自分勝手な想像世界 The selfish imagination world

ここに見えられた皆さま。我がブログへようこそ。自分勝手に物語を書いたりしてます。アクションやサスペンス。恋愛、そして官能系とさまざまです。「私事」では日々思った事を日記形式で書いています。小説の他にも自分の趣味である映画やサッカーの事についても書いてます。リンクフリーですが、ご一報頂けると嬉しいです。

FINAL CHAPTER「親愛の贈曲」38

FINAL CHAPTER「親愛の贈曲」

美紅と香奈は交わした唇を離し、互いに向き合い微笑んでいる。

その様子を見た水鳥は、
「よくやるわね。同性ならずとも異性同士でも照れるんじゃない。でも先生は不純交遊は許さないわよ」
水鳥は冗談じみた感じで美紅と香奈に言い放った。

それを聞いた香奈は水鳥を睨みつける。
「何が不純交遊は許さないわよよ!お父さんとお母さんを殺した人に言われたくない」
「別に冗談で言っただけよ。こういった状況なのによくやるなあって。でもここから生き延びられたらの話だけどね」
「生き延びるわよ。この人は私に生きると言う事を教えてくれた。だからこれからも!」
「まあ頑張りなさいな」
香奈の発言に冷笑を浮かべる水鳥。

香奈の発言に、美紅は心配そうな表情を浮かべる。
「香奈。駄目よ挑発したら」
「うん。怖いけど、美紅さん、いやカル・・」
「どうしたの?」
「いや・・もう美紅さんって呼ぶのも、なんか遠慮してる感じだし」
「じゃあグッピーって呼んで」
「うん」
香奈は笑顔で返答した。

二人の様子を見守った誠良は零一と水鳥に顔を向ける。
「俺達がこういった仕事してるし、親父はその組織のトップに立つ人間だった。だから許しがたい事を行っていただろうと思ってた。だがあんたらのやり方は組織の意に反する。だから親父はあんたらを消す決断をせざるを得なかったんじゃないか?」
「そうねえ。貴方の父親は“生かさず殺さず”がモットーだから、それに殺しもする私達は相いれないでしょうね。でもお父さんの事嫌いじゃなかったわよ」
「じゃあ何で親父はあんたらを抹殺する決断をしたんだ?まさか・・俺がさっき話したあの件に関係あるのか?」
誠良は父、隼人が何故、零一、水鳥の兄妹が抹殺を決断せざるを得なかった理由が、その件に絡んでいるのではないかと思い、その事を水鳥に問い始めた。

水鳥が返答を始める。
「まあそうねえ。その件についてはさっき楷真君が話したように、痛ましいものだったわ。とある母娘は震災で家がなくなり、つてを頼ってこの夢富町へやってきた。ところがこの少女に対しては差別だった。その母娘が住んでいたところは原発の施設があった地域でね。震災の影響で施設が倒壊して、放射能が漏れたのよ。その事もあって少女はいじめに遭った。きっかけは子供の些細な事からだけど、やがてそれはその地区全土に広まった。少女は孤立し、母親も抗議もしたが、学校は体裁を気にして取り合わず。母親は苛めた子の親に抗議するも、逆にその親達から抗議を受け、少女への苛めも止まらず、やがて母親は心臓が悪かった事もあって、心労で逝去。しかしその少女への苛めは止まらなかった。少女はやがて高台から飛び降り自殺だけど、事故として片づけられた」
「ひどい・・」
水鳥の話に香奈は沈んだ表情を浮かべる。

水鳥が続ける。
「痛ましいわね。でも真相は違う。クラスの何人かかが少女を高台に追い詰めて、少女は足を滑らせて転落。まあ事故としては事故だけど、過程からすると今までの事が表沙汰になるのはまずい。しかし何らかの形で一介のジャーナリストに漏れてしまい、この事がマスコミに漏れる事になった。でもこの件はさっき楷真君が話したように、即座に夢富町の議会で手を打たれ、マスコミに封じる事に成功した。そしてその地区でも回覧板でマスコミ対策についての冊子が配布された。まあマスコミが来ても知らぬが存ぜぬが返答しろと丁寧に書かれた文面がね。実はあの地区では事業が絡んでいたの。この件が漏れれば頓挫の可能性があった。その事業に絡んでいたのは西寺花蓮の父、西寺宗彦。そして谷尾さん。貴方のお父上も利権に絡んでました」
「え、俺の親父が、その件に・・」
水鳥の発言に勝司は意外そうな表情を浮かべる。

事業の件を聞いた誠良が水鳥に問う。
「俺の親父もその件に絡んでいたと言うのか?」
「確かにお父さんは隠蔽に絡んでいたけど、その事業が理由じゃない。簡単に言えばその件に関わった人間達の破滅をさせるためよ。まあある事をでっちあげて、一つの家庭を崩壊させるとかね」
「そういえば親父から、ある一家の家庭を崩壊させる工作をやってみろと提示された。それでまゆと準備したら、突如中止命令が出た」
「そりゃ出るでしょうね」
「それはあんたらがその関係者達の家族を繋がりのない犯罪グループを手引きして殺害、詐欺、強盗を企てたからじゃないか?」
誠良は水鳥に対し、感情的にぶつける。

「そうね。“依頼人”はこの事を知って憤ってたわ。隠蔽されて加害者達はのうのうと生きる事にね」
「でも親父が!」
「“依頼人”はね。命の対価に家庭崩壊じゃ生ぬるいと言ったのよ。間接的にとは言え、母娘の命がなくなっているんだから、それに対する対価は命を奪う事だってね」
「だからその地区の何人かの家族を・・」
「そうねえ。でもお父さんが楷真君と河奈さんに工作中止命令が出た原因はこれだと思うな」
水鳥はそう言ってタブレットをタップして、誠良達にその画像を提示させた。


水鳥が誠良達に提示した画像とは?

FINAL CHAPTER「親愛の贈曲」37

FINAL CHAPTER「親愛の贈曲」

香奈が水鳥の言葉に驚いた表情を見せる。
「か、楷真君のお父さんが・・お父さんってどういう人なの?」
香奈の問いに誠良、麻岼、美紅は口を閉ざす。

その様子を見た水鳥は口を開く。
「楷真君達にとったら、なんて事ないけど、間倉さんにとったら驚くわよね。私達はね、世間における人間達のトラブルを滅する組織の人間よ。そして楷真君のお父さんはその組織のトップに立つものよ。彼こそが真の“D”であるのよ。“D”となれば法にとらわれず動く権力などが得られるし、あらゆる特権も得られる」
「その反面、“D”となればそれなりの責任が伴うのよ」
「そうね。失敗すれば批難、失脚がついてまわる。冷奈、今貴方が“D”なんでしょ?大変だよね」
水鳥は馬鹿にするような態度で冷奈を冷笑した。

会話を聞いてた香奈が口を開く。
「今この人が“D”なら、楷真君のお父さんはどうなったの?」
香奈の発言に誠良達は無言のままだ。

誠良達の様子を見た水鳥は、
「そりゃ言えないよね。私から話そうか?」
「水鳥、貴方は喋りすぎよ!」
冷奈はすばやく右手でスーツの胸ポケットから何かを取り出そうとする。

その瞬間、バスッと言う音が響き、冷奈は右肩を負傷し、地面に倒れる。
「あああ・・・ううう・・」
冷奈の右手の近くには拳銃が落ちている。冷奈は左手で出血する右肩を抑え、苦悶の表情を浮かべる。

「高城さーん」
誠良は叫びながら、麻岼と冷奈の元に駆け寄る。
「高城さん。しっかり!」
麻岼が苦しむ冷奈に声をかける。

「楷真君。冷奈の持ってる拳銃をこっちに蹴って」
水鳥の声に振り向いた誠良は、サイレンサー付きの拳銃が目に入った。
冷奈を撃ったのは零一だった。

「あわわわわ・・・」
勝司と久代はこの状況に震えている。

「さあ早く。銃をこっちに蹴りなさい!さもないと」
水鳥は冷奈の右手に落ちている銃を蹴るように促し、零一の銃口は美紅と香奈の方向に向けられている。

香奈は美紅を抱きよせながら震えている。
「こ、ここ日本だよね。な、何で銃が・・?」
「間倉さん。ここが日本でも私達のような人間なら銃だって手に入りやすいのよ」
香奈の疑問に笑顔で返答する水鳥。

誠良は状況を考慮し、冷奈の持っていた銃を右足で水鳥の方向に蹴った。銃は水鳥の足元に届き、それを水鳥が右手で拾った。
「さあ間倉さんは何で今の“D”が冷奈なのか?知りたがってるわね」
「み、水鳥。こ、これ以上は!」
苦悶の表情で訴える冷奈に、誠良は右手を出して制止する。

誠良が浮かない表情を浮かべながら口を開く。
「殺されたんだよ。親父もお袋もな。一カ月前に起きた無差別テロでな」
「え、え、え、わ、私そんなつもりで・・は。ご、ごめんなさい」
誠良の返答に香奈は下を向いて、悔いた表情を浮かべながら涙を流す。

悔いる香奈を見ながら誠良は穏やかな表情を向け語り始める。
「いいんだよ。君は両親を亡くした真相を知ったばかりだしな。それには俺にも責任がある。一か月前の春休みに俺とまゆとグッピーはロンドンに行ってたんだ。俺達は観光がてらだったが、親父とお袋は会合の関係で仕事に行ってたんだ。だがその会合場所が爆発を起こした。仕掛けられた爆弾と自爆テロによって100人近くの死者が出た。現場は悲惨な状況で遺体の判別もつかない状況だった。犯人は特定したが、非公式でこのテロを手引きした人間がいる言う情報があった。俺達は高城さん達に関わるなと忠告を受けながらも非公式で調査してた。だが未だにそいつは誰かは判明してないけどな」
「私達よ」
水鳥はあっさりと告白した。

それを聞いた誠良は怒りの表情を向ける。
「な、何故だ。親父があんたらを抹殺しようとしたからか?」
「それは違うわよ。あの人に恨みなんかない。むしろ尊敬の念があるわ。ただ利害の一致と言う事かしら」
水鳥は関わっていた事を語るも、深い部分までは語らなかった。

そんな様子を見た美紅は香奈に声をかける。
「香奈。カイは私に配慮して話さなかったけど、私の母もそこにいたの」
「え?本当なの?」
「本当よ。母はカイの両親と仕事をする事が多かったの。だからロンドンでの仕事も一緒だったの」
「そんな・・」
「香奈。貴方を母に会わせてあげたかったわ」
美紅は涙を流しながら、香奈に告げた。

そんな美紅を見て香奈は、
「美紅さん。親の事話さないから、聞いたらいけないと思ってた」
「谢谢(ありがとう)。感謝するわ。私も貴方にももう親はいない。でも私にはカイもまゆもいる。そして貴方がいる。亲爱的你(愛する貴方が)」
「I love it, too.(私も愛してる)」
美紅と香奈は涙を流しながら、互いに抱きよせ、唇を交わした。


緊迫した状況で、微かに生まれる愛と希望。

FINAL CHAPTER「親愛の贈曲」36

FINAL CHAPTER「親愛の贈曲」

冷奈の姿を見た和世は声をかける。
「あら久しぶりね。冷奈」
「何が久しぶりよ」
「その反応だと死んだ相手が生きてると夢にも思わなかったかな?」
和世の言動に冷奈は口を閉じる。

その言動に誠良が口を開く。
「どういう事ですか?」
「貴方が知る必要はない」
誠良の問いを冷奈は拒絶するも、その言葉に反応した和世が口を開く。
「そりゃそうだもんね。私と兄がここに何故いるのか?言えないものね」
「黙って!この子達には関係ない事よ!貴方達との事は私達との問題でしょ?」
冷奈は和世に誠良を遠ざけるように促す。

冷奈が怒りの表情で前に出る。
「それに琴美様を巻き込んだ事は許せないわ」
「巻き込んだって!選んだのは彼女じゃない!羽島先生への依存、そして堀本舞子への嫉妬心。事はうまく運ぶかわからなかったけど、彼女は堀本舞子への憎悪が増したわ。そして彼女を追い詰めるピースとして、西寺花蓮は適任だった。玉野先生だって事なかれ主義だからね。でも音梨琴美は自分の過ちに気付き、その依頼をキャンセルしようとした。そこで計画は終わったわ」
「計画が終わった?それ以降も舞子さんは苛めに遭い、挙句の果てに自分のクラスメイト達に追い詰められ、屋上から転落したわ」
「それは申し訳なかったと思ってる。“依頼人”もこの事は悔やんでいたわ。この件はクラスメイト達にはメールで忠告したにも関わらず、勝手に暴走したわ」
「自分達は関係ないって言うつもり?」
「そうは言ってないわ。一度動き出したら止まらないって事かしら?それに楷真君達がどう出るか興味があったからね」
和世の発言に誠良、麻岼、美紅が反応する。

誠良が口を開く。
「俺達がどう動くか見ていただと?」
「そうよ。私達は黙って貴方達の動きを見てたけど、がっかりしたわね。自分らの正体を知られないように行動するのは悪い事じゃないけど、それに拘り過ぎて躊躇しすぎよ。だから最悪の結果を招いた。制裁喰らわしたのは玉野先生くらいかしら」
「そんな俺達は?」
「楷真君!」
反論に出ようとする誠良を冷奈が阻止する。
「そうね水鳥(みどり)。その事は否定しないし、彼らにもこの事は叱責したわ」
「水鳥?」
和世が水鳥と呼ばれてるのを聞き、誠良が反応する。

冷奈が続ける。
「そうよ。彼女の本名は黒咲水鳥(くろさき みどり)。そして下條先生の方は黒咲零一(くろさき れいいち)。二人は兄妹よ」
「なんかその名前聞いた事あるぞ」
「二人は組織内でもトップクラスの工作員・・だった。でも危険人物としてマークされていた」
「そういや。その二人は記録では死んでいると言う事になっていたようですが・・それが何故ここに?」
「ここから先は話せないわ」
「そうですね」
冷奈の言葉に誠良は納得する。

水鳥が冷笑を浮かべ口を開く。
「話してあげたら?私達が対象者をいとも簡単に殺すのが気にくわなかったって?同じようなものだけど考え方の相違と言う事ね」
「殺すべき人間じゃない人間も殺したじゃない。殺されなくても琴美様や舞子さんに深い傷が残ったのよ!」
「だからそれは申し訳なかったって言ってるでしょ!・・・ねえ楷真君。今回の騒動を招いた西寺花蓮達をどうするつもりなのかしら?」
水鳥が誠良に顔を向け、今後の事を問う。

誠良は思い口を開く。
「そ、それは今回堀本の件に関わった人間達はネットの掲示板等で暴露し、生き地獄を味わう事になるだろう。結果的に大多数であるからどの程度関わってかによっては、どれくらいの制裁かは今後の調査でわかる事だけど・・」
「確かにどの程度やっていたかによっては制裁の程度も変わるわね。まあ学校には居られなくなるわね。でも結局それで終わるんじゃない。西寺花蓮や衛原一美等は刑事事件になるだろうけど、他の人間は学校を変わるだけで終わるんじゃないかしら」
「だからそうならないように、各教育機関に関わった人物は通知するさ」
「そうね。でも学校はこの件を表沙汰にしたくないでしょうね。勿論貴方達も私達も表沙汰にされてはこまるでしょうけど、彼らはしばらくは心が折れた状態になるでしょうけど、けど時間経てばケロッとして日常に戻る。皆が皆とも言えないけど、また同じ事を繰り返すわ。私達が殺す事に躊躇せずに生きるのと同じようにね」
冷笑する水鳥。

その言動に怒りの表情を浮かべる冷奈。
「ふざけないで。そんな考えだから・・危険人物と認識されるのよ!」
「その危険人物と認識され、誰が命令して私達を消そうとしたのか?わかる楷真君?」
「水鳥!それ以上は!」
「貴方の父親、楷真隼人(かいま はやと)よ」
水鳥の発言に誠良は絶句した。


一年を経て連載再開!
誠良の父親隼人が零一、水鳥を消そうとした理由は?






A HAPPY NEW YEAR 2018

日常(自分のブログや趣味など)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ブログ開設して五度目の年越しを迎える事になりました。

昨年は「Music of Life」を休止して、書きたい作品を書く事をテーマにし、色々と書いてみましたが、全だいたいが「Music of Life」のネタばれに繋がる事になるので、なかなかブログの方に掲載できませんでした。
ただ「BLACK PARKA-ブラックパーカー」の二作目の着手できました。でも最後まで書ききれる事はできなかったですね。

ブログ始めて5年目を迎えようとしてますが、年々、更新、訪問の数が減っていっているなって思います。
今年もマイペースながら、更新、訪問を頑張っていきたいと思ってます。

さて「BLACK PARKA-ブラックパーカー」二作目は現在完結してませんが、今年は約一年ぶりに「Music of Life」を再開します。完結編を書き始めて、もう3年で空白が多く、ここまでかかってしまいました。最後だと言う事で悩んでる訳ではないんですけどね。そしてバナーはもうつけないつもりでいます。今年こそは頑張って最後まで描ければいいなって思ってます。

さて紅白は今年9月で引退する安室奈美恵を観ました。最後のステージは感動しましたね。今回は内村が紅白の総合司会だったので、なんか内村色が出ていたなって思います。途中、途切れ途切れでしか観てないですけどね(笑)。倉木も出てたので、観ましたが、コナンとのコラボは良かったですが、ほとんど共演者との絡みもなく、ただ歌ってたと言う感じでしたね。倉木らしいなって思います。初期の倉木麻衣は好きだったので、「Music of Life」ではあるキャラがそのイメージを投影する事になるでしょう。

そして今年はサッカーの祭典FIFAワールドカップが開幕します。日本はポーランド、セネガル、コロンビアと同居するグループに入ってますが、先月の日韓戦が惨敗だったので、もう期待が持てない状態ですが、本番では力を出し切って戦ってほしいと思ってます。
この大会の事は記事にするつもりですが、おそらく一試合ごとに記事にするのは結構気力がいるので、どういう風にするのかわかりませんが、特にグループリーグでは一つの記事で何試合か書く事になるでしょうね。

今年の映画ですが、今のところ「アベンジャーズ」の新作や「XMEN」の新作を観るつもりでいます。
昨年末に「ジャスティスリーグ」と「スターウォーズ 最後のジェダイ」を観ました。記事にはしてませんが、「ジャスティスリーグ」はDC版アベンジャーズのような形ですが、バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンが出てきて良かったですね。
「スターウォーズ」は物語を三分割にしたような話でした。今年観るつもりでしたが、昨年時間ができましたので観ました。

今年のラインナップですが、現時点では「BLACK PARKA-ブラックパーカー」二作目は休止して、「Music of Life」を再開します。今年完結できるかわかりませんが、完結したら次の作品を描こうと思います。

さて今年は私の作品のキャラから挨拶があります。
「あけましておめでとう。今年もよろしくな・・や。仁羅京香や。誰やって思うかもしれへんけど、BLACK PARKA-ブラックパーカー読んでたらわかるわな。まあこの作品は世間から受け入れないような人間が第三者から情報で、世間的に害を加える人間を殺す人らの話や。あたしもそんな人間やけど、まあ今回は昨年あたしらが描かれる事になったから是非挨拶してくれと頼まれたんや。BLACK PARKA-ブラックパーカーやったら日堂樹里が主役やけど、あいつはほんまマイペースでのんびりやし、天然ボケやから、京ちゃん頼むわって言うて、あたしが出る事になったんや。まああたしらのような人間がこういう祝い事をできるような人間やない事はわかってるんやけど、こんなあたしらでもファンがいるのもあって挨拶する事になったんやけどな。あたしらの物語は完結してへんけど、どっかに出てくるかもしれへん。ああそういやあたしが主役の短編があんねん。短い話やけど、この話もできたら読んでえな。

その話はこちらをクリック↓
セッティング工作交渉 あらすじ 登場人物紹介


この話はある物語にリンクする話や。まだ表に出えへんけど、読んでどんなんか楽しみにしててや。
今年もみんなにとっていい年でありますようにやで。あたしの故郷京都にも観光かなんかで来てや」

昨年訪問できなかった方々に関しては新年の挨拶に伺うつもりでいます。
今年も私や皆様の健やかな健康を祈ると供に、サッカー日本代表、サッカー界や映画界にとっていい年でありますように。


2018W杯 決勝トーナメント 放送スケジュール。

FIFA WORLD CUP 2018

決勝トーナメント1回戦

■6月30日(土)
23:00 C組1位 vs D組2位(NHK/TBS)
27:00 A組1位 vs B組2位(NHK)

■7月1日(日)
23:00 B組1位 vs A組2位(NHK/TBS)
27:00 D組1位 vs C組2位(NHK/テレビ朝日)

■7月2日(月)
23:00 E組1位 vs F組2位(NHK)
27:00 G組1位 vs H組2位(NHK)

■7月3日(火)
23:00 F組1位 vs E組2位(NHK/テレビ朝日)
27:00 H組1位 vs G組2位(NHK)

準々決勝

■7月6日(金)
23:00 未定 vs 未定(NHK/TBS)
27:00 未定 vs 未定(NHK/TBS)

■7月7日(土)
23:00 未定 vs 未定(NHK)
27:00 未定 vs 未定(NHK)

準決勝

■7月11日(水)
27:00 未定 vs 未定(NHK/テレビ朝日)

■7月12日(木)
27:00 未定 vs 未定(NHK)

3位決定戦

■7月14日(土)
23:00 未定 vs 未定(NHK/テレビ朝日)

決勝

■7月15日(日)
24:00 未定 vs 未定(NHK)

そしてこちらが決勝トーナメント以降の放送スケジュール。NHKはともかくとして、日本戦を放送しない民放のテレビ朝日とTBSが放送するようだ。フジテレビと日テレは日本戦放送する代わりに、決勝トーナメントの放送をしない事に決めたのかな。

日本が決勝トーナメントに進んだら、平日の深夜の放送になるね。こりゃきついわ(笑)。

««

Menu

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
254位
アクセスランキングを見る>>

来てくれた事に感謝してます。

よろしければお願いします

ブロとも申請フォーム

お気軽にどうぞ