「私事」
日常(自分のブログや趣味など)

北への旅 後編。

 ←北への旅 前編。 →2018年W杯へ挑む23人を発表。
札幌に夜中に着いて、1泊した後、この日は札幌市内の観光に1日費やした。

朝10時くらいに札幌駅から地下鉄で終点福住駅まで行った。料金は230円くらいで、およそ15分くらいで着いたから、「あ、もう着いたん」って感覚だった。

ここに来た目的は2002年W杯の会場にもなった札幌ドームに行くためだ。
福住駅から徒歩10分くらいで、札幌ドームが見えてくる。
札幌ドーム

札幌ドームの施設の中にはW杯時に試合を行った国の代表ユニフォームが展示されていた。
左からアルゼンチン、エクアドル、イタリア、ドイツ。
ユニフォーム

そしてこれは対アルゼンチン戦でイングランドの当時の監督、エリクソンが書いた作戦ボード。
作戦ボード

そしてこれはアルゼンチン対イングランドに使われた試合球の紹介ボード。
試合球

札幌ドームはサッカー、野球兼用のスタジアムなので、試合によって芝を入れ替えると言う。
メンテナンスを行っている人達がいました。御苦労さまです。
ピッチの張り替え

午後からは藻岩山と言うところに行った。福住で昼食をとった後、再び地下鉄ですすきのに戻り、札幌市電と言う路面電車で無料バス乗り場と言う駅で降車した。
藻岩山のケーブルカーまでは無料だが、時間が空いてたので、そのまま歩いていった。しかしケーブルカーの入り口までは急な坂だった。
ケーブルカーは頂上の駅と中間の駅があり、とりあえず中間の駅までの往復券1100円分を買って、そこから歩いていこうと思ったが、中間駅から頂上駅までは登りがきついなって思い、頂上駅まで再び片道の切符を350円で買った。

頂上では札幌市内を一望できる。夜だったら綺麗だろうな。
札幌市内

その後は大通公園に向かい、テレビ塔に行った。
テレビ塔

テレビ塔の中に入り、展望台に上り、夜の大通公園を見下ろす。
うわあ綺麗だな。
夜の大通公園

この夜景は長崎、神戸と合わせて、日本三大夜景となっている。



次の日は札幌駅から新千歳空港行きのバスに乗って、空港へ向かった。ああ札幌とお別れだよな。

新千歳空港に着いて、驚いたことは空港自体がショッピングセンターのようだった。
4階には映画館となっている。
千歳空港4階

3階はフードコートとなっていた。
千歳空港3階

画像はないですが、二階は本屋とかたくさんのテナントが入っていた。

この空港は飛行機に乗る目的だけでなく、空港だけでも楽しめるようになってんだなって思ったよ。

空港内を楽しんだ後、出発の時間が迫ってきたので、飛行機に乗って帰路に着いた。

私は旅は好きな方だが、この北海道まで来たのは生まれて初めてだった。私の住んでる地域からはかなり遠いし、一生縁がないかと思ったが、フェリーの事を色々と調べてると関西から北海道に行ける事を知り、いつかは行ってみたいと思い、遂に実現したと言う訳だ。

北海道に行って、札幌については人が多いのは何処も一緒だなって思いつつも、道路が少しばかり広いなってと言う印象を受けた。地名が南○条とかと、東西南北の地名が多い。

まだ5月に上旬なのか?肌寒い感じがして、冬用の格好をしている人が多かった。気温が低いと言ってたが、ある程度羽織ってたら、それほど寒いとは感じかなかったけどね。
最近は外国からの観光客が多いが、中国からではなく、アラビア系や東南アジア系の客もたくさんいたから驚いた。

北海道には札幌だけでなく、函館や旭川や釧路や稚内にも行ってみたいと思ったが、時間の関係で、札幌だけとなった。でもそれだけでも満足だ。

いつかまた時間があればまた何処か遠くに旅したい。






スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【北への旅 前編。】へ
  • 【2018年W杯へ挑む23人を発表。】へ

~ Comment ~

北海道の土地が危機

 外国人・・・と言うか中国人に買い漁られているそうな。心配です。観光客が来るのは良いけど、招かれざる客には頭が痛そうです。

miss.keyさんへ

私も札幌で外国人観光客を観た時、勿論観光で来てるんでしょうが、招かざる客かもって思いたくもなったりしましたね。
でもまあ大半は
中国はビジネス面で勢いがありますからね。北海道は広いし、土地の誘致等に最適でしょうな。でも健全な経営ができるかどうかはその人物しだいでしょうね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【北への旅 前編。】へ
  • 【2018年W杯へ挑む23人を発表。】へ