「サッカー」
その他のサッカー関連記事

その他の地域予選。

 ←W杯南米予選 最終節。 →欧州プレーオフの組み合わせ決まる。
主に欧州、南米予選の事を記事してるが、他大陸の予選についても書きたいと思う。

まずはアジアプレーオフのシリア対豪州。第1戦はシリアが正常不安定のため、中立地マレーシアで開催された。豪州先制も、終盤にシリアに疑惑?のPKで同点!第1戦は1-1のドローとなった。

続く第2戦は豪州のホーム。シリアに先制弾を喰らうも、ここで見せたのは豪州の点獲り屋ティム・ケーヒル。同点弾とし、延長に突入!そこでもケーヒルが見せ、勝ち越し弾!豪州は北中米のプレーオフ代表と11月にW杯出場をかけて、大陸間プレーオフに進出する事になった。
ケーヒル(中央)が勝ち越し弾を挙げる。
ケーヒル

豪州はこの男が救った。確かにケーヒルは偉大だけど、若手が活躍してほしいなって思う。どうやら豪州の良さが出ないのは監督の戦術に影響ありと言うが・・。一応アジアカップを自国開催で優勝させてるからね。11月のプレーオフも頑張って出場権を得てほしい。


そしてアフリカではナイジェリア、エジプトが出場を決めた。ナイジェリアはカメルーン、アルジェリアと前回W杯出場国が同居するグループを勝ち抜き出場。エジプトは7大会ぶりに三回目の出場が決定した。

ナイジェリアは前回大会に続き、旋風を起こせるか!
ナイジェリア代表

エジプトはアフリカネーションズカップで優勝経験が多いから、何故W杯出場できないのか?疑問だったが、アフリカは強豪の移り変わりが激しいので、出場するのは容易ではなかったんだろうね。
エジプトは今やリバプールに所属するサラーに注目だ。
サラーは下位で右から二番目。
エジプト代表

そして北中米。メキシコ、コスタリカと出場を決め、ここでなんと最大の波乱が起こった。なんと米国が最終節でアウェーで最下位トリニダード・トバコに敗れ、予選敗退となった。
米国は序盤からホームで敗れるなど、調子が良くなかったが、最終節の前には出場権の3位になってた。最終節で引き分ければ出場決定と言うが、トリニダード・トバコに敗れてしまい、前半のふがいなさのつけが回ってきたのであった。
出場を逃した米国代表。
敗れた米国代表

米国はサッカーの人気は今一つだが、元はスポーツ大国故にサッカーは強い方だ。南米諸国みたいに暴動は起きないだろうが、敗退にショックは隠しきれないだろう。アルゼンチンも同じ状況に陥っていたが、最後はメッシが救った。つまり米国にメッシはいなかったと言う事だろう。

そして米国に変わり出場権を得たのはパナマである。パナマは初出場となり、豪州とのプレーオフはホンジュラスとなった。ホンジュラスはコスタリカを前回大会ベスト8に導いたピント監督が率いる。豪州はこの監督の戦術に勝てるのだろうか?



米国まさかの敗退!
パナマ初出場!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【W杯南米予選 最終節。】へ
  • 【欧州プレーオフの組み合わせ決まる。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【W杯南米予選 最終節。】へ
  • 【欧州プレーオフの組み合わせ決まる。】へ