングランド、スペインがW杯出場が決まる。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【W杯南米予選 第17節。】へ
  • 【欧州予選 最終節。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【W杯南米予選 第17節。】へ
  • 【欧州予選 最終節。】へ