自分勝手な想像世界 The selfish imagination world

ここに見えられた皆さま。我がブログへようこそ。自分勝手に物語を書いたりしてます。アクションやサスペンス。恋愛、そして官能系とさまざまです。「私事」では日々思った事を日記形式で書いています。小説の他にも自分の趣味である映画やサッカーの事についても書いてます。リンクフリーですが、ご一報頂けると嬉しいです。

U20ワールドカップ2017終幕。

その他のサッカー関連記事

11日。U20W杯の三位決定戦と決勝が行われた。

まずはウルグアイ対イタリア。グループリーグ初戦の再戦となった。前半は互いにスローテンポの展開になったが、後半に入るとウルグアイがギアを上げてくるも、イタリアが要所要所のところで防いでいく。イタリアが一瞬の隙をついて先制かと思われたが、オフサイドの判定だった。そして90分の試合が終了し、延長戦もせずPK戦ともつれ込んだ。
PK戦は本来は交互に蹴るものだが、今回からABBA方式となり、先行が蹴って、その次は後攻のチームが蹴って、その後も後攻のチームの二人目が蹴ると言う形になる。
この方式が仇となったのか?ウルグアイが先行だったが、二人目が失敗し、それが続いてウルグアイの三人目も失敗。イタリアがきっちり4人目が決め、イタリアがこのカテゴリーの大会で初めて3位入賞となった。この試合でイタリアのGKは17歳で、PK二つ止める大仕事をやってのけた。
ウルグアイはPK戦と言えども、イタリアにリベンジされた形となった。


そして決勝はA代表が一度もW杯に出た事がないベネズエラとこのカテゴリでは優勝経験のないイングランドとの対戦となった。
このカテゴリの大会は観客に空席が目立っていたが、決勝はさすがに観客が入っていた。

決勝に来た国同士であって、さすがに互いの力は互角だった。特にベネズエラのGKの好セーブは目に見張るものがあった。
そして前半35分イングランドが一瞬の隙を突き、ベネズエラのGKが弾くも、それを拾い先制弾!
それからはベネズエラが攻めまくるもイングランドが要所要所に防ぐ。

後半に入って、選手交代し、ベネズエラに流れが来るも、ゴールまではなかなか行けない。そして75分にベネズエラにPKのチャンスもGKが見事に防ぐ。
PK失敗に天を仰ぐペニャランダ。
ペニャランダ
このペニャランダと言う選手はネイマールを彷彿させられるプレイで驚かされた。

そしてタイムアップ。イングランドがこのカテゴリ初の優勝。そしてW杯の名のつく大会では66年W杯以来の優勝となった。
イングランドが同時期に行われたトゥーロン国際大会でも優勝している。イングランドの若手が世界大会で活躍していて、将来が楽しみになってくる。
U20イングランド


敗れたベネズエラも主要国際大会で初の決勝進出。今後に楽しみな国となった。今ベネズエラは政情不安でガタガタだが、この世代の活躍は国に希望を灯す事になるだろう。ロシアは無理でも次のW杯には出てくるかもしれないと言う期待も出て来た。

そしてベスト4に残った3カ国。ウルグアイ、イタリア、ベネズエラは今大会日本と対戦したチームなので。日本は強豪とやれた事が東京五輪へと繋がってほしい。
イングランド初優勝おめでとう。ベネズエラにも未来に希望が見えた戦いぶりだった。
U20を制したイングランド代表


イングランドが初優勝!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

第6節 2017年6月10日(土)

2018 FIFAワールドカップ 欧州予選

▼グループC
アゼルバイジャン 0-1 北アイルランド
ノルウェー 1-1 チェコ
ドイツ 7-0 サンマリノ

【順位】
1位 ドイツ(勝ち点18/得失点差26)
2位 北アイルランド(勝ち点13/得失点差9)
3位 チェコ(勝ち点9/得失点差4)
4位 アゼルバイジャン(勝ち点7/得失点差-6)
5位 ノルウェー(勝ち点4/得失点差-4)
6位 サンマリノ(勝ち点0/得失点差-29)

第6節二日目。まずはグループC。アゼルバイジャンは北アイルランドにホームで1-0の敗戦!うーん惜しかったな。北アイルランドはプレーオフ圏を目指す事になるだろう。
ノルウェー対チェコは1-1のドロー。中堅同士仲良く勝ち点を分けあった感じね。
ドイツはコンフェデに出場する若手メンバーで構成も、サンマリノ相手に7-0の勝利を収めた。今回のチームを主将を務めるドラクスラーもきっちり点を獲った。


▼グループE
カザフスタン 1-3 デンマーク
モンテネグロ 4-1 アルメニア
ポーランド 3-1 ルーマニア

【順位】
1位 ポーランド(勝ち点16/得失点差8)
2位 モンテネグロ(勝ち点10/得失点差7)
3位 デンマーク(勝ち点10/得失点差4)
4位 ルーマニア(勝ち点6/得失点差0)
5位 アルメニア(勝ち点6/得失点差-7)
6位 カザフスタン(勝ち点2/得失点差-12)

グループEはポーランド独走で、モンテネグロとデンマークが同じ勝ち点で追う展開!
ポーランドはホームとは言え、レバンドフスキがハットトリックの活躍!EUROに続き、W杯でもやるか!
モンテネグロは旧ユーゴでは国際大会に無縁だから、なんとか頑張ってほしいんだけどなあ。プレーオフまで行けば御の字かな。
デンマークは今回も無理っぽいね。ルーマニアも。


▼グループF
スロヴェニア 2-0 マルタ
スコットランド 2-2 イングランド
リトアニア 1-2 スロヴァキア

【順位】
1位 イングランド(勝ち点14/得失点差8)
2位 スロヴァキア(勝ち点12/得失点差8)
3位 スロヴェニア(勝ち点11/得失点差3)
4位 スコットランド(勝ち点8/得失点差-1)
5位 リトアニア(勝ち点5/得失点差-5)
6位 マルタ(勝ち点0/得失点差-13)

そしてグループF。スロベニア対マルタはスロベニアの勝利!この試合でJリーグでも活躍したノバコビッチの最後の試合となった。
そしてノバコビッチはこの試合でもゴールを決めた。
ノバコビッチ

スコットランドとイングランドの英国対決は2-2のドローに終わった。イングランドはトットナムのエースストライカー、ケインが主将となり、チームを引っ張り、同点弾を決めた。
ケイン

リトアニアとスロバキアはアウェーのスロバキアが2-1で勝利した。スロベニアとスロバキアが勝ち点差1の状態だ。イングランドともスロバキアと2の状態なので、まだまだ先がわからない。



ノバコビッチが引退試合でゴール。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

第6節 2017年6月9日(金)

2018 FIFAワールドカップ 欧州予選

[A組]
オランダ 5-0 ルクセンブルク
スウェーデン 2-1 フランス
ベラルーシ 2-1 ブルガリア

【順位】
1位 スウェーデン(勝ち点13/得失点差8)
2位 フランス(勝ち点13/得失点差6)
3位 オランダ(勝ち点10/得失点差7)
4位 ブルガリア(勝ち点9/得失点差-3)
5位 ベラルーシ(勝ち点5/得失点差-7)
6位 ルクセンブルク(勝ち点1/得失点差-11)

まずはA組から。オランダは三度目のアドカフォート体制となり、ルクセンブルクをホームで5-0で圧勝!これで三位浮上!次節はアウェーでフランス戦。プレーオフまで滑り込めるかが注目だ。
そのフランスはなんとアウェーでスウェーデンに逆転負けを喫してしまった。それに勝ち点は同じでも得失点差で2位に転落。次節はホームであるが、オランダとの対戦だし、プレッシャーもかかってきた事だろう。
ベラルーシはブルガリアに2-1で勝利!ホームとは言え、ベラルーシは何気に強いんだよな。


[B組]
アンドラ 1-0 ハンガリー
フェロー諸島 0-2 スイス
ラトビア 0-3 ポルトガル

【順位】
1位 スイス(勝ち点18/得失点差9)
2位 ポルトガル(勝ち点15/得失点差19)
3位 ハンガリー(勝ち点7/得失点差1)
4位 フェロー諸島(勝ち点5/得失点差-8)
5位 アンドラ(勝ち点4/得失点差-11)
6位 ラトビア(勝ち点3/得失点差-10)

そしてB組。アンドラが公式戦67試合ぶりの勝利を収めた。相手はEUROにも出場したハンガリー。W杯出場は届かずとも、この勝利は国の希望になったに違いない。そして順位も5位と上げ、一時期的だろうが、最下位脱出だ。
スイスはフェロー諸島をアウェーで2-0で破る。フェロー諸島も力をつけてきているとは言え、スイス相手に2点差で押さえるとはやるなあって思う。
ポルトガルはアウェーでラトビアに2-0の勝利!クリロナは代表通算得点73点で、世界歴代9位に。ペレや釜本氏の記録に迫る。
そしてクリロナはピッチに乱入した少年に嫌な顔せず、記念撮影にも応じた。何処でも人気あるんだね。
クリロナと少年


[H組]
エストニア 0-2 ベルギー
ボスニア・ヘルツェゴビナ 0-0 ギリシャ
ジブラルタル 1-2 キプロス

【順位】
1位 ベルギー(勝ち点16/得失点差22)
2位 ギリシャ(勝ち点12/得失点差7)
3位 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(勝ち点11/得失点差8)
4位 キプロス(勝ち点7/得失点差-4)
5位 エストニア(勝ち点4/得失点差-12)
6位 ジブラルタル(勝ち点0/得失点差-21)

そしてH組。ベルギーはアウェーでエストニアに2-0の勝利!相手GKが良すぎて苦戦したみたいだけど、きっちりと勝利を収めた。
ボスニア対ギリシャはスコアレスドローに終わった。しかしこの試合で両国ともに乱闘が起きてしまった。ジェコとギリシャとの選手の諍いがきっかけらしい。
このジェコは以前にも馬鹿な事した。しかもギリシャ戦で。
その記事はこちらをクリック↓
第4節 2016年11月13日(日)


キプロスはジブラルタルに2-1の勝利!ジブラルタルは大量失点のイメージが強いが、1点差に抑えるのはやるなあって思うよ。

フランスが首位陥落!
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

U20W杯2017 決勝カード決まる。

その他のサッカー関連記事

U20世代のワールドカップもいよいよ大詰め。ベスト4には南米二カ国。欧州二カ国が残った。

ウルグアイ 1-1(PK3-4)ベネズエラ
まずはウルグアイ対ベネズエラの南米対決は1-1のまま延長戦を迎え、PK戦でベネズエラが決勝進出を決めた。
ウルグアイ来るかな?って思いきや、PK戦までもつれ込んだのが運のつき。なんて言ったって、ベスト4でポルトガルともPK戦をやってるし、二回目のPK戦は勝てないと言うジンクスがあるからね。今大会はウルグアイが優勝候補筆頭だったが、南米予選ではウルグアイが首位通過もベネズエラには3-0で負けているし、ここでリベンジを返せるかと思ったが、PK戦で負けたようだね。
ウルグアイはこれで三位決定戦に回る事になった。
ベネズエラはA代表は一度もW杯に出た事がなく、FIFAの主要大会でもベスト16が最高である。今大会の決勝進出は不安定な国内情勢で揺れている国民とっての希望となる筈、決勝進出した今、優勝をしてほしい。

決勝進出を喜ぶベネズエラ代表の選手達。
ベネズエラ代表

試合の動画はこちら↓
ウルグアイ対ベネズエラ(動画)


イタリア 1-3 イングランド
イタリア対イングランドの欧州対決は、欧州予選ではイタリアがイングランドを倒したらしいが、今回はイングランドが先制されるも、後半に3点取って逆転勝ちをした。
イタリアは守備の国だが、今大会は若手だからか?失点が多すぎるんだよな。だからイングランドが勝った事は驚かなかった。

【3位決定戦】
6月11日(日)
ウルグアイ 15:30 イタリア [水原]
グループリーグ初戦の再戦。この時はウルグアイがFKで1-0で勝ったが、今回はどうだろう。イタリアのリベンジか?ウルグアイの返り討ちか?

【決勝】
6月11日(日)
ベネズエラ 19:00 イングランド [水原]
供に初優勝を目指す。A代表では南米で唯一W杯に出場した事のないベネズエラとサッカーの母国イングランドの対戦。FIFAの主要国際大会にあまり縁のなかったベネズエラを推したいが、ベネズエラは決勝トーナメントに入って以降、ベスト16で対戦した日本を含め、三試合連続延長戦となり、疲労が懸念される。
対するイングランドは全試合90分以内で決着をつけている。イングランドは1993年大会で3位が最高成績で、今回はそれを更新した。優勝すればA代表の66年W杯制覇以来のW杯と名をつく大会の制覇となる。

ベスト4の面々を見るとその内の三カ国は日本と対戦した国で、結果論だが、日本はかなり強い相手と対戦したんだなって思うよ。
ここでベネズエラが優勝すると国内情勢が悪い国にとってプレスになるし、今後のA代表にもプラスになるかもしれない。
本当に楽しみだ。


決勝は供に初優勝を目指す
ベネズエラ対イングランド。
よろしければポチッと。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村

6月になりました。2017年。

日常(自分のブログや趣味など)

2017年も半年になろうとしてます。日中も暑くなってきましたね。
そんな暑い日が続きますが、今月はそんな自分にとって熱い月でもあります。

今月はサッカーでは日本代表の試合があり、そして中旬から下旬にかけて、来年ロシアで行われるW杯のプレ大会、コンフェデレーションズカップが開かれます。日本は残念ながら参加はできませんが、各大陸の王者やW杯優勝国が集う真剣勝負だから、非常に楽しみです。日本は参加せずともBS1で全試合放送予定です。
この大会にはクリスティアーノ・ロナウドも参加するので、非常に楽しみです。

先月にU20世代のU20ワールドカップに若き日本代表が参加していました。残念ながら日本はベスト16でベネズエラに敗れ、敗退となってしまいました。この世代は東京五輪を中軸を担う世代なので、この敗戦を糧に更なる成長を遂げてほしいですね。

今年は書きたい事があったら書く事にして、「Music of Life」を休載し、「BLACK PARAKA-ブラックパーカー-」の最新作を書いてましたが、行き詰り、今は気分転換に別の作品を下書きしているところです。
デリケートな作品なので、内容は明かせませんが、短編の中にある話の続きのようなものです。

一応書けてはいるのですが、今月はサッカー関連が多いので、どこまで書けるかわかりません。全部書けたら他の作品の話に影響がないので、ブログに掲載しようと思ってます。

««

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1081位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
201位
アクセスランキングを見る>>

来てくれた事に感謝してます。

よろしければお願いします

ブロとも申請フォーム

お気軽にどうぞ