FC2ブログ

「サッカー」
FIFA WORLD CUP 2018

バルカンの炎健闘も、レブルーが20年ぶり世界制覇!

 ←8月になりました。2018年。 →9月になりました。2018年。
W杯が終了して、だいぶ経ちますが、まだ決勝までの記事を投稿していないので、今更ながら投稿させて頂きます。
決勝は二回目の優勝を狙うフランスと初の決勝進出をした旧ユーゴのクロアチアとの対戦となった。

フランスは内容が低調な部分が続くも、守備を構築して勝ち進め、対するクロアチアはグループリーグ三連勝も、決勝トーナメントからは三試合とも延長を戦い、フランスよりも事実上一試合多い形となっている。
フランス有利な形となるが、クロアチアは今大会さまざまな困難を乗り越えて来た国だ。是非とも初優勝をしてほしい。

決勝前のセレモニーでウィル・スミスが出演する事が事前に決まっていたので観た。セレモニーで歌を歌ってた。
ウィルはハリウッドの黒人俳優でヒット作がかなり多い俳優だ。
ウィル・スミス

それよりもロナウジーニョが端っこでサンバのリズムで太鼓を叩いてたのを観て驚き、嬉しさもあった。
ロナウジーニョ

そして決勝戦。クロアチアは事実上1試合分多いが、その影響がなく、果敢に攻めていた。でも早い内に先制をしておかないとと思いきや、クロアチアがファールを獲られ、フランスにFKのチャンス。
グリーズマンの蹴ったボールがクロアチアゴールに入り、フランス先制!
でも画像観るとマンジュキッチの頭に当たってゴールに吸い込まれたので、クロアチアのオウンゴールになった。
こんな大事な決勝戦でこういう形で点を獲られて嫌な感じがした。
クロアチアのダリッチ監督の暗い表情が鮮明に映し出されてたよ。

でも前半の内にペリシッチが同点ゴールを決めた。
ぺリシッチ同点ゴール

これで振り出しに戻り、後半へ。
後半もクロアチアのペースだったが、それをぶち壊す出来事が起きる。突如としてピッチ内に何者か乱入してきた。
乱入

乱入してきた輩はあからさまにエムバぺとハイタッチ。
エムバぺとハイタッチ

乱入者に怒るロブレン。
怒るロブレン

つまみだされる乱入者達。
プッシーライオネットのメンバー

現時点だから書くけど、このメンバーはプッシーライオネットと言う反プーチン派のバンドメンバーのようだ。よくプーチンに抗議して、禁止エリアで無断でバンド演奏して大目玉を喰らってるらしい。
この国でそういう事やってとんでもない目に遭わせられるんじゃないかと懸念している。そして禁固15日の刑を喰らった。

乱入者が追い出されたものの、クロアチアからフランスペースとなり、ポクバが3点目となるゴール!
3点目ポクバ

そして今大会注目のエムバぺが4点目のゴール!
4点目を決めるエムバペ
エムバぺはこれでペレに続いて、10代で決勝を決めた二人目の選手となった。

しかしフランスがそれに慢心したのか?GKロリスがボール処理を誤り、それを詰めていたマンジュキッチュが2点目を返す。
マンジュキッチ 意地の2点目

そしてタイムアップ!フランスが20年ぶり二度目の優勝を果たした。
クロアチアはここまで勝ちあがってきたものの、延長の連戦が響いた形になってしまった。
クロアチアは今回がチャンスだったので、国の情勢、自チームでの困難を乗り越えて優勝してほしかった。

そして表彰式が始まったが、雨がすごかった。
まずヤングプレーヤー賞、今大会のMVPが発表された。
ヤングプレーヤー賞はエムバぺとなった。
MVPはモドリッチとなり、私はMVPにモドリッチが選ばれた事はすごく嬉しかったよ。
モドリッチとエムバペ

得点王はイングランドのケインとなった。
得点王ケイン

GKに贈られるゴールデングローブ賞はベルギーのクルトワの贈られる事となった。
ベスト4に進出した国がバランス良く選ばれた感じだったね。

そして遂にフランスが優勝カップを高々と上げる。
優勝フランス

フランスの監督であるデシャンは20年前の自国開催で主将してカップを掲げ、今回は監督して優勝を経験する事になった。
選手、監督して優勝したのはブラジルのザガロ、ドイツのベッケンバウワーに続いて3人目である。
デシャン監督

フランスは決して内容がいいサッカーをしてなかったが、点を決めるところは決めていたね。内容をよく思わせないのも相手を油断させるための戦略かなって思ってしまう。
でも決勝では1点目のFK、2点目のPKは本当にファールだったのかと思う。特にPKのところではボールが手に触れていたけど、あの場合は故意か不可抗力かのどちらかが問われる。自分的には不可抗力だと思ったけどね。

今大会は本当に好勝負が多かった。スコアレスドローはたったの1試合だけだったからね。後はドローでも点が入ってた。
そして自分的に良かったと思ったのはクロアチアとベルギーだ。ベルギーは優勝候補に挙げられ、本当に強い印象を受けた。
決勝トーナメント1回戦の日本との対戦は本当に好勝負だったと思う。ベルギーは日本を賛辞してたし、これを教訓にブラジルに勝利し、ベスト4でもイングランドを倒して過去最高の3位となったんだからね。
クロアチアはグループリーグ三連勝は良かったが、決勝トーナメントでは延長の連続もそれでも勝ちあがって来た。優勝候補なんて言われてたけど、決勝まで来たのは驚いたよ。

クロアチアは協会内が腐敗、それに大会中にカリニッチが途中交代を拒否して、チームから追放。そしてベスト8でロシアを破った時も、チームスタッフがロシアを仇敵としているウクライナのクラブを賛辞して、スタッフが解任となった。
それでもチーム一丸となり、決勝には敗れはしたものの、同国最高の準優勝となった。
自分はクロアチアこそ真の勝者だと思ってる。
クロアチアの快挙に国中が祝う形となった。
クロアチア凱旋

欧州では9月からUEFAネーションズリーグが開幕する。今回優勝できなかったクロアチアもベルギーも是非優勝目指して頑張ってほしい。

そしてフランスは次のW杯で優勝国は次のW杯でグループリーグ敗退すると言うジンクスを跳ね返してほしい。21世紀になってそういうジンクスが出始め、フランスから始まった。それを止めるのもフランスだ。
来年は女子W杯がフランスで開催される。女子のフランス代表も男子に続いてほしい。

今回のW杯関連の記事は非常に少ないです。前回の半分にも満たない形です。忙しさと言うのもありますが、書く気力が前回に比べてだいぶ減っています。
EURO2016の時にも実感したのですが、グループリーグだと容赦なく進んでいくので、自分の気力では追いつけなくなります。今回もそれを実感して、自分が印象に残った試合だけを書く事にしたのですが、好勝負が多くて、書こうにも追いつけない状態でしたね。
グループリーグで散った国々にグッドルーザーを挙げる国は自分的に、イラン、ペルー、アイスランド、コスタリカ、セルビア、パナマなどを挙げようと思います。
パナマは三戦全敗でしたが、よく戦ったと思います。
サポーターも感無量ですね。
パナマサポーター

W杯が終わってもサッカーは続く。これからもサッカーを観続けます。


フランス優勝でW杯が終わる。
クロアチアは準優勝も真の勝者!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村








スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 私事
総もくじ 3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 私事
総もくじ  3kaku_s_L.png BLACK PARKA -ブラックパーカー-
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編、SS、読み切り
  • 【8月になりました。2018年。】へ
  • 【9月になりました。2018年。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【8月になりました。2018年。】へ
  • 【9月になりました。2018年。】へ